So-net無料ブログ作成

『モアナ』日本版ポスターに違い、理由はタトゥー? [アニコミ・特撮・声優]

ディズニーのアニメーション映画で、日本では3月から公開されている『モアナと伝説の海』

そのポスターの日本版デザインが、海外と異なっていることが話題になっているそうです。

▼公開から大人気となった『モアナ』
『モアナと伝説の海』は、モトゥヌイ島の村長の娘モアナと半神半人のマウイの冒険を描いた物語です。

日本語吹き替え版では、主人公モアナ役の屋比久知奈さんや、尾上松也さん、夏木マリさんといった著名人が声優を担当したことでも話題となりました。

南の島を舞台にした映像や、マウイが様々な動物に変身するところなど、その映像も人気となったようです。

▼文化としての「タトゥー」の意味を
最近話題になったのは、この映画のポスターで日本版にマウイの姿がなかったことです。

マウイは、物語の中でも重要な存在で、海外版ポスターでもモアナと並んで描かれています。

しかし、日本版では中心にモアナがいるデザインになっており、マウイは鳥に変身した姿で扱いとしては控えめです。

このことについて、ネットでは「マウイが全身にタトゥーの入ったキャラクターだから」という理由で、タトゥーを隠すためにデザインが変わったのでは、という噂が流れています。

公式によると、日本版のポスターは「ヒロインに感情移入させるため」という理由でデザインされたそうですが、作中のタトゥーはモデルとなったポリネシア文化に関係したものなので、海外版と同じでも良かったように思えます。

最近は、テレビでもクレームを気にして何かと表現を自粛する行為が見られますが、あまり意識しすぎるのも問題かもしれません。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました