So-net無料ブログ作成
検索選択

京都大の式辞にJASRACが使用料請求と話題 [国内・地域]

京都大学の入学式で読み上げられた式辞の内容に歌詞が含まれていたことから、JASRACが同大学に著作権料を請求したという報道がありました。

実際はJASRACが大学に問い合わせしただけでしたが、報道によってネットでは同団体への批判が強まっているようです。

▼ボブ・ディランさんの歌詞を引用
今回話題となったのは、4月7日に行われた京都大学の入学式で、山際寿一総長が読んだ式辞の一部にボブ・ディランさんの歌詞が使用されたものです。

式辞では、ディランさんの楽曲『風に吹かれて』の原詩とその日本語訳が紹介されており、その内容から総長は「常識に捉われない自由な発想」について語ったそうです。

この式辞の内容は、京都大学のサイトに掲載されており、全文を読むことでできますが、これが騒動に発展しているようです。

▼JASRACがまた請求と、ネットで騒動に
JASRACは、ネット上に歌詞を掲載する場合は手続きが必要であるとし、使用料が発生することもあると、今年5月の連休明けに大学側に電話をしたそうです。

京大側は、この歌詞掲載については「引用」と認識しており、現在も式辞はサイトに掲載された状態になっています。

ただ、このことが「JASRACが京大に歌詞使用料を請求した」と報道されたことから、同団体には批判が集まっているようです。

今回の争点は、ネットに掲載した歌詞が「引用」となるかどうかですが、サイトを見ると歌詞と本文が明確に分けられていることや、文末に引用であることが明記されていることから、引用として認められそうです。

JASRACの楽曲使用料の請求については、その過剰な動きからネットでは非難する意見も多く出ています。

JASRACには、請求が必要な場合がどのような時であるか、その基準をしっかりと説明してほしいですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました