So-net無料ブログ作成
検索選択

『カール』の不振、若い世代の認知不足が原因? [政治・経済]

今年の夏で東日本での販売終了が決定した、スナック菓子の『カール』は、現在この影響で売り切れとなる所が続出しています。

販売終了の理由は売上不振からということですが、近年は様々な事情により、若い世代ではカールを知らない人もいることが関係しているようです。

▼突然の販売終了というイメージ
カールは、明治が販売している人気スナック菓子で、登場から間もなく半世紀を迎えるロングセラー商品です。

特に40代以上の人には、イメージキャラクターの「カールおじさん」やテレビCMなどを記憶している人も少なくないでしょう。

そのため、今回の販売地域縮小に驚いたという声は、ネットでも多く出ているようです。

▼若い人は「カール」を知らない?
しかし、これらの声とは裏腹に、若い世代にとってはカールがそれほど馴染みがないと言われています。

カスタマー・コミュニケーションズの調査によると、スーパーでカールの購入する世代は40代~50代の人が多く、20代~30代は少ないという結果が出ています。

これは、3年前に明治がカールのテレビCMを打ち切ったことや、コンビニエンスストアでカールを置く店が少ないことが関係しているそうです。

現在、コンビニでカールを販売している所はファミリーマートの一部に限られており、この影響は大きそうです。

ただ、若い人たちの中には、今回の騒動でカールを知ったという方もいると思いますし、また全国でカールが発売されるようになる可能性にも期待したいですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。