So-net無料ブログ作成
検索選択

女優の野際陽子さんが81歳で死去 [芸能・エンタメ]

女優として数多くの作品に出演し、今年放送されたドラマにも登場していた野際陽子さんが、6月13日に亡くなったそうです。

野際さんは、6月24日に公開される映画『いつまた、君と~何日君再来』に出演しており、これが遺作となるということです。

▼アナウンサーから女優へ
野際陽子さんは、大学卒業後にNHKへ入局しており、アナウンサーとして活動していました。

NHKを退職した後に生放送番組『女性専科』の司会者を担当し、以降は女優として活動するようになったそうです。

野際さんが一躍女優として知られるきっかけとなったのは、1968年から5年間放送されたテレビドラマ『キイハンター』で、当時の視聴率が30%を超える人気作となりました。

また、1992年に放送されたドラマ『ずっとあなたが好きだった』では、佐野史郎さんが演じる冬彦の母親役でも注目されたことも印象に残っています。

▼今年放送のドラマにも出演
野際さんについては、2014年に肺がんの治療を受けたことや、翌年に腫瘍摘出手術を受けたことなどが、週刊誌によって昨年報じられていました。

しかし、その後は仕事に復帰しており、現在放送中のテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの郷』にも出演しています。

また、映画『いつまた、君と~何日君再来』では、自身と同じ年齢の役を演じたことで話題を集めていました。

多くの作品で母親役や姑役を演じられてきた名女優の訃報には、芸能界からも追悼の声が広がっているようです。

野際陽子さんの死に、謹んで哀悼の意を表します。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました