So-net無料ブログ作成
検索選択

兵庫県でヒアリ発見、刺されたときの対処法は [国内・地域]

猛毒の針を持つ蟻で、先日日本国内で発見された「ヒアリ」が、話題になっています。

刺されたことで死亡した例もあるそうですので、ヒアリの危険性について正しい知識を持っておきたいですね。

▼ヒアリとは
ヒアリ(火蟻)は、南米大陸原産の蟻で、現在はアメリカ、中国、オーストラリアなどに分布しています。

強い毒針を使い繰り返し外敵を刺す習性があり、人が刺された場合、火傷に似た激痛を感じるということです。

人によってはアナフィラキシーショックを起こし、死に至る危険もあるため、直接触れることは避けるべき生物と言えるでしょう。

▼ヒアリが日本で繁殖する可能性は?
このヒアリが、先月兵庫県尼崎市で発見されたそうで、中国から出港した貨物船のコンテナに紛れ込んでいたとみられます。

発見されたヒアリは消毒により死滅したということですが、過去の荷物から侵入した可能性もあり、今後も注意が必要かもしれません。

ヒアリは、赤茶色の体を持ち、腹部は赤黒く、体調は2.5~6㎜くらいの大きさだそうです。

もし、刺されたときには、20~30分ほど安静にして体調の変化に注意し、容体が急変した際は病院で治療を受けることが推奨されます。

今のところ、ヒアリが身近な場所に現れる可能性はないようですが、発見した場合は保健所などに報告し、直接触らないようにしましょう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。