So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴルフ世界ランク、松山英樹選手が2位に浮上 [スポーツ・競技]

2017年6月18日日付けの男子ゴルフ世界ランキングで、日本の松山英樹選手が2位に浮上したことが分かりました。

松山選手は、先日行われた全米オープンで海外メジャー自己ベストの2位タイを記録し、自身の日本人最高記録を更新したことになります。

▼今年世界ランキング上昇へ
松山英樹選手は、愛媛県松山市出身のプロゴルファーで、東北福祉大学在学中にアジアアマチュア選手権で優勝するなど、学生のころから活躍を見せていました。

2013年にプロへの転向を表明し、大学を卒業した2014年のメモリアル・トーナメントでは、PGAツアー初優勝を果たしています。

ゴルフ世界ランキングでは、2016年10月に初めてトップ10入りしており、今年1月にトップ5、5月には3位にまで上昇していました。

▼世界ランク1位の可能性は
松山選手は、先日行われた全米オープンで優勝したブルックス・ケプカ選手に続いて、ブライアン・ハーマン選手と並ぶ2位に入りました。

世界ランキングでの松山選手は、それまで最高位は4位でしたが、上位にいたローリー・マキロイ、ジェイソン・デイの両選手が今大会で予選落ちしたことから、2位に浮上したそうです。

現在1位となっているダスティン・ジョンソン選手と松山選手との平均ポイント差は4.4307で、マキロイ選手とは僅差ですが、今後の展開にも注目したいですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。