So-net無料ブログ作成

『大麻バター』摂取で60代男性が逮捕 [国内・地域]

日本では違法薬物として所持が禁止されている大麻を食べ物に混ぜ込み、摂取したとして兵庫県に住む男性が逮捕されました。

この男性は、大麻樹脂を混ぜて作った『大麻バター』を食べていたほか、合成麻薬LSDを輸入していたそうです。

▼大麻所持、麻薬輸入で逮捕
今回逮捕されたのは、兵庫県伊丹市の男性で、容疑は大麻取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(輸入)です。

事件の発端となったのは、今年3月にアイルランドからオランダを経由して日本に届けられた封書に麻薬犬が反応したことで、宛先がこの男性の自宅になっていました。

封書の中身はLSDの紙片で、その後男性の自宅を捜索したところ、大麻樹脂が見つかり、男性はその場で逮捕されています。

また、LSD輸入についても裏付けられたことから、6月にこの件についても再逮捕されたそうです。

▼大麻バター、ネット動画を見て作る
逮捕された男性は、麻薬や大麻などの常習者だったようですが、その摂取方法がネットで現在話題となっています。

男性によると、動画投稿サイト『YouTube』で作り方が紹介されていた大麻バターを自分で実践し、摂取していたようです。

大麻の摂取方法は、タバコのように成分を吸引するという方法が思い浮かべられますが、このような方法もあるのですね。

大麻を食べ物と同時に摂取した場合も、幻覚などの症状は引き起こされ、強い作用が起こる危険もあるそうです。

ネットでは、大麻バターの作り方も公開されているそうですが、これを真似する人が出ないことを望みたいです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました