So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭選手を担当、マイケル・チャンコーチに解任説 [スポーツ・競技]

テニスの各世界大会で活躍する錦織圭選手のコーチとして、その活躍に大きく貢献しているとされるマイケル・チャンの存在は重要でしょう。

そのチャンコーチに解任の話が噂されており、それに代わる人物の名前も浮上しているそうです。

▼ウィンブルドンではベスト16を逃す
錦織選手は、今年のウィンブルドン選手権男子シングルスに出場し、健闘したものの、3回戦でスペインのロベルト・バウティスタアグット選手に敗退しました。

これにより、2年連続の4回戦進出はならず、ベスト16入りを逃す結果となりました。

錦織選手が世界大会で活躍するようになったのは、チャンコーチの力が大きいと思いますが、なぜ解任説が出ているのでしょうか。

▼コーチ存続条件はグランドスラムでの優勝?
報道によると、錦織選手のマネージメントを行っているIMGが、ここ数年の錦織選手の成績不振からチャンコーチの解任を考えていると言われているそうです。

チャンコーチには、年間5800万円のギャラが支払われているほか、帯同した大会の賞金額の一部も受け取っているため、その金額に見合った成果がないと判断されているのかもしれません。

錦織選手の担当マネージャーでIMGに所属するオリバー氏の影響も大きく、IMGでは「グランドスラムの優勝」をチャンコーチ続投の条件に考えているという話もあるようです。

国際テニスのグランドスラムである4大大会も、8月から行われる全米オープンだけになりますが、ここで錦織選手は満足のいく結果が出せるか注目されます。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。