So-net無料ブログ作成

白山陶器が100円ショップに抗議文 [政治・経済]

長崎県の陶磁器「波佐見焼」の窯元として知られる白山陶器が、100円ショップの『ザ・ダイソー』を運営する大創産業に抗議文を送ったそうです。

白山陶器によると、同社が陶器の柄に使用している「ブルーム」のデザインがダイソーの商品に模倣されているそうで、商品の販売中止などを求めています。

▼人気の「ブルーム柄」デザイン
白山陶器は、波佐見焼の特徴である丈夫な日用品を「使いやすく、生活の中になじむもの」をテーマに、製品を作っています。

同社のサイトでも様々な種類の商品が紹介されており、生活に密着したデザインは長い間多くの人に親しまれているそうです。

その一つである「ブルーム」は、植物をモチーフにした瑠璃色の模様を使い、清潔感のあるデザインがプレートやカップなど、多くの商品に採用されています。

▼模様が酷似した扇子をダイソーが販売
今回の騒動は、100円ショップチェーン店として知られる『ザ・ダイソー』で販売されている扇子のデザインが問題になったものです。

「陶器柄」という名称の扇子の写真も公開されていますが、ブルーム柄と比べてみると、そのデザインが酷似していることが分かります。

白山陶器では、過去にも形を模倣された醤油差しをダイソーに販売されたことがあったそうで、抗議の結果、同店から商品は販売中止になったそうです。

ダイソーが意図的にデザインを模倣したのかは不明ですが、今回のケースもダイソー側が不利のように思えます。

ブルーム柄は、2009年から白山陶器が使用している大事なデザインだそうですので、今後の展開に注目したいです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました