So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサージ器、窒息事故を受け使用中止呼び掛け [政治・経済]

今年7月、北海道の70代女性が電動マッサージ器を使用したことにより、窒息死する事故がありました。

これを受け、商品の製造を行った企業がこのマッサージ器や同型の製品の使用中止を呼び掛けているそうです。

▼足用マッサージ器を首に使い、窒息死
この事故は、70代女性が家庭用ローラー式電気マッサージ器『アルビシェイプアップローラーII』を首にあてた状態で使用したことで、ローラーに衣服が巻き込まれて死亡したものです。

マッサージ器は足用の製品で、ローラー部分に付けられていたカバーを外した状態で使用するなど、使い方に誤りがあったことが事故の原因になっています。

これまでにも、この製品による同様の事故が発生していたことから、製造元の的場電機製作所では製品の使用をやめるよう呼び掛けていました。

▼使用を止めるか、商品の交換を
問題となったシェイプアップローラーは、1986年に製造されたもので、これらの製品は1983年から1996年にかけて販売されましたが、現在は製造されていないそうです。

この期間に販売されたシェイプアップローラーでは、今回のような事故が起こる危険があるため、的場電機では使用中止を呼び掛けています。

また、対象の製品を持つ人には、有償で安全装置のついた製品との交換も受け付けているそうですので、交換を希望する方は同社のお客様相談室にご連絡ください。

【重要なお知らせ 的場電機製作所】
http://www.matoba.co.jp/health/info/emphasis01.html


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました