So-net無料ブログ作成
検索選択

ダルビッシュ有選手、テレビの読唇術に苦言 [スポーツ・競技]

アメリカ大リーグのロサンゼルス・ドジャースで活動中のダルビッシュ有選手が、テレビ朝日の番組について苦言を呈したそうです。

この番組では、ダルビッシュ選手の高校時代の試合映像でつぶやいた言葉を読唇術で推測していましたが、その内容に本人が異を唱えています。

▼映像から読唇術で言葉を推測
これは、テレビ朝日系で8月5日に放送された『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』の中で紹介された映像が発端となっています。

番組では、ダルビッシュ選手が2004年に夏の甲子園に出場したときの映像が紹介されていました。

その中で、映像に映ったダルビッシュ選手の顔から読唇術を使って、当時彼が言った言葉を推測するという内容でした。

ダルビッシュ選手の映像では、「最後かな、ドキドキするわ」「クソー 終わらせねぇぞ コレ!」などの発言があったことが伝えられました。

▼本人が読唇術の言葉を否定
しかし、この放送についてダルビッシュ選手は自身のTwitterで、番組で紹介されたことは「絶対言ってないです」と、番組内容を否定しました。

これに関して、テレビ朝日側では「推測した内容が正確でなかった」とし、ダルビッシュ選手に謝罪したと説明しています。

ネットでは、この件について本人に確認していないことを疑問視する声や、10年以上前の発言のため記憶が曖昧である可能性を指摘する声など、様々な意見が出ているようです。

いずれにしても、番組の読唇術は映像から推測しただけの内容であることを視聴者に説明すること、推測した発言が真実であるかのような表現はしないなどの対策が必要ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。