So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピンの女優が日本の名刺交換を揶揄し、非難される [海外・世界]

日本のビジネスで慣習的に行われている名刺交換について、フィリピンの女優が投稿したビデオが波紋を広げているようです。

このビデオには、日本の文化を冒涜していると批判がありましたが、意外にも名刺交換のことが世界にも知られているようです。

▼フィリピンの女優が、名刺交換を揶揄?
この騒動は、フィリピンで女優・モデルとして活動中のイザベル・ダザさんがインスタグラムで投稿したビデオが発端となっています。

映像は、イザベルさんが妹から両手で渡された名刺を受け取り、それを握りつぶして妹に投げ返すという内容だったそうです。

このときのイザベルさんのコメントには、「名刺をこうして渡してくる人には、こうやってやりたい」という一文が添えられていました。

投稿されたビデオには、彼女に連絡先を渡す人が多くいることについて迷惑に考えているような意図があったのかもしれません。

▼デジタル化でも消えない名刺交換の習慣
しかし、この投稿については、「日本の文化を冒涜する行為」として非難する意見がユーザーからあったそうです。

海外では、日本のように積極的に名刺交換を行う習慣は珍しいもののようですが、それだけに「相手を尊重する行為」として関心を持たれているようです。

現在は、仕事でもデジタル化が進んでいますが、名刺交換については依然として行われる場面が多いように思えます。

今後も、名刺交換は日本のビジネスマナーとして続いていきそうですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。