So-net無料ブログ作成

蝶野正洋さん、年末番組の「ビンタ」をやめる発言 [芸能・エンタメ]

日本テレビ系の年末年始恒例となっている番組『笑ってはいけない』シリーズで、名物となっているものに、プロレスラー蝶野正洋さんのビンタがあります。

しかし、蝶野さんは先日論争となった事件から「今年はオファーがあってもビンタはしません」と発言しているそうです。

▼番組恒例となった蝶野さんのビンタ
蝶野正洋さんは、『笑ってはいけない』シリーズの2007年の放送回から、ビンタ執行役として番組に登場しています。

通常、番組では様々な企画の中で笑ったレギュラーメンバーが、お尻を叩かれるというのが基本ルールとなっています。

ただし、蝶野さんのビンタはほぼ月亭方正さん専用の罰で、方正さんがビンタを免れるために悪あがきするも、結局ビンタを受けるという流れが恒例になっています。

▼蝶野さんが「今年はビンタなし」と宣言
この蝶野さんによるビンタは、これまで毎年行われてきましたが、今年の年末は見られないかもしれません。

これは、先日ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さんがコンサート中に、指導のために中学生をビンタした事件が起こったことが関係しているようです。

蝶野さんは、この事件について「信頼関係があっても、不意打ちでの体罰は暴力」と、日野さんの行為に反対する意志を示しました。

方正さんへのビンタについては、「当たりどころを意識して、危なくないようにしている」とコメントしましたが、日野さんの事件が論争となっていることから、「今年はビンタをしない」という発言もあったそうです。

果たして、今年の『笑ってはいけない』シリーズで蝶野さんのビンタは、本当に見られないのでしょうか。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。