So-net無料ブログ作成

「だまされたふり作戦」で警察を装う詐欺が登場 [国内・地域]

様々な名目で標的の家族などを装い、金銭を要求する「オレオレ詐欺」の撃退方法として、警察によってだまされたふりをする作戦が行われることがあります。

この作戦を悪用して警察になりすまし、現金をだまし取るという犯行があったことが分かりました。

▼だまされたふり作戦とは
オレオレ詐欺や振り込め詐欺などの特殊詐欺は、電話によって相手の身内などを装い、金銭の振り込みや受け渡しなどを要求します。

警察では、その対抗策として住民の協力を得て、意図的に相手にだまされたふりをして、犯人を捕らえる作戦を行っています。

作戦では、電話を受けた住民が犯人の電話番号や要求された振込先や受け渡し方法を確認し、警察がそれらの受け取り現場を抑える方法などがとられています。

これまで、この作戦によって犯人が捕まった事例もあり、一定の効果が得られていました。

▼作戦を逆手に取る手口が出現
今回、被害にあった埼玉県在住の80代の女性は、オレオレ詐欺の電話に気づきながらも、その後にかかってきた偽の警察官の電話によって、現金をだまし取られたそうです。

これは、オレオレ詐欺を仕掛けた人物と警察官を装った人物が共犯となっており、警官役は詐欺の犯人を捕まえるためにという理由で、女性に現金を渡すよう指示したそうです。

結局、この女性は電話に従い、自宅を訪れた人物に現金100万円を渡してしまい、その後だまされたことに気づいたそうです。

通常、だまされたふり作戦で犯人に現金を渡す場合は模造紙幣を使用しますが、女性はそのことを知らずに被害に遭ってしまいました。

特殊詐欺と思われる電話がかかってきたときには、自分から警察に電話し、相談したほうがいいですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。