So-net無料ブログ作成
検索選択

自動車のハンドル位置「10時10分」は絶対ではない? [くんだりなネタ]

自動車を運転する際、両手でハンドルを持つ位置は時計の針でいうところの「10時10分」が、世間では定番という印象があります。

しかし、これは過去の話であり、実際には持ち手の位置は厳密に決められているわけではないそうです。

▼教習所での指導は「危険に対応できる」位置で
以前は、自動車の教習所で指導を受ける場合、ハンドルを握るところは10時10分の位置を指示することが多かったように思えます。

教習所でも、この位置については明確な決まりはないそうですが、正しい運転姿勢を保つという意味で、ハンドルの両端にあたる9時15分から10時10分の間くらいの位置で持つよう指導する所が多いようです。

この位置でハンドルを持つことにより、姿勢が安定し、危険に対しても素早く対応できると言われています。

▼10時10分は、力を入れやすい持ち方
過去に10時10分がベストとされたのは、自動車にパワーステアリングがない時代のことで、重いハンドルを効率的に回転できるよう、力の入りやすい位置だったからと考えられています。

現在は、車のハンドルを回すときにも極端な力を必要としないため、9時15分の位置が安定するといいうことです。

ただし、人の体型によってハンドルを持つ手の高さにも違いが出ることから、10時10分くらいの高さがちょうどいいという場合もあるようです。

トラックなど、ハンドルが大きい車は事情が異なると思いますが、一般的にはハンドルの真横から上よりの位置が理想かもしれませんね。

自動車を運転する方は、とっさの危険に対処できるよう、自身のハンドルの持ち方には注意したいですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。