So-net無料ブログ作成
検索選択

中国の信号無視対策で、歩行者用遮断器を導入 [海外・世界]

先日、このブログでも紹介した、中国の歩行者による信号無視が絶えないという問題で、違反者の顔をスクリーンに映し出す装置がありました。

現在、中国ではこれとは異なる装置もあることが分かり、最近国外でも注目されているようです。

▼歩行者の信号無視が事故や渋滞の元に
近年、中国では自動車を利用する人の数が増加しており、それにともなって歩行者との事故も多く発生しているそうです。

特に歩行者の交通マナーは悪く、横断歩道や信号機があっても、それが正しく利用されていないこともあるということです。

歩行者が信号無視をした場合、事故につながるだけでなく、それを自動車が避けるために渋滞の原因となる可能性も考えられます。

▼効果を現した歩行者用遮断器
中国の武漢(ウーハン)市では、その対策として歩行者用の遮断器が設置されているそうです。

この門の形をした装置は、横断歩道の各歩道側の両端にあり、信号無視を警告するメッセージを表示するモニターと、信号が赤の時に降下するバーを備えています。

このバーは信号が青の時に上昇し、それ以外は装置から歩行者に音声で警告もするそうです。

装置をつけたことで、歩行者の信号無視も減ったそうで、人口の多い都市部ではかなり効果がありそうですね。

これが中国の他の都市にも広まり、事故や渋滞の減少につながることに期待したいです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。