So-net無料ブログ作成

『マツコの知らない世界』で捏造?TBSが「撮影ミス」と説明 [国内・地域]

TBS系で放送中の人気バラエティ番組『マツコの知らない世界』で、映像を捏造した場面があったと、ネットで騒動が起こりました。

このことについて、TBSから「撮影でのミス」であると説明がありましたが、視聴者への印象悪化は避けられないようです。

▼マツコの知らない世界とは
『マツコの知らない世界』は、コラムニスト・タレントのマツコ・デラックスさんが出演するトークバラエティ番組です。

毎回、様々な分野にこだわりを持つ人をゲストに迎えて、それぞれのテーマをマツコさんに紹介する内容になっています。

番組に登場する人の多くは芸能人以外の方で、他の番組では見られない面白さが人気となっています。

▼使用前後で、商品が別物に?
騒動となったのは、11月29日に放送された「スキ間掃除の世界」をテーマにした回で、ゲストがパソコンのキーボードを掃除する商品を紹介したときに起こりました。

この商品は、キーボードの隙間に押し付けることで汚れが吸着できるというもので、商品自体には問題はありませんでした。

しかし、映像では掃除したキーボードが、掃除前と後で別なものになっていることが確認されたそうです。

ネットに公開されている画像を見ると、Windowsキーが明らかに別なものになっていることが分かります。

このことから、世間では番組が捏造ややらせを行ったと、大きな騒ぎになっているようです。

【追記】
その後、TBSは今回の件について「撮影時のミスによるもの」と説明しています。

それによると、スタジオでの収録で掃除後のキーボードの画面が撮れず、後日撮影した際に誤って別なキーボードを撮影した、単純なミスとしているそうです。

このことが真実であるかは確認しようがありませんが、今後こういったミスを出さないことが大きな課題になりそうですね。

情報サイト『WELQ』が、全記事非公開に [IT・モバイル]

様々なインターネットサービスを提供する企業、『DeNA』が運営している情報サイト『WELQ』が、これまで掲載していた記事すべてを非公開にしました。

このサイトでは、健康情報を主に扱っていましたが、その記事の内容に信憑性が乏しい点が多かったことから、ネットでも疑問視されていたようです。

▼WELQとは
『WELQ(ウェルク)』は、聞きなれない名前の病気や、普段の体調の変化について様々な情報を提供するサイトとして運営されていました。

例えば、「頭痛」「肩こり」といった症状をネットで検索すると、WELQのページが上位に表示されることが多く、特に健康を意識する人にとってはよく知られたサイトだったようです。

しかし、その記事作りには閲覧者から問題点も多く指摘されており、掲載されている記事には他のサイトから無断で引用したものや内容に問題のあるものが目立っていたそうです。

▼集客力に伴わないサイト内容に不満の声
WELQが健康に関するキーワードで検索上位に表示されるのは、「SEO」と呼ばれる技術によるところが大きいようですが、実際にサイトを見た人の満足できる内容には程遠いものだったのでしょう。

上位表示されるキーワードには「死にたい」といった切実なものもあったため、単純に集客目当てで作られたWELQには多くの批判が集まったようです。

現在、DeNAはこの騒動により、WELQの全記事を非公開にし、医師などの専門家による監修体制を整えるということです。

ネット上にあるニュースは、その出所が不明確な場合もあり、見る側も注意が必要です。

WELQが、私たちにとって役立つ健康情報サイトとして生まれ変わることに期待したいですね。

押木もえさんらが被害、日経新聞社員が逮捕へ [国内・地域]

押切もえさんなど、女性芸能人4人のメールをのぞき見した容疑で、日本経済新聞の男性社員が逮捕されました。

この男性社員は、入手した電話番号を利用して芸能人の個人情報にアクセスしたとみられており、パスワードは誕生日などから推測したそうです。

▼女性芸能人4人が被害に
この事件は、日経新聞の男性社員が芸能人女性のスマートフォンに不正アクセスし、メール情報やネット上の情報を盗み見たものです。

この男性による被害を受けたのは、押切さんの他にアイドルグループ『NMB48』のメンバーだった渡辺美優紀さんなどを含めた4人だということです。

押切さんの被害内容を確認すると、彼女が使用していたメール設定が悪用されたようです。

▼パスワードは推測されにくいものに
メール設定には利用者の電話番号とパスワードの入力が必要ということですが、男性容疑者はあらかじめ入手していた電話番号と推測したパスワードからアクセスしたということです。

ネット上で利用するサービスのパスワードには、誕生日などの推測しやすいものが使用されていたようで、犯人には容易に推測できたのでしょうか。

このような芸能人を標的とする不正アクセスは、以前にも他の芸能人が被害に遭う事件がありました。

一般の人であっても、このような不正アクセスの対象となる可能性はあるため、私たちもパスワードは他人から安易に推測できるものを避けるなどの対策が重要になります。

重要な情報を保護するパスワードの管理にはくれぐれも気を付けましょう。

アイドルの衣装、「赤十字マーク」がテレビで修正に [芸能・エンタメ]

ハロープロジェクト所属の女性アイドルグループ『℃-ute』が出演したイベントのテレビ放送で、着用していた衣装に修正が加えられていたことが分かりました。

修正の理由は、衣装に「赤十字マーク」が入っていたためということですが、今回の事で赤十字マークに使用ルールがあることを知った人も多いのではないでしょうか。

▼衣装の赤十字マークが映像で修正に
この出来事は、℃-uteが10月下旬に行われたイベントで彼女たちが使用した衣装が発端となっています。

イベントは、10月末のハロウィンに関連して行われたこともあり、参加した芸能人は仮装衣装を使用した方もいたようです。

この際に、℃-uteのメンバーが着ていたのは看護師をイメージした白い服で、赤十字マークが入っていました。

イベントではこの衣装が特に問題にされることはなかったようですが、その後イベントの模様をテレビのCS放送で放映した際に、赤十字マークが消されていたそうです。

番組を見ていて、このことに気づいた人がネット上で報告したことから、大きなニュースになったようです。

イベントを主催し、テレビ放送を行った日本テレビによると、「一部放送にふさわしくない表示」があったとし、その部分を加工したと説明しています。

▼使用場所が限られている赤十字
調べたところ、赤十字マークには特別な意味が込められており、本来の目的以外の使用が禁止されているそうです。

赤十字は、紛争や戦争がある場所で、傷を負った人を救護する人や施設の目印として使用されています。

戦地では、この赤十字マークを掲げている施設や救護に携わる人に攻撃を加えてはならないとされているため、とても重要な意味を持っていることになります。

今回のようなケースがあることは、それだけこのことがあまり世間で知られていないことを示しています。

世の中には様々な目的で作られたマークがありますが、重要なものについては意味を理解しておきたいですね。

コロンビアでの墜落事故、ブラジルサッカー選手らが犠牲に [スポーツ・競技]

南アメリカの国コロンビアで、ブラジルのサッカーチームがチャーターした旅客機が墜落しました。

この事故で、旅客機に搭乗していた71人が死亡しており、サッカーチーム『シャペコエンセ』の選手の大半が犠牲になったということです。

▼ブラジルのサッカー選手が犠牲に
この事故は、11月28日夜にボリビアからコロンビアへ向かっていた旅客機が墜落したもので、ブラジル1部リーグのプロサッカーチーム『シャペコエンセ』の選手が多数乗っていました。

旅客機の搭乗者には、乗員やサッカーチーム関係者の他に報道関係者がおり、選手の中には日本のJリーグでプレイしたことのある選手もいたそうです。

シャペコエンセは、南米のチームによる国際大会の決勝に進んでおり、事故当時は試合のためにコロンビアを目指していたということです。

▼生存者も重傷を負う
この事故では多数の死者が出ることとなりましたが、これまでの救出でチームの選手など6人が生存していることが判明しています。

しかし、生還した選手の中には大きなケガを負っている人や、生命維持のために足の切断を余儀なくされた人もいるそうです。

事故原因については調査中ですが、電気系統の不具合の可能性が高いとみられているようです。

犠牲になった人の命は取り戻すことはできませんが、事故の全容が解明されることを願いたいです。

東京の雪で、学生のデマツイートが拡散 [くんだりなネタ]

東京では、11月24日に雪が降り、11月としては54年ぶりということもあり、テレビでも大きく取り上げられました。

これにともない、東京の一部では休校になった所もあったようですが、雪に関する様々なデマもTwitterで投稿されたようです。

▼11月の雪で、東京の学生に混乱?
ネットでは、「東京の学校は雪が降ると休校になる」という噂があるようで、今回の雪でも休校になった学生を妬むような投稿もされたそうです。

雪の多い地域に住む人にとっては、「雪が降っただけで休校になる」という東京のイメージがあったのかもしれません。

また、このような投稿があるのは、実際に雪が降っても休校にはならない東京の学生の嘆きが投稿されたことも影響しているようです。

▼ネットから生まれるデマに注意
しかし、中にはこれを利用してデマの情報を投稿する人も出ているということです。

例としては、学校名の漢字を部分的に変えて、「ある学校では雪により休校になった」などの情報をSNSで投稿するそうです。

これが、他の学生などによって広まり、その結果「東京では雪が降ると休校になる」というイメージを浸透させたのでしょうか。

ネット上の情報には誤ったものも多くあることは認識していても、雪や災害などの自然現象についてはつい身構えてしまうものです。

Twitterなどでそういった情報を発信するときには、その真偽を確かめてから行いたいものですね。

長野博さんと白石美帆さんが結婚、V6で2人目 [芸能・エンタメ]

ジャニーズ事務所のアイドルグループ『V6』のメンバー、長野博さんが女優の白石美帆さんと結婚したことを発表しました。

これは、長野さんのファンクラブ会報に第一報が掲載されたほか、報道関係者にファックスで報告されたそうです。

▼報道関係者にファックスで報告
ファックスでは、長野さんと白石さん2人のサインが入っており、11月29日に結婚したことが綴られています。

また、この結婚について「これからの人生をともに歩み力を合わせ、明るく清らかな家庭を築きながら、お互いより一層仕事に対して精進して参ります」と記してあったそうです。

2人については以前より熱愛報道もあったため、長野さんのファンからは驚きつつも祝福する声が多いようです。

▼井ノ原さんに続き、V6メンバー2人目の結婚
V6は、長野さんも含めて6人のメンバーがいますが、そのうちの1人である井ノ原快彦さんは2007年に女優の瀬戸朝香さんと結婚を発表し、話題となりました。

長野さんの結婚は、V6メンバーとしては2人目となります。

ジャニーズ事務所所属の芸能人は、なかなか結婚しない人が多い印象がありましたが、2015年にはTOKIOの国分太一さんが結婚するなど、近年はそのイメージも変わってきているようです。

今後は、他のグループからも結婚報告をする人が増えてくるのかもしれませんね。

「WBCが2017年大会で終了」と米メディアが報道 [スポーツ・競技]

「野球の世界一決定戦」として2006年より開催が始まった、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第4回大会は2017年3月に行われます。

野球ファンにとっては注目の世界大会の一つですが、これが第4回で終了するのでは、というニュースがアメリカのメディアによって流されているそうです。

▼日本が過去2回優勝
WBCは、アメリカのメジャーリーグベースボール機構などによって立ち上げられた団体が主催する、野球の世界大会です。

これまで、第3回大会まで開催されており、日本は全ての大会に参加して第1回と2回は優勝、第3回大会では3位という結果を収めています。

日本代表チームの呼称である「侍ジャパン」を世間に広く認知させた大会としても知られています。

日本では特に野球ファンからの関心が高い大会ですが、なぜ、このような報道があったのでしょうか。

▼アメリカの動向次第か?
アメリカの複数メディアで報じられた内容によると、大会での収益の伸び悩みが関係しているようです。

WBCは、参加国の多くの国民からは関心が高いようですが、肝心のアメリカではメジャーリーグと比べて重視されていないとしています。

また、アメリカはこれまでのWBCで一度も決勝進出をしていないこともあり、観客の動員数や大会の視聴率も期待した数値に達していないようです。

実際に2017年の第4回がWBC最後の大会になるのかは不明ですが、その存続にはアメリカ代表がどこまで大会に力を入れられるかにかかっているのかもしれません。

世界各国の野球ファンのために、大会が続くことを期待したいですね。

ファブリーズの「対くさや」CMに批判、差し替えも? [政治・経済]

P&Gが販売する消臭剤『ファブリーズ』のテレビCMで、商品とくさやを対決させる内容にクレームが入ったことが話題となっています。

地域の特産品であるくさやを不快にものにしていることが原因のようですが、過剰な一部の人の批判を疑問に感じる人も少なくないようです。

▼ファブリーズとは
ファブリーズは、1999年から全国発売を開始している消臭製品で、現在は主力商品のスプレー型以外に置き型やトイレ、ペット用など様々な用途のものが存在します。

特に、カーテンなど頻繁に洗濯ができないものや、布製インテリア商品の消臭用として重宝されるようになっています。

主要な目的は消臭ですが、その後除菌やハウスダスト対策などに対応したものも登場しており、現在の市場に合わせてヒットした商品と言えるでしょう。

▼くさや対決CMにクレームが
騒動となったのは、今月からテレビCMとして流されているもので、ファブリーズの消臭能力を臭いの強い干物として知られる「くさや」で試すというものでした。

くさやは、伊豆諸島の特産品で、魚を独特の発酵液に浸けて乾燥させたものです。

非情に強い臭いがあることから、ファブリーズの効果を確かめるには最適な物ですが、一部の人がこのCMにクレームを入れたそうです。

クレームの理由は、くさやの臭い面だけを取り上げていることへの不満のようで、批判した人の中にはくさやの生産地が地元という方もいたようです。

▼対決CMは残すべきか
これを受け、P&Gでは実際にくさや生産者と会い、CMについての意見を聞いたそうです。

それによると、「くさやの認知度がアップした」という意見や「くさやのおいしさもCMに入れて」といった提案などが出たということです。

これらの意見も踏まえて、今後はCMを作り替えることも検討するそうですが、中には「くさや対決」CMを打ち切るという可能性もあるそうです。

元々放送されたCMも、特にくさやを貶めるものとは感じられませんし、対決CMという形は残してほしいですね。

CMを見た人の意見も大事ですが、クレームの言いなりになるだけでは良いCMは生まれないのではないでしょうか。

ASKA容疑者、覚せい剤使用で再逮捕 [芸能・エンタメ]

2014年に覚せい剤所持や使用で逮捕されたミュージシャンのASKA容疑者が、再び逮捕されることが分かりました。

ASKA容疑者は、公開中のブログで新作アルバムの制作について方向を続けていたため、これを楽しみにしていたファンの方はさぞ残念な気持ちかと思います。

▼容疑者自らの通報で
これは、警視庁が11月28日にASKA容疑者が覚せい剤を使用した疑いがあることから逮捕する方針を固めたもので、容疑者自身が警察に通報したことで判明しました。

警察によると、110番通報したASKA容疑者は意味不明な発言をするなど、不可解な点があり、尿検査により覚せい剤の陽性反応が確認できたということです。

ASKA容疑者といえば、2014年に覚せい剤を所持していたことや、覚せい剤、合成麻薬の使用などといった違法行為で注目されました。

このことは、彼や音楽デュオ『CHAGE and ASKA』のファンにとって大きな衝撃になりました。

▼復帰、新アルバムは幻に……
それから2年が経過し、ASKA容疑者は音楽活動の再開を目指してアルバム制作を行っており、その状況は自信のブログでファンに発信されていました。

ブログを見ると、完成は目前だったようで、ファンの人達にとってはただただ残念な結果となりました。

一度始めたら抜け出すことが困難な薬物の恐ろしさが感じられますが、復帰は遠くなりそうですね。