So-net無料ブログ作成
検索選択

子どもの噴水遊びに注意、水圧によるケガも [国内・地域]

これから暑くなる季節が近づいていますが、小さな子どもによる噴水での遊びには注意が必要のようです。

2016年には、大阪市の公園にある噴水で4歳の女児が、噴水の水によって重傷を負った例もあるということです。

▼公園の噴水で女児が負傷する事故も
各地域にある公園には噴水を備えた所も多くあり、子どもたちの遊び場として人気となっています。

しかし、噴水が作る水柱には相当な水圧がかかることもあり、水が当たる箇所によっては重傷事故につながることもあると言われています。

昨年発生した事故としては、大阪市営の公園にある噴水の水が噴き出した際に、その上にいた女児が陰部の中を負傷したことがあったそうです。

▼噴水の侵入は容易、同行の大人が注意を
この事故で、女児は出血をともなうケガをしていますが、患部から異物は見つかっておらず、水圧によって負傷したものとみられています。

公園を管理する側は、噴水のある池を立ち入り禁止としていましたが、噴水の周りに囲いなどはないため、子どもも容易に入れる状態だったそうです。

公園の噴水で子どもが吹き出す水で遊ぶという姿はよく見られるものですが、思わぬ危険があることも理解しておく必要があります。

お子さんを連れて公園を利用する方は、子どもの動向には常に注意しておきたいですね。

氷削り機『きょろちゃん』、復刻で再注目に [政治・経済]

レトロな雰囲気のかき氷機として、映画やテレビ番組に使われたこともある『きょろちゃん』が、2016年に復刻され、再び注目されているそうです。

現在もタイガー魔法瓶の公式サイトで販売中になっていますので、興味のある方はチェックしてみましょう。

▼きょろちゃんとは
きょろちゃんは家庭用のかき氷機で、中に氷を入れてハンドルを回すことで、手軽にかき氷を作ることができます。

その外見は、くまの顔がデザインされており、ハンドルを回すと目の部分が左右にキョロキョロ動くのが魅力となっています。

デザイン的にも子供が楽しめるもののため、映画の中に登場したりテレビの小道具として使われたこともあるそうです。

▼長い時を経て復刻が実現
元々きょろちゃんが登場したのは1976年という古い年代で、昨年復刻されるまではネットオークションなどでも高値がつく商品となっていたようです。

しかし、2016年にタイガー魔法瓶によって、デザインやパッケージを忠実に再現したものが復刻されており、改めてその人気が拡大しているそうです。

現在、タイガー魔法瓶のサイトでもイエロー、オレンジ、ブルーの3色が販売されています。

これからの季節に備えて、きょろちゃんを購入してみてもいいかもしれませんね。

Microsoft社を装う警告画面、PCでの閲覧に注意を [IT・モバイル]

PCでネットを閲覧している際に、「マイクロソフトセキュリティアラーム」を装った偽の警告画面が出るというユーザー報告があったそうです。

警告が出ると、ブラウザが閉じられなくなり対策用の電話番号への連絡を求められますが、これは詐欺のメッセージですので、決して従わないようにしてください。

▼突如、警告画面が表示
これは、PCでインターネットを利用しているユーザーを狙った詐欺と思われます。

偽警告は、ユーザーがネットを利用中に音声や警告音などを発し、「マイクロソフトセキュリティアラーム」などの名称の警告画面を出します。

警告内容は、「PCがブロックされた」「当社に今すぐお電話ください」「重要な警告を無視しないで」「PCからウイルスとスパイウェアを検出」といったものやこれに類似したものがあります。

警告表示中はブラウザの操作ができなくなりますが、電話した場合は個人情報搾取などのさらなる被害を受ける危険があるので、電話しないよう注意してください。

▼タスクマネージャーによるブラウザ終了を
もし、実際にこのような状況に遭遇したときは、一度ブラウザのアプリケーションを終了させましょう。

画面上の「×」ボタンなどの操作はできないため、「タスクマネージャー」による終了が必要となります。

タスクマネージャーは、キーボードのCtrl+Alt+Delのキーを一緒に押すことで起動できます。

そこで、起動中のブラウザソフトが確認できますので選択し、「タスクを終了」することでブラウザを終了させることができます。

さらに、警告画面が表示される直前に見ていたサイトが原因と考えられますので、ブラウザの閲覧履歴も削除しておくといいかもしれません。

突然現れる警告に驚くと思いますが、表示された電話番号に連絡しても事態が悪化する可能性がありますので、警告には従わないようにしましょう。

菊川怜さんが結婚、『とくダネ!』演出に疑問も [芸能・エンタメ]

4月28日に放送されたフジテレビ系の番組『情報プレゼンター とくダネ!』で、MCを担当している女優の菊川怜さんが結婚を発表しました。

ネットでもこれを祝福する声が多数上がりましたが、番組で使用された垂れ幕にあった「脱独身」という言葉には、疑問を投げかける人も少なくなかったようです。

▼くす玉でのサプライズ
これは、28日放送の『とくダネ!』冒頭で発表されたもので、司会の小倉智昭さんが菊川さんに用意したくす玉の紐を引くよう促しました。

割られたくす玉からは、菊川さんの結婚を祝う垂れ幕が現れ、番組の出演者から祝福されるというサプライズ演出だったようです。

菊川怜さんは、1999年に女優デビューした『危険な関係』などのテレビドラマやバラエティ番組、現在出演中の『とくダネ!』など、フジテレビでの仕事も多いことから、番組が特別な思いを込めて演出したのでしょう。

▼「脱独身」は差別的な表現か?
しかし、ネットではこの演出について批判的な意見が多く出ているそうです。

菊川さんは現在39歳だそうですが、これまで『とくダネ!』内でも恋愛の話題で自身が結婚していないことについていじられることもあったようです。

また、くす玉の垂れ幕に「祝 脱・独身」という言葉が使われていたことから、これをセクハラと捉えたり、独身であることを非難するかのような表現が疑問に感じられたのかもしれません。

ただ、菊川さんはこの演出について涙を見せるなど、喜びを表しており、自身の結婚について満足している様子が見られたのは良かったのではないでしょうか。

菊川さんのお相手は一般の方ということですが、結婚という幸せな報告ですので、番組の演出の評価はともかく、素直にお祝いしたいですね。

新型機『Newニンテンドー2DS LL』が7月13日発売 [ゲーム・ソーシャル]

任天堂が、携帯型ゲーム機『ニンテンドー3DS』の新しいラインナップに『Newニンテンドー2DS LL』を7月13日に加えることが分かりました。

すでに発売中のNewニンテンドー3DS LLから3D表示機能を除いた仕様になっているようで、新たなユーザーの獲得が見込めそうです。

▼ニンテンドー2DSの販売から
ニンテンドー2DSは、同社の携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』のバリエーションとして昨年9月に発売されました。

3DSとの違いは、3D表示機能が削除されていること、折りたたみができない形状になっていること、スピーカーがモノラルということなどがあります。

その分、従来の3DSよりも低価格であることから、3DSシリーズの廉価版としてユーザーを獲得していました。

▼パワーアップした2DSに
今回、新たに投入されるNew2DS LLは、Newニンテンドー3DS LLと同じサイズの液晶画面を備えており、同機からさらに軽量化が図られているそうです。

また、機能面では3D表示がないこと以外は、Newニンテンドー3DS LLとほぼ同じということです。

ニンテンドー2DSは低価格なゲーム機として支持されましたが、3DSシリーズとしては折りたたみを求める意見がユーザーから出ていたのかもしれません。

現在、任天堂では据置と携帯の機能を併せ持つ、ニンテンドースイッチも発売されていますが、今後の3DSソフトの展開にも期待できそうですね。

高校野球大会で異例のナイター、長時間試合で課題も [スポーツ・競技]

4月27日に行われた高校野球春季東京都大会決勝は、早稲田実業対日大三高による約4時間の激戦となりました。

高校野球の試合では異例のナイターでしたが、予想以上に試合が長引いたことなどから、生徒たちの翌日の授業への影響など、問題点を指摘する意見もあったようです。

▼熱戦となった日大三対早実の試合
東京都大会決勝は、当初神宮第2球場で開催予定でしたが、早実の清宮選手などの存在から注目度が高く、混雑が予想されていました。

そのため、会場をより大きな神宮球場に変更し、時間帯もナイターとなる異例の配慮がなされています。

試合では、日大三にリードされた早実が追いかける形で点の取り合いとなりました。

9回には日大三が4点差となりましたが、9回裏に追いつき、延長戦の末早実が勝利を収めています。

▼深夜まで長引く試合に課題も
この試合では、両校とも大量得点を記録する結果となり、大変内容も充実していました。

しかし、それだけに試合は4時間2分という長時間となり、終了時間は午後10時を過ぎたそうです。

高野連には、応援の女子生徒が夜遅くまで球場にいることに対する意見もあったほか、試合が平日であったことから、翌日の生徒たちの体調を心配する声も出ていたようです。

試合自体は盛り上がりましたが、選手や応援する生徒たちのことを考えると、高校野球のナイター開催にはまだまだ課題がありそうですね。

『星のカービィ』発売25周年で記念セール [ゲーム・ソーシャル]

任天堂の人気アクションゲーム『星のカービィ』シリーズが、4月27日で25周年を迎えました。

これを記念して、シリーズのダウンロードソフトが25%オフで購入できるキャンペーンセールが始まっています。

▼星のカービィとは
『星のカービィ』は、丸い身体のキャラクター「カービィ」を操作するゲーム作品です。

カービィは、物を吸い込む能力を持っていて、空気を吸い込んで空を飛んだり、敵を吸い込んで攻撃に使うことができます。

また、シリーズ2作目からは吸い込んだ敵の能力をコピーする能力が追加され、以降の作品でも使われるようになりました。

1作目はゲームボーイ用ソフトとして発売されましたが、その後はファミコンやスーパーファミコンなど、任天堂の様々なハードに登場するなど、同社を代表するシリーズの一つとなっています。

▼25周年記念で、25%オフのセール
今年の4月27日で、シリーズ第1作の発売から25年を迎えた『星のカービィ』。

これを記念して、ニンテンドーeショップでは3DSとWii Uのダウンロードタイトル12本の25%オフセールが行われています。

また、3DS用に『星のカービィ 25th Anniversary』テーマが配信されています。

5月31日までは、マイニンテンドーのゴールドポイントで交換も可能となっています。

タイトルのセール期間は4月30日までと短期間ですので、購入予定の方はお早めに。

連休前の「駆け込み特殊詐欺」に注意 [国内・地域]

ゴールデンウィークを前にしたこの時期、宮城県警では特殊詐欺注意報の発令が増加しているそうです。

連休中は、子どもや孫を騙る詐欺が行いにくいため、特殊詐欺の件数が増える危険もあると注意を呼び掛けています。

▼特殊詐欺とは
特殊詐欺は、「振り込め詐欺」と呼ばれるものなど各種詐欺の総称で、様々な名目で相手に対して金銭を要求します。

その手口は多岐にわたっており、相手の家族になりすますもの、架空請求、還付金を装うもの、儲け話などがあります。

特徴として、相手に特定の口座へお金を振り込ませる、現金を郵送させることがあり、近年各地の警察が警戒を強めている犯罪と言えるでしょう。

▼連休前の駆け込み詐欺に注意
特に現在これらの詐欺が急増する理由として、大型連休を控えていることが考えられます。

特殊詐欺で狙われやすいのは高齢者ですが、連休中は家族が帰省していることが多いため、詐欺が困難になるそうです。

そのため、連休が始まる前に、駆け込みで詐欺の活動が急増している可能性があるようです。

特殊詐欺は、全国的に確認される犯罪で、中には騙す側が警察を装うなど巧妙化する例も出ています。

誰でも遭遇する危険のある犯罪ですので、くれぐれもご注意ください。

ロシアで貯蔵庫崩壊、「コーラの川」に [海外・世界]

ロシアの街レベジャニで、ペプシコーラの貯蔵庫が崩壊するという事故があったそうです。

これにより、大量のペプシコーラが道路や川に流れ出す事態になっており、現場はさながら「ペプシコーラの川」の様相を呈しています。

▼工場倒壊で、コーラが流れ出す
これはアメリカの清涼飲料水大手のペプシコの工場が倒壊し、貯蔵していたジュースがあふれだしたものです。

現場となったのは、ロシアの首都モスクワから南にあるレベジャニの工場で、9階建てに相当する建物が崩れたということです。

屋根の崩落などで2人が負傷したほか、貯蔵していたジュースが工場周囲の道路から近くのドン川に流れるなど、大惨事となりました。

▼ペプシコ社は街の清掃を約束
この事故で流れたとみられるのは、約2800万リットルのコーラのようで、川の色を変えるほどになったそうです。

世にも珍しい事件に、街の人達が写真や動画を撮影しており、そのいくつかはSNSにも投稿されたようです。

今回の事故について、ペプシコ社では事故によって汚れた街を清掃することを約束する声明を発表しました。

また、「最も重要なことですが、コーラは人間にとって無害です」とコメントしています。

人の被害は少なかったようですが、街の人にとっては少し不便な状態が続くかもしれませんね。

漫画家の新谷かおるさんが、休筆を宣言 [アニコミ・特撮・声優]

『エリア88』や『ふたり鷹』などの作品で知られる、漫画家の新谷かおるさんが休筆を宣言したそうです。

これは、これは新谷さんがTwitterでコメントしたもので、自身の66歳の誕生日を機に、一休みしてから新しい事に向かうということです。

▼『エリア88』がヒット作品に
新谷かおるさんは、1972年に『吸血鬼はおいや!?』でデビューしています。

1978年に連載開始した『ファントム無頼』やその1年後にスタートした『エリア88』がヒットしたことで、注目される漫画家になりました。

妻は漫画家の佐伯かよさんで、お互いの作品を手伝うことも少なくないそうです。

▼最新作の完結で一旦休筆に
今回の休筆宣言は、Twitterを通じて行われ、新谷さんの66歳の誕生日となる4月26日に投稿されています。

この日の投稿で、新谷さんは自身が手掛けていた作品『クリスティ・ロンドン マッシブ』の最終回を脱稿したことを、原稿の写真とともに伝えました。

そして、「これで、漫画家として一旦筆を置きます」と休筆することを説明しています。

少女漫画の感性と少年漫画の熱さを持つ作風で多くのファンを獲得し、独特のメカニック描写が人気となった新谷さん。

ファンの方にとっては残念かもしれませんが、将来新作が出ることに期待したいですね。