So-net無料ブログ作成

えちぜん鉄道の松岡駅、『ドラクエ』風看板が話題 [国内・地域]

福井県にあるえちぜん鉄道の駅に設置された、観光施設を紹介する地図看板が最近話題になっているそうです。

人気ゲーム『ドラゴンクエスト』をイメージしたデザインになっており、地域活性化も期待できそうです。

▼えちぜん鉄道の新しい案内板が話題
えちぜん鉄道は、福井県で運行されている路線で、今回看板が話題になっている松岡駅は勝山永平寺線にあります。

松岡駅は福井県永平寺町にある駅で、駅舎本屋は国の登録有形文化財に登録されているそうです。

今年3月、この駅に周囲の観光施設を紹介する新しい看板が設置されました。

▼地図や説明文が『ドラクエ』風に
新しい看板は、永平寺町と福井大学の共同研究の一環で、町側が若い人の意見を取り入れる目的で打ち合わせした結果、決められたそうです。

新しくデザインされた看板では、案内図全体が『ドラゴンクエスト』シリーズのマップを思わせるものになっています。

また、各場所を説明する文章もゲーム風になっており、「へんじがない」など、『ドラクエ』シリーズお馴染みのフレーズも見られます。

「あなたがレベルUPする街」と題された案内板、ゲーム好きの人にとって注目されそうですが、町の活性化にも期待したいですね。

ノジマ、家電専門のフリマアプリを配信開始 [IT・モバイル]

家電販売企業のノジマが、フリマアプリ『nojimaフリーマーケット』の配信を始めています。

このアプリでは、出品できる商品が家電製品に限定されており、ノジマの各店舗では出品サポートなども行われるそうです。

▼nojimaフリーマーケットとは
『nojimaフリーマーケット』は、ノジマが自社で企画・運営するサービスとして提供されるスマートフォンアプリです。

デジタル製品や家電製品に特化したアプリとなっており、最短3分で出品ができるそうです。

また、入会費や月額費用、購入手数料、出品手数料などは無料で、出品・購入とも安心して行えるようになっています。

▼ユーザーが安全に利用できるアプリに
このアプリで出品した商品が売れた場合、その金額の10%がシステム利用料として差し引かれるということです。

出品者の利益は、購入された商品の額の90%となりますが、売上金を銀行振り込みで受け取る際は振込手数料が発生するそうです。

ただし、売上金を運営元であるnojimaオンラインのポイントで受け取る場合、手数料は無料となります。

フリマアプリと言えば、現在メルカリなどが人気ですが、一部の商品による不正行為などが問題となっています。

売る商品が家電製品であれば、今後はnojimaフリマが、ユーザーの選択肢に入るようになるかもしれません。

錦鯉の放流活動に「生態系破壊」を指摘する声 [国内・地域]

日本の各地で行わている魚の放流活動の一つとして、ニシキゴイの放流がありますが、このことが生態系の破壊になるという意見が注目されています。

この意見では、ニシキゴイによる河川の魚への影響やコイヘルペスウイルスでの大量死が生態系に影響を及ぼすと指摘しているそうです。

▼放流が河川の魚に影響
ニシキゴイの放流は、各地域の行事として行われており、ニュースでも好意的な話題として取り上げられています。

しかし、この活動についてネットで異を唱える声が最近出ているそうです。

あるブログでは、ニシキゴイが放流されることで、河川に住む魚の卵が食べられる危険などがあると指摘してます。

▼水草や虫などの生態系は破壊される?
国際自然保護連合が定める「世界の侵略的外来種ワースト100」では、本来の生息地以外から来た生物がリストアップされています。

この中には、魚類として「ブラックバス」の名で知られるオオクチバスとともにコイが挙げられているそうです。

そのことを考えると、大量のニシキゴイを放流することがかなり不自然なものに思えます。

専門家によると、コイは他の魚を食べるわけではないため、在来魚への影響は小さいと思われているそうですが、水中の植物や虫、貝の生態には影響がありそうです。

現在、コイを放流することは禁止されていないそうですが、行事としての放流には今後変化が起こるかもしれませんね。

フジテレビ、日枝会長と亀山社長が退任へ [政治・経済]

フジテレビの日枝久会長と亀山千広社長が、それぞれ退任することが分かりました。

2人とも、同局の様々なテレビ番組をヒットさせたことで知られていますが、近年の視聴率不振による影響も大きいようです。

▼過去に成果を上げた人物だが
今回の人事は、メディアの関係者への取材で判明したもので、後任にはフジ・メディア・ホールディングスの嘉納修治社長が会長に、BSフジの宮内正喜社長が就任する見込みです。

退任となる2人はフジテレビの番組をヒットさせた存在として知られ、日枝氏は『オレたちひょうきん族』『なるほど!ザ・ワールド』などで1982年には同局を視聴率トップにさせています。

亀山氏は、ドラマのプロデューサーとして『ロングバケーション』『踊る大捜査線』などを手掛け、同局のドラマ人気に大きく貢献しました。

▼大胆な改革も実を結ばず
2013年に社長として就任した亀山氏には、それまでの成果から大きな期待が寄せられていたようです。

亀山社長時代には、『笑っていいとも!』の終了や全体の3分の2にも及ぶ人事異動など、大胆な改革が行われました。

しかし、これらの改革では大きな成果は上げられず、2016年のフジテレビは年間視聴率で民放4位という結果となっています。

現在、フジテレビは他局にも差を付けられている状態ですが、新たな人事による今後の変革に期待したいです。

映画『君の名は。』ディスク版は7月26日発売に [アニコミ・特撮・声優]

昨年夏に公開され、大ヒットを記録したアニメーション映画『君の名は。』のBlu-ray、DVDの発売日が発表されています。

7月26日に発売となるディスク版では、メイキング映像などを収録した特別版など4タイプの商品があるそうです。

▼2016年話題の映画作品に
『君の名は。』は、『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』を手掛けた新海誠監督によるアニメーション映画です。

東京に住む少年と飛騨に住む少女の入れ替わり現象と、地球に接近する彗星を軸にした物語として描かれています。

邦画興行収入ランキングで歴代2位を記録するほどのヒット作となり、2016年を代表する映画作品として人気を集めました。

現在でも上映されている劇場があるなど、幅広い層に支持されている作品となっています。

▼4K版ディスクのコレクターズ商品も
今回発売されるのは、同作のBlu-rayとDVDで、これらの通常版以外に2種類の限定版も販売されるそうです。

Blu-rayスペシャル・エディションでは、新海誠監督やメイキング映像、出演者や楽曲を担当したRADWIMPSのビジュアルコメンタリーを収録した特典ディスクが付属するそうです。

また、コレクターズ・エディションでは、より高画質な4KBlu-rayや台本、特製ブックレットも付くということです。

発売は7月ですが、購入予定の方は早めに予約した方がよさそうですね。

アラン・ドロンさんが俳優引退を表明 [海外・世界]

フランスの映画俳優として日本でも有名なアラン・ドロンさんが、俳優業を引退することを宣言したそうです。

ドロンさんは、メディアの取材に対して今後出演する作品が映画と舞台に1作ずつあることを表明しています。

▼日本でも絶大な人気に
アラン・ドロンさんは、1950年代から活動している映画俳優で、1960年代から長い間、美男子俳優の代表的な存在でした。

1960年の映画作品『太陽がいっぱい』では主演を務め、ドロンさんはこの映画の世界的な大ヒットにより、多くの人に知られる存在となりました。

ドロンさんは、日本でも人気となり、そのファンは女性だけでなく、当時の男性のファッションにも大きな影響を与えたと言われています。

また、来日した経験もあり、テレビ番組に出演したりテレビCMに登場したりと、海外の俳優として高い人気があったことが伺えます。

▼「キャリアの終わり」と宣言
ドロンさんは、1998年の映画『ハーフ・ア・チャンス』の公開後に一度引退を宣言したこともありますが、その後復帰しています。

当時の引退理由は「映画でやりたいことは全てやりきったから」というものでした。

今回の引退について、ドロンさんは自身が81歳という年齢であることに触れ、「人生の終わりではないが、キャリアの終わりだ」と説明しています。

今度こそ本当の引退となりそうですが、ドロンさんの最後の出演作品に注目したいですね。