So-net無料ブログ作成
検索選択

PS Plus、生誕7周年記念キャンペーン開催 [ゲーム・ソーシャル]

PlayStationシリーズのゲーム機向けの有料会員サービス、『PlayStation Plus』が今年6月でサービス開始から7周年となります。

これを記念して、PS Plusでは特別利用権の販売やフリープレイアンコール投票などの企画が開催されています。

▼PS4発売から会員数も増加
PlayStation Plusは、PSシリーズのゲームユーザーに対して様々なオンラインサービスを提供しています。

サービスには、毎月特定のゲームを追加料金なしでプレイできる「フリープレイ」や通常価格よりも安い価格でソフトを購入できる「ディスカウント」などがあります。

また、PlayStation4でのオンラインマルチプレイにはPS Plusの加入が必須となっているため、現在加入しているというユーザーも多くなっているようです。

▼フリープレイアンコール投票も
今回の生誕7周年記念キャンペーンでは、通常5143円で販売されている12ヶ月利用権に2ヶ月分をプラスした特別な利用権をPS Store限定で販売しています。

また、過去にフリープレイで配信されたゲームで、もう一度配信してほしいタイトルの投票を受け付けており、上位3タイトルは7月に再配信される企画も開催中です。

その他、生誕7周年記念のPS4で使えるダイナミックテーマの配信も始まっています。

多くの企画はPS Plus会員を対象としたものになっていますので、会員の方はPlayStation Blogで詳細を見ておくといいでしょう。

【PS Plus生誕7周年記念キャンペーン】
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5075/20170607-psplus-2.html

岡山の彫像に帽子や服、制作者から苦言も [国内・地域]

今年、岡山県内にある彫像に帽子や服などが着けられるという現象が、各地で見られるそうです。

地域のPRにつながるという声もあるようですが、無断で行われている場合も多く、これを問題視する人も少なくないそうです。

▼サッカーのPRの一環として
JR岡山駅東口の広場には桃太郎の像がありますが、最近これにサッカーチームのファジアーノ岡山をイメージしたえんじ色のTシャツを着せた姿が話題になりました。

これは桃太郎像を所有する岡山市がファジアーノと企画したもので、6月3日に行われるホームゲームをPRするためにTシャツ姿になったのだそうです。

この企画は、1時間半という短い時間で行われましたが、駅を訪れた人の目を楽しませたようです。

▼無断で服を着せるのはNG
しかし、岡山駅から東へ向かう桃太郎大通りにあるブロンズ像の「ももたろう」に、今年1月ピンクのニット帽などがかぶせられたものは無許可だったそうです。

このももたろう像は制作者の思いから裸の姿となっており、市によってニット帽は撤去されました。

像の制作者は、像に服を着せる行為は作者の意に反するものという姿勢のようですね。

街にある様々な像には作者の気持ちなどが込められていますので、その気持ちを尊重するためにも無断で服を着せることは慎みたいものです。

BIGBANGのT.O.Pさん、意識回復へ [海外・世界]

韓国出身の人気アーティストグループ『BIGBANG』のメンバーT.O.Pさんが、意識不明により病院に搬送されるという事件がありました。

現在は意識を回復しているということですが、先日、過去に自宅で大麻を使用した罪で在宅起訴されるという騒動があった後だけに、容体を心配するファンも多いようです。

▼過去の大麻使用で起訴
T.O.Pさんは、BIGBANGのメンバーの1人として活躍しており、韓国だけでなく日本でも人気の存在となっていました。

しかし、2016年10月にソウル市内にある自宅で大麻を使用していた罪で、先日在宅起訴されています。

この件について、T.O.Pさんは「どんな罰を受けても当然だと思っています」と謝罪するコメントを発表していました。

▼倒れたのは騒動の影響か?
T.O.Pさんが意識のない状態で見つかったのは6日のことで、普段から使用していた精神安定剤の過剰摂取が原因とみられます。

韓国でも大麻は非合法なもので、特に国民が反感を抱く犯罪の一つに「麻薬の常用」があることから、T.O.Pさんが大麻騒動で精神的に不安定な状態に陥っていた可能性もあるかもしれません。

近年は、韓国の芸能界でも様々な薬物による不祥事が起こっており、これによりイメージを大きく落とす例もあるようです。

ファンのためにも、T.O.Pさんが早く回復することを望みたいですね。

『ノンストップ!』実在しない「火星ヤシ味」紹介で謝罪 [芸能・エンタメ]

フジテレビ系で放送中の情報番組『ノンストップ!』で、人気氷菓『ガリガリ君』について誤った情報を紹介し、その後謝罪するという珍事がありました。

番組内では、同商品の限定味を紹介していましたが、その中で実在しない「火星ヤシ味」の画像を出したことで騒動となったようです。

▼ロングセラー商品のガリガリ君
ガリガリ君は、赤城乳業が販売している氷菓で、アイスキャンディーの膜の中にかき氷を入れた商品となっています。

販売を開始した1981年から、現在も同社を代表する人気商品として知られています。

また、個性的なフレーバーの商品が多く出ていることも人気の理由になっているようです。

▼架空の「火星ヤシ味」を誤って紹介
6月6日に放送した『ノンストップ!』では、ガリガリ君のことを特集するコーナーが組まれ、季節限定商品に人気が集まっていることなどが紹介されました。

その中では、限定商品のパッケージ画像も映されたそうですが、その商品の一つに「火星ヤシ味」というものがあったそうです。

この「火星ヤシ味」は、ガリガリ君のファンが架空の味を考えてパッケージを作り、ネット上に公開されたものでした。

そして、7日の同番組でこの件を謝罪するコメントが出されました。

フジテレビでは、5月に放送した『ワイドナショー』の中でも、ネットの情報をそのまま利用した結果、誤った情報を伝えたという過去があります。

現在は、テレビ番組の制作現場でもネットの情報を活用することが少なくないのでしょうが、その真偽はよく確認してから使ってもらいたいですね。

自動車の給油口、左右どちらかを確認するには [くんだりなネタ]

現在、自動車を利用する場合、給油のためにセルフ方式のスタンドを利用する方も多いのではないでしょうか。

その際、給油口の位置で迷うケースもあるようですが、それが右側か左側かを簡単に知る方法があるそうです。

▼給油口は運転席のパネルで分かる
国産の自動車の場合、運転席の位置は基本的に右側となっていますが、給油口についてはメーカーや車種によって配置が異なっています。

普段、自分で利用している車両であれば給油口の場所は確認済みだと思いますが、仕事の時やレンタカーを利用した時など、使い慣れない車両では迷うこともありそうです。

しかし、多くの自動車では、運転席にあるパネルを見ることで給油口の位置が分かるのだそうです。

▼燃料計にある三角の印
自動車の運転席の前には、スピードメーターや回転計などが並ぶパネルがありますが、その中にある燃料計に給油口の向きを知る手掛かりがあります。

燃料計のパネルには、給油機のマークが付いており、よく見るとその横に三角の印があります。

この印は、給油口の位置により記載されている場所が異なり、左側に印があれば給油口も左側にあることを示しているのだそうです。

このマークは、特に付ける決まりはないそうですが、現在はほぼ全ての国産車には付いているということです。

普段使わない自動車の給油を行うときには、参考になりますね。

『カウボーイビバップ』、米で実写企画が進行中 [アニコミ・特撮・声優]

日本で放送され、大人気となったテレビアニメ『カウボーイビバップ』が、アメリカで実写テレビシリーズ化されるそうです。

現在、企画が進行中で、製作にはアメリカの人気ドラマや映画の脚本を担当した人達が携わっているということです。

▼カウボーイビバップとは

『カウボーイビバップ』は、1998年に放送されたSFアニメーション作品です。

物語の舞台は2071の宇宙で、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎである「カウボーイ」の活躍を描いています。

ハードボイルドを基調としたストーリーとともに、菅野よう子さん作曲によるテーマ曲やBGMも人気を集めました。

特に、オープニング曲の『Tank!』は、現在のテレビ番組でも耳にすることがあります。

▼アメリカ人気作品の制作陣が集結
今回の『ビバップ』実写化は、アメリカのメディアが伝えたもので、現在企画が進行しているそうです。

製作には、アメリカの人気ドラマ『プリズン・ブレイク』のテレビプロデューサーや、映画『マイティ・ソー』シリーズの脚本を手掛けた人達の名前が挙げられています。

『カウボーイビバップ』は、アメリカでもアニメが放送されており、今もその人気が続いているそうです。

実写版の放送時期は不明のようですが、日本でも見られるようになってほしいですね。