So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『たたら侍』の上映再開が発表 [芸能・エンタメ]

5月20日から公開され、出演者の不祥事により6月9日の公開終了が伝えられていた、映画『たたら侍』。

この作品が、再編集した上で上映を再開することが、映画の公式サイトで発表されたそうです。

▼EXILE HIROさんプロデュース作品
映画『たたら侍』は、戦国時代を舞台に、「たたら吹き」と呼ばれる製鉄法を継承する男性の旅を描いた作品です。

主人公の伍介役は、劇団EXILEのメンバー青柳翔さんが務めるほか、小林直己さん、石井杏奈さん、AKIRAさんといったLDH所属の人が多く出演しています。

映画は、EXILE HIROさんがエグゼクティブプロデューサーを務めていることでも話題となっていました。

▼再編集による上映再開が決定に
『たたら侍』は、5月20日から公開していましたが、出演者の1人である橋爪遼容疑者が覚せい剤所持により逮捕されたことを受けて、最短で6月9日に上映を終了することが発表されていました。

しかし、今回の新たな発表では、映画の世界観を損なわないように再編集を行い、上映を再開する方向であることが、改めて告知されています。

現在は映画の上映再開に向けてスタッフが動いているようで、再開の目途が立った時点で上映時期などが報告されるようです。

映画が思わぬ形で一旦終了となりますが、再編集された作品が上映される日を待ちましょう。

「請求書」に偽装したウイルスメールに注意 [IT・モバイル]

現在、件名に「請求書」を含むウイルスメールが出回っていると、警視庁が注意を呼び掛けています。

Excelのファイルや圧縮ファイルに偽装したものが添付されており、実行した場合PCなどの端末に悪影響を与える危険がありそうです。

▼Excelファイルに偽装したウイルス
現在、各所で拡散していると言われるメールは、件名に「請求書」や「請求書を添付」といった言葉が使われていることが特徴です。

また、添付ファイルには「御請求書.xls」「請求書(完成届).xls」などExcelファイルを装ったものが確認されています。

仮にこれらのファイルを実行した場合、PCなどがウイルスに感染し、端末で使用するインターネットバンキングなどの情報が盗み取られる危険があるようです。

▼メール開封には細心の注意を
このような迷惑メールは、今までにも多く確認されており、現在ではメールの添付ファイルを不用意に開く行為は危険であることが世間でも認知されつつあります。

基本的には、知らない所からのメールを削除することが予防につながりますが、知り合いのPCがウイルる感染して、そこから送信される場合もあるため、注意が必要です。

今回の件についても、件名や添付ファイルなどの情報が公開されていますので、添付ファイルのあるメールが届いたときは、これらの迷惑メールでないかをネットで調べてから中身を確認するよう心掛けたいですね。

小出恵介さん、未成年との飲酒などで無期限活動停止に [芸能・エンタメ]

俳優として活動中だった小出恵介さんが、未成年女性と飲酒や不適切な関係を持っていたことが分かりました。

6月9日に発売される週刊誌が報じたもので、これにより彼の出演していたテレビドラマなど、各方面に影響が出ているそうです。

▼多くのドラマに出演していたが
小出恵介さんは、2003年にデビューした俳優で、2005年の映画『パッチギ!』の出演で注目されるようになりました。

その後も、『のだめカンタービレ』『ROOKIES』『JIN-仁-』など数々のテレビドラマや映画に出演する活躍を見せていました。

2017年も複数のテレビドラマの出演が予定されていましたが、今回の騒動により、いずれも降板となるようです。

▼過去の出演作品も見られなくなる?
週刊誌の記事によると、小出さんは未成年女性と飲酒や交友があったことが伝えられており、その後小出さんの所属事務所からもこの件について発表がありました。

事務所の発表では、小出さん本人に事情を聞いたところ、週刊誌の件が事実であることが確認されたことから、彼が無期限の活動停止になることが決まったそうです。

小出さんは7月に放送開始予定のテレビドラマに出演してそうですが、こちらは降板となり、NHKでは主演ドラマも予定されていましたが、こちらの方は放送を中止し、別番組に変更されるということです。

一部では、彼の出演していた過去の作品のテレビ放送が中止となる事態も起こっています。

このような形で既存の作品が見られなくことを残念に思う声はネットでも出ており、各メディアの対応が気になるところですね。

香川真司選手、ケガにより日本代表から離脱 [スポーツ・競技]

サッカーワールドカップで、日本代表チームに参加していたMFの香川真司選手が、チームを離脱することが発表されました。

これは、6月7日に行われた親善試合で、プレイ中に左肩を負傷したためで、日本サッカー協会によると選手の追加招集は行わないそうです。

▼試合中のプレイで左肩を脱臼
7日に行われた親善試合は、シリアとのゲームでしたが、前半開始から7分後に相手チームとの接触があり、左腕から着地していました。

香川選手はその際に左肩を負傷したそうで、以降のプレイは不可能と判断され、選手交代しています。

試合後の検査では、「左肩関節前方脱臼」と診断されており、ケガの度合いなどは不明となっているそうです。

▼香川選手は代表を離脱、治療に専念
現在、サッカーワールドカップはアジア予選が行われており、日本代表チームは6月13日にイラクチームとの対戦が予定されています。

しかし、香川選手はこの試合には参加せず、チームも離脱することが発表されました。

香川選手は、日本サッカー協会を通じてコメントを出しており、チームを離れることへの残念な思いや、ケガを早く治すことに集中したいことなどを語っています。

香川選手が日本代表から離脱したことは残念ですが、これからの試合で勝利することを期待したいですね。

阪神高速道路で19頭の豚が逃走 [国内・地域]

大阪府池田市の阪神高速道路内で、トラックの事故が発生しました。

このトラックには豚が37頭積まれていたそうで、そのうちの19頭が逃げ出し、現在回収のために道路の池田木部入口から池田出口の区間が通行止めとなっているそうです。

▼トラックから豚が逃走
この事故は、6月8日の午前9時40分ごろに発生したもので、豚を輸送中だったトラックが追い越しの際に他の車両と接触したそうです。

これにより、トラックの柵が壊れてしまい、19頭の豚が逃げ出したということです。

豚たちは道路上を歩くなどして高速道路を塞ぐ形となったため、警察などがこの区域を通行止めにして回収作業にあたっているそうです。

▼阪神高速の一部が通行止めに
トラックに積み込まれていた豚たちは食用で、京都府の養豚場から大阪市内の市場に移動する途中だったということです。

ネットでは、事故直後の様子を撮影した画像も投稿されており、多くの豚が車線内にいることが確認できます。

幸い、事故にあった車両の運転手たちに大きなケガはなかったそうですが、これだけの豚を回収するのはかなり大変に思えます。

阪神高速を利用する方は、移動に時間がかかる可能性もありますので、今後の情報にも注意した方がいいですね。