So-net無料ブログ作成

カフェイン中毒、5年間で100人以上搬送 死亡例も [政治・経済]

近年、エナジードリンクなどを原因とするカフェイン中毒が問題になっています。

2011年度からの調査では、5年間に約100人が病院に搬送されており、その中には死亡した人もいるということです。

▼カフェイン中毒とは
カフェイン中毒は、カフェインの過剰摂取によって起こる中毒で、近年人気となっているエナジードリンクの影響もあるようです。

カフェイン中毒による死亡例については、以前ここでも記事にしたことがありますが、死亡した男性が普段からカフェイン入りの清涼飲料水をよく飲んでいたことが注目されました。

エナジードリンクには眠気防止薬と同等のカフェインが含まれているものもあり、そのカフェイン量はコーヒーやお茶よりも多いそうです。

そのため、エナジードリンクの大量摂取や、眠気防止薬などとの同時摂取は危険と言えるでしょう。

▼眠気防止薬とドリンクの併用に注意
2011年度から5年間に救急搬送された人のうち、カフェイン中毒の人数を集計した結果では、患者数が2013年から急増しているということが分かっています。

中毒患者の多くは眠気防止薬を服用していたことが原因ということですが、コーヒーやエナジードリンクを合わせて服用していた人もいたそうです。

また、エナジードリンクだけでの中毒も4人いたということも注目すべき点でしょう。

特に危険なのは、眠気防止薬とエナジードリンクの併用ですが、エナジードリンクを普段よく飲むという方は、その量が過剰にならないよう注意したいですね。

MUFGカードを騙るフィッシングメールに注意 [IT・モバイル]

三菱フィナンシャルグループが、「MUFGカード」を騙る不審な電子メールについて注意を呼び掛けています。

メールは、フィッシングサイトへ誘導し相手の個人情報を奪うことが目的となっており、サイトは現在も稼働しているようです。

▼MUFGカードを騙るフィッシングメール
今回のメールはMUFGカードを騙り、不特定多数の人に送られているとみられます。

件名は、「Webサービス利用者」や「重要通知」などのパターンがあり、本文でカードのWebサービス利用継続のためなどの名目で、フィッシングサイトに誘導しようとします。

移動先のサイトで入力した情報は相手に知られることになるため、フィッシングサイトへのアクセスは危険と言えるでしょう。

▼メールのURLにはアクセスしないこと
カードを扱う三菱UFJニコスでは、自社のメールアドレスドメインやサービスログインページのURLなどを紹介しており、無関係なものにアクセスしないよう呼び掛けています。

また、フィッシング対策協議会では、このようなフィッシングサイトや不審なメールの情報提供も呼び掛けているそうです。

最近は、フィッシングメールやフィッシングサイトの内容も本物と見間違うほど似せていることも多いため、もしサービスの利用者である場合は、メールではなく利用しているサイトに直接アクセスして確認するようにしたいですね。

網戸使用中の虫対策、LED照明が有効? [くんだりなネタ]

現在、梅雨入りしたことで、各家庭では網戸を使い部屋を涼しくする所もあると思います。

それと同時に、蚊などの室内への侵入が気になりますが、ちょっとした工夫が虫対策になるのだそうです。

▼多彩になった虫よけ商品
現在、虫よけ用の商品には、スプレー以外にも様々なタイプの物が登場しています。

網戸での使用を目的としたものもあり、専用の防虫スプレーや貼り付けるタイプ、隙間に付けるテープなどが販売されているそうです。

これらの商品に含まれる薬剤は、人体に影響の低いものが使用されていますが、アレルギーを持つ子どもがいる場合は使用を避けた方がいいようです。

▼LEDが虫対策になる?
また、網戸の位置に気を付けることで、虫を入りにくくする効果があると言われています。

ほとんどの窓は、室内から見て右側の窓が内側になっているため、網戸を右側に配置することで隙間を塞ぐことになるそうです。

そして、夜の虫は光のある所に集まるというイメージがありますが、これは照明の光に含まれる紫外線に集まっているのだそうです。

そのため、紫外線がほとんど生じないLED照明に取り替えることで、近づく虫を減らせるということです。

これから蒸し暑い日が続くため、これらの虫対策を有効に使いたいですね。

『サントリーレディス』宮里藍選手偏重の中継に非難 [スポーツ・競技]

先日、2017年シーズン限りでの引退を表明した宮里藍選手は、その会見なども大きな話題となっていました。

宮里選手は、6月8日から11日の期間で行われた『サントリーレディスオープンゴルフトーナメント』に出場しましたが、そのテレビ中継内容に疑問の声が出ているそうです。

▼サントリーレディスとは
サントリーレディスは、毎年6月に行われている日本女子プロゴルフ協会公認のゴルフトーナメントです。

1990年に第1回大会が行われ、阪神・淡路大震災が発生した1995年を除き、毎年開催されています。

第27回となる今年は、引退を表明した宮里藍選手へ注目が集まっていたようです。

▼試合中継がドキュメンタリー番組のように?
宮里選手は、初日から22位と優勝争いには加われない成績でしたが、連日多くのギャラリーがあつまっていました。

最終的な成績は通算26位というものでしたが、大会のテレビ中継は宮里選手のためにかなり時間を割いた構成になっていたそうです。

キム・ハヌル選手や堀琴音選手による優勝争いの扱いも小さく、ゴルフ中継としては物足りないものだったようです。

最近のテレビでは、このような特定の選手のみに焦点を当てたドキュメンタリー番組もありますが、大会の内容を十分に伝えられていない構成には疑問を感じます。

試合の中継については、俯瞰的な視点で放送を行ってほしいですね。

『君の名は。』新海監督に不倫報道、事務所は否定 [芸能・エンタメ]

2016年夏に公開されて以来、大ヒットを記録したアニメーション映画『君の名は。』を手掛けた新海監督に、不倫騒動が持ち上がっているそうです。

相手は30代前半の編集者ということですが、新海監督の所属事務所はこれを否定しているということです。

▼「新海監督が不倫」の報道
今回の騒動は、新海監督の関係者複数の証言で浮上したもののようです。

それによると、新海監督は2016年の春に編集者の女性と出会ったということで、『君の名は。』がヒットした後の秋ごろから交際を始めたと言われています。

二人は、都内の飲食店や女性の自宅で会っていたそうで、ある業界関係者のパーティに同席したという話もあるそうです。

▼「不倫ニュース」の濫用に倦怠感も
新海監督には女優の妻がおり、子役として活動する娘もいるだけに、周囲の反応も気になるところです。

ただ、ネットではそれほど批判的な意見は目立たず、あまり世間での関心は高くないように思えます。

近年の芸能関係のニュースでは不倫の話題は使い古されたものであることや、記事の対象があまり顔が表に出ない映画監督という職業であることも関係しているのかもしれません。

不倫については当事者の問題ですが、各メディアも取り扱う話題が単調になっていることを自覚してほしいですね。

『モンスターハンターワールド』PS4などで発売決定 [ゲーム・ソーシャル]

カプコンの人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』の新作が、PlayStation4やXbox One、PC向けに発売されることが分かりました。

タイトルは、『モンスターハンターワールド』で、シリーズでは初めてのオープンワールドタイプのゲームになるということです。

▼新作の映像が公開
今回の情報は、アメリカで行われたソニー・インタラクティブエンタテインメントの発表会で公開されたものです。

イベントでは、『ワールド』のゲーム映像も紹介され、シリーズならではの巨大モンスターとの戦いの他に、様々なアクションも紹介されていました。

プレイヤーがモンスターをやり過ごすアイテムを使用したり、フックを使ってジャンプしたりと、多彩な動きができるようです。

▼PSハードでは7年ぶりの『モンハン』
『モンスターハンター』は、1作目がPlayStation2で登場して以来、色々なハードでシリーズのタイトルがリリースされてきました。

近年は、ニンテンドー3DSでの展開がメインとなっていますが、最新作『ダブルクロス』はニンテンドースイッチでもリリースされました。

『ワールド』の正式な発売日は未定ですが、映像では2018年初頭に出る予定であることが確認できます。

PlayStationシリーズのゲーム機でのリリースは久しぶりですので、『ワールド』では多くのユーザーがプレイすることが期待できそうですね。