So-net無料ブログ作成
検索選択

アタリが、新ゲーム機の開発を発表 [ゲーム・ソーシャル]

アメリカのビデオゲーム会社『アタリ』が、「Ataribox」という新型のゲーム機を開発していることが分かりました。

日本では1980年代にアタリ製の家庭用ゲーム機が発売されていましたが、近年ではゲーム機の販売はありませんでした。

▼1980年代に日本でもゲーム機を販売
アタリは、アメリカで1980年代に発売されたゲーム機『Atari2600』で、家庭用ゲーム市場を開拓したことで知られています。

日本でも、『カセットTVゲーム』の名称で輸入販売されましたが、価格が約4万円と当時のゲーム機としては高かったため、大きなヒットには恵まれませんでした。

その後、1990年代には『アタリ ジャガー』というゲーム機も登場しましたが、以降はアタリ社のゲーム機は日本で販売されていません。

▼ゲーム機の詳細は後日公開
今回の新型ゲーム機開発は、アタリのフレデリック・シェネCEOが明かしたものです。

現在、アタリは「ataribox.com」というサイトを開設し、そこでゲーム機のイメージ動画を公開しています。

動画からそのゲーム機の正体は分かりかねますが、シェネCEOはゲーム機がPCにテクノロジーに基づいたものであるとコメントしています。

海外メーカーのゲーム機といえば、MicrosoftのXboxシリーズがありますが、日本で再びアタリのゲーム機が展開するか興味深いです。

『大麻バター』摂取で60代男性が逮捕 [国内・地域]

日本では違法薬物として所持が禁止されている大麻を食べ物に混ぜ込み、摂取したとして兵庫県に住む男性が逮捕されました。

この男性は、大麻樹脂を混ぜて作った『大麻バター』を食べていたほか、合成麻薬LSDを輸入していたそうです。

▼大麻所持、麻薬輸入で逮捕
今回逮捕されたのは、兵庫県伊丹市の男性で、容疑は大麻取締法違反(所持)と麻薬取締法違反(輸入)です。

事件の発端となったのは、今年3月にアイルランドからオランダを経由して日本に届けられた封書に麻薬犬が反応したことで、宛先がこの男性の自宅になっていました。

封書の中身はLSDの紙片で、その後男性の自宅を捜索したところ、大麻樹脂が見つかり、男性はその場で逮捕されています。

また、LSD輸入についても裏付けられたことから、6月にこの件についても再逮捕されたそうです。

▼大麻バター、ネット動画を見て作る
逮捕された男性は、麻薬や大麻などの常習者だったようですが、その摂取方法がネットで現在話題となっています。

男性によると、動画投稿サイト『YouTube』で作り方が紹介されていた大麻バターを自分で実践し、摂取していたようです。

大麻の摂取方法は、タバコのように成分を吸引するという方法が思い浮かべられますが、このような方法もあるのですね。

大麻を食べ物と同時に摂取した場合も、幻覚などの症状は引き起こされ、強い作用が起こる危険もあるそうです。

ネットでは、大麻バターの作り方も公開されているそうですが、これを真似する人が出ないことを望みたいです。

『AKB総選挙SP』平均視聴率は13.2% [芸能・エンタメ]

アイドルグループAKB48のシングル選抜総選挙の開票イベントが、6月17日に開催されました。

フジテレビ系列では生中継番組も放送されましたが、平均視聴率は13.2%と過去よりも低いものになったそうです。

▼屋外開催が企画されるも、悪天候で変更に
毎年恒例となっている『AKB48シングル選抜総選挙』は、ファンの投票によって上位に選出された人が、新たなシングル曲の選抜メンバーとなります。

今回の総選挙は、49thシングルに参加するメンバーを選出するもので、開票イベントの会場は沖縄県であることが話題となっていました。

しかし、イベントの会場が豊見城市の海水浴場など屋外で、直前にイベント当日の天候が雷をともなう大雨になるという予報が出たため、これに関連して行われる予定だったイベントが中止になるアクシデントもありました。

▼見どころはあったが、視聴率は低下へ
これらの理由で、今年の開票イベントは屋内に移動し、観客を入れないという状態で行われました。

開票結果は、HKT48の指原莉乃さんが3年連続の1位を獲得し、2位となった渡辺麻友さんが卒業を発表するなどの話題もありました。

さらに、NMB48の須藤梨々花さんが結婚を宣言するという異例の発表もあり、かなり波乱のともなうイベントとなったようです。

フジテレビでは、今年で6年連続の生中継放送となりましたが、平均視聴率は過去最低となりました。

シングル選抜総選挙は今後も行われると思いますが、テレビ中継については一般視聴者が関心を持つための改革が求められそうです。

ゴルフ世界ランク、松山英樹選手が2位に浮上 [スポーツ・競技]

2017年6月18日日付けの男子ゴルフ世界ランキングで、日本の松山英樹選手が2位に浮上したことが分かりました。

松山選手は、先日行われた全米オープンで海外メジャー自己ベストの2位タイを記録し、自身の日本人最高記録を更新したことになります。

▼今年世界ランキング上昇へ
松山英樹選手は、愛媛県松山市出身のプロゴルファーで、東北福祉大学在学中にアジアアマチュア選手権で優勝するなど、学生のころから活躍を見せていました。

2013年にプロへの転向を表明し、大学を卒業した2014年のメモリアル・トーナメントでは、PGAツアー初優勝を果たしています。

ゴルフ世界ランキングでは、2016年10月に初めてトップ10入りしており、今年1月にトップ5、5月には3位にまで上昇していました。

▼世界ランク1位の可能性は
松山選手は、先日行われた全米オープンで優勝したブルックス・ケプカ選手に続いて、ブライアン・ハーマン選手と並ぶ2位に入りました。

世界ランキングでの松山選手は、それまで最高位は4位でしたが、上位にいたローリー・マキロイ、ジェイソン・デイの両選手が今大会で予選落ちしたことから、2位に浮上したそうです。

現在1位となっているダスティン・ジョンソン選手と松山選手との平均ポイント差は4.4307で、マキロイ選手とは僅差ですが、今後の展開にも注目したいですね。