So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月 | 2017年07月 |- ブログトップ
前の10件 | -

米LPGAの「ミニスカ規制」、韓国人選手の反応は? [スポーツ・競技]

LPGA(全米女子プロゴルフ協会)が、先日女子プロゴルファーに対して規定した、「ミニスカ規制」の新しいドレスコードは大きな話題になりました。

このことについて、韓国の選手たちが様々な見解を示しているということです。

▼LPGAが選手のミニスカートを規制
現在、世界で活躍するプロゴルファーたちの服装は多様化しており、その傾向はアマチュアにも影響しているそうです。

特に女性選手の場合はミニスカート姿でプレイする人もおり、今年5月に日本で開催されたプロゴルフトーナメントでは、韓国のアン・シネ選手がギャラリーに注目されていました。

しかし、米LPGAでは選手たちにしかるべきドレスコードを適用すべきと、新たな規定を設けたそうです。

その内容は実質的にミニスカの着用を不可とするもので、違反した者には1000ドルの罰金が科せられることになります。

▼服装がコンディションを左右する場合も
この「ミニスカ規制」に、韓国の女子プロゴルファーはそれぞれの考えを示しているそうです。

「次世代セクシークイーン」と言われているユ・ヒョンジュ選手は、ゴルフのファン年齢層を考慮し、「ある程度の節度を持つべき」とコメントしています。

また、パク・キョル選手やキム・ジャヨン選手は、ウェアが選手のコンディションに影響することに触れ、自身の気分に合ったファッションの必要性も大事にしているようです。

過度な露出は避けた方がいいと思いますが、ある程度選手の希望に沿った服装を認めてほしいですね。

9月開始『仮面ライダービルド』のビジュアル公開 [アニコミ・特撮・声優]

現在放送中の平成仮面ライダーシリーズ作品『仮面ライダーエグゼイド』に続く、新ライダーの情報が公開されました。

9月から放送開始となる新しいライダーは『仮面ライダービルド』で、そのビジュアルや物理学者が変身することなどが明かされています。

▼新ライダービルドはWに似ている?
平成仮面ライダーシリーズは、テレビ朝日系で日曜日の朝8時から放送されている特撮番組で、現在は第18作目となる『仮面ライダーエグゼイド』が放送中です。

ネットでは、以前から新しいライダーの情報が出回っていましたが、今回公式でも情報が解禁されたようです。

公開された仮面ライダービルドのビジュアルは、歴代ライダーのWに似た姿になっており、シリーズのファンからも好感触みたいですね。

▼物理学者がボトルで変身
仮面ライダービルドの「ビルド」には、「創る、形成する」という意味があり、変身者は天才物理学者だということです。

シリーズでは恒例となっている変身ベルトは、2本のボトルを装填するギミックが取り入れられており、様々なボトルを入れ替えることで姿が変わるものと思われます。

その中には特に効果的な組み合わせである「ベストマッチ」もあるそうで、動物や機械の能力を持つボトルのバリエーションも気になるところです。

仮面ライダービルドは、8月5日に公開されるエグゼイドの劇場版にも登場するということですので、特撮ファンの方は一足先に映画でその活躍を見てみてはいかがでしょうか。

『Flash』の開発、提供が2020年末に終了 [IT・モバイル]

PCのブラウザなどで動画やゲームを扱うために長年使用されてきた『Flash』が、2020年にサポートを終了することが分かりました。

現在では代替機能を持つ規格も登場していることから、今後はFlashを使用しているサイトもこれらに移行する必要があります。

▼動的なサイトに活用
Flashは、現在アドビシステムズが提供している動画・ゲームなどを扱う規格で、ウェブサイトで音を鳴らしたり、動的な表現を加えたりすることができます。

企業や公的機関、著名人のサイトに使用されていることも多く、現在も人気の動画サイトで配信するための技術としても知られています。

皆さんが普段見ているサイトも、Flashが使われているページがあるかもしれません。

▼脆弱性の多さが問題に
しかし、Flashはこれまで広い範囲で使用されてきたために、コンピューター乗っ取りの標的として狙われやすい存在となっており、現在の主要ブラウザではサポートを終了させる方向へ進んでいるようです。

今回、公式でFlashの開発や提供の終了が発表されたのも、セキュリティ上の問題が大きいからと考えられます。

現在ブラウザで動的なサイトを表示する技術には、HTML5などの新しいものが現れており、動画サイトの『YouTube』にもこれが使用されているそうです。

Flashのサポート自体は2020年まで続きますが、各企業のサイトでは早い段階でFlashが消えることになりそうですね。

「エアコンの電気代」数年前のツイートが話題 [くんだりなネタ]

ネットでもたびたび話題になっている「エアコンの電気代」についての情報が、最近改めて注目されています。

近年は夏場の気温が以前よりも上昇する傾向であることから、エアコンをつけっぱなしにするか小まめに消すかが、特に気になるようですね。

▼年々気温は上昇する?
今年の夏は、日本の各地でも記録的な大雨が降り、家屋などにも深刻な打撃を与える災害が多く見られています。

また、気温についても30℃を超える日が多くなり、熱中症などで搬送されるというニュースも頻繁に報じられているようです。

それだけに、エアコンを有効的に使いたいところですが、長時間の使用が電気代の上昇につながるような気もします。

▼エアコンはつけっぱなしが正解か
ネットでも、エアコンの使い方と電気代の関係はよく論争になっているようで、実験した結果をSNSで報告した人もいるそうです。

Twitterで数年前に投稿された記事では、1ヶ月間エアコンを小まめにオンオフした場合と、24時間つけっぱなしにした場合で電気代を比較した結果が確認できます。

それによると、エアコンはつけたままにした方が電気代は安くなるという結論になっていました。

これは、エアコンは室温が高い状態から冷やすときに電気を大きく消費するためと考えられ、環境によって条件は変わると思いますが、一つの参考になりそうです。

これからは、夏場が高温になりやすくなると考えられますので、エアコンを有効に使いたいですね。

ヒアリが福岡、大分で確認 発見が九州に拡大 [国内・地域]

海外で分布し、今年日本でも発見報告が相次ぐヒアリが、九州でも確認されたそうです。

福岡市の博多港では約100匹のヒアリが確認されましたが、すべて処分されたということです。

▼博多港で約100匹のヒアリ
今回、ヒアリが見つかったのは福岡市の博多港で、7月21日に約40匹、その後発見された約130匹のうち、約50匹がヒアリでした。

ヒアリが確認された場所は、中国の広東省から運ばれたコンテナを保管する区域で、移動する際に侵入したとみられています。

これらのヒアリは処分済みで、この中に女王アリや幼虫は確認されなかったそうです。

これまで報告のなかった九州での発見で、ヒアリの分布が拡大しているようにも感じられますね。

▼大分でも発見、中国からの荷物に侵入か
また、大分県中津市の運送業者の敷地でもヒアリが確認されており、こちらは約20匹が見つかっています。

このヒアリも、中国広東省から運ばれたコンテナ内にいたもので、アリの駆除やコンテナの消毒が行われたそうです。

これまで、国内の多くの港でヒアリが見つかっており、メディアでの報道で不安になる人もいると思います。

しかし、ヒアリのアナフィラキシーショックによる死亡例はごくわずかで、対処方法もあるため、見つけた場合は慌てずに自治体などに連絡しましょう。

倉木麻衣さんが『名探偵コナン』の曲でギネス認定 [アニコミ・特撮・声優]

歌手の倉木麻衣さんが、アニメ『名探偵コナン』のテーマソングに関してギネス世界記録を認定されたことが分かりました。

本人のコメントにもありますが、倉木さんの楽曲がギネス記録になったことに驚いた人も多いのではないでしょうか。

▼デビュー曲から高い人気に
倉木麻衣さんは、1999年にデビューしており、1作目のシングル曲が140万枚の売り上げを記録するなど、当初から高い人気のアーティストでした。

リリースしたほとんどの楽曲の作詞をしていますが、作曲については自身で行わず、様々な作曲家やアーティストから提供されたものになっていることが特徴になっています。

アメリカやイギリスなどの留学や、海外での歌手活動経験もあり、自身の曲には海外の人気アーティストから提供されたものも多くあるそうです。

▼『名探偵コナン』テーマ曲で21作品を記録
倉木さんの曲と言えば、アニメ『名探偵コナン』の主題歌として使用されたものが多数存在することでも有名ですが、今回これがギネス記録に認定されました。

記録内容は、「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」で、その数はテレビと映画を合わせて21作にもなるそうです。

アニメでは、2000年の『Secret of my heart』で初めてエンディングテーマとして使用され、今年までの17年間にこれだけ使用され続けたのは快挙と言えます。

また、この21曲をまとめたアルバムも10月25日に発売されるそうですので、改めてこの機会にすべての曲を聴いてみるのもいいかもしれませんね。

歩きスマホへの「当たり屋」に注意 [国内・地域]

最近、都市部を中心に歩きスマホの人を狙った「当たり屋」が出没しているそうです。

歩きスマホの危険性を指摘する行為のようですが、大ケガを負う人も出ていることから、傷害事件となる可能性もあるようです。

▼歩きスマホが大きな問題に
歩きスマホは、歩行者が移動中にスマートフォンを操作する行為で、その最中は注意力が低下する可能性があります。

実際に歩きスマホが原因で、人や物にぶつかったり、転倒や転落することでケガをしたりすることも少なくないそうです。

各キャリアや駅などの公共施設でも歩きスマホをしないよう注意を呼び掛けていますが、その効果は薄いようですね。

▼無用のトラブルを招く「当たり屋」
最近は、このような歩きスマホをする人を狙って体当たりをする人が問題になっています。

神戸市のJR三ノ宮駅では、ホームで歩きスマホをしていた女性が、60代男性に体当たりされたことで転倒し、重傷を負ったそうです。

このような「スマホ当たり屋」は都市部を中心に発生しており、意図的に歩きスマホの人にぶつかっているということです。

当たり屋は、注意喚起の意味を込めて行っているのかもしれませんが、この行為で相手にケガを負わせることはやり過ぎと言えるでしょう。

スマホの利用者とのトラブルの原因にもなりますので、こういった行為は控えてほしいですね。

『MSペイント』廃止される可能性が浮上 [IT・モバイル]

WindowsPCの標準画像加工アプリとして親しまれてきた『ペイント』が、Windows 10のアップデートにより削除される可能性が出てきたそうです。

今年秋のアップデートで非推奨となるリストに入っているためで、今後は新たに登場した『ペイント3D』が後を継ぐものとみられます。

▼シンプルな画像ソフトとして人気
Microsoft ペイントは、Windowsで図形描画を行うためのアプリケーションで、Windows初期のバージョンから搭載されていました。

紙に絵を描くときと同じように図形描画を行うため、他の画像加工ソフトよりできることは限られますが、シンプルな操作であることから、使用したことがあるPCユーザーも多いでしょう。

また、Windowsのバージョンアップとともに機能も進化しており、様々な描画に対応できるようになってきました。

▼今後はWindowsストアで提供か
今回ペイントに廃止の可能性が出てきた理由は、今年秋に行われるWindows 10の大規模アップデートが関係しています。

このアップデートでは、今後削除や開発が終了する可能性のある機能が紹介されており、その中にペイントも含まれているそうです。

発表では、ペイント機能はアップデート後もWindowsストアを通じて提供されるとしていますが、ペイントソフトは今年登場した『ペイント3D』に統合されるようです。

この発表に、PCユーザーからはペイントの廃止を惜しむ声が上がっており、ペイントで作成した「お別れイラスト」を公開している人もいます。

すぐに使えなくなるわけではないようですが、ペイントを使っていた人にとっては残念なお知らせですね。

PCを利用している人は、改めて『ペイント』に触れてみるのもいいかもしれません。

『24時間テレビ』マラソンは継続と発表 [芸能・エンタメ]

今年40回目の放送が予定されている、日本テレビの『24時間テレビ』で、恒例となっているチャリティーマラソンが今回も行われることが分かりました。

今年のマラソンランナーがまだ発表されていないため、一部では企画が変わったと噂されていましたが、今回は誰が走ることになるのでしょうか。

▼番組恒例のチャリティーマラソン
『24時間テレビ』のチャリティーマラソンは、1992年の放送から毎年実施されている企画です。

土曜夜の番組開始にランナーがスタートし、番組中に会場となる日本武道館を目指すというスタイルで行われています。

走行距離はマラソンランナーによって異なりますが、その多くは100km以上で、テレビ番組としてはかなり過酷なものと言えるでしょう。

毎年、ゴールする時間は番組のクライマックスとなるため、高い視聴率を記録する企画でもあります。

▼リレー形式の可能性は?
そのため、今年のチャリティーマラソンランナーについても注目されていましたが、現時点ではまだ発表されていません。

例年であれば5月から6月には発表されていたことから、視聴者からは企画終了も噂されていたようです。

しかし、日本テレビの大久保好男社長が局の定例会見で「マラソンはやります」と発言したことから、今年も継続することが判明しています。

過去のマラソンでは、一般人によるリレー形式で行われたことがありましたが、もしかしたら今年はスタートからゴールまでをこの方式で行うのかもしれません。

いずれにしても、ランナーの負担を軽減するために、早くランナーを発表してほしいですね。

藤井聡太四段にCM依頼、その真相は? [政治・経済]

中学生棋士として話題の藤井聡太四段が、7月24日に行われた対局で、西川慶二七段に勝利しました。

将棋界で活躍中の藤井四段ですが、彼にCMの出演依頼が殺到しているという情報があるそうです。

▼菓子メーカーがCMオファーか?
情報によると、複数の企業が藤井四段にCM出演を申し出ているそうで、特に対局中に食べることがある菓子メーカー3社が打診していると言われています。

将棋界でCM出演した人物といえば、羽生善治三冠がよく知られており、公文式など複数のCMでその姿が見られました。

また、家庭用ゲーム機で羽生三冠が登場する将棋ソフトなども登場しました。

▼本人は「将棋に集中したい」考え
棋士のCM出演については、個人事業主という扱いになることから、決定権などは本人に委ねられるそうです。

藤井四段は現在中学生ということもあり、判断は将棋連盟や家族に相談したうえで決定するのかもしれません。

ただ、本人は将棋で強くなることを目標としているそうで、現在はCMに出演する可能性はないようです。

日本将棋連盟でも、CMの依頼があったことは認めたそうですが、その実現は先のことになりそうです。

それでも、いつかは藤井四段の出演するCMを見てみたいものですね。
前の10件 | -
2017年06月 |2017年07月 |- ブログトップ