So-net無料ブログ作成
検索選択

TDLとTDSの入場客が、7億人を突破 [政治・経済]

日本でも有数のテーマパークである東京ディズニーランドが、本日7億人目となる入場者を迎えたそうです。

この数字は、ディズニーランドとディズニーシーを合わせたもので、近年両施設の年間入園者は毎年3000万人を記録しています。

▼TDLとTDSを合わせたリゾート施設に
東京ディズニーランド(TDL)は、千葉県浦安市にあるテーマパークで、1983年に開園しました。

2001年には、新たなパークとして東京ディズニーシー(TDS)も開園し、以降はこれを合わせた『東京ディズニーリゾート』という呼称も使われるようになっています。

ディズニーキャラクターによるアトラクションも多数あり、2020年にはTDLに『美女と野獣』をテーマにしたものもオープンする予定です。

▼開園34年で入園者7億人に
今回、7億人目のゲストとなったのは、夫や子どもと4人で滋賀県から訪れた女性で、TDLではミッキーマウスなどから祝福を受けたそうです。

7億人目となった彼女には、認定書や2020年まで有効となる特別招待券、『美女と野獣』アトラクションの特別体験券などが贈られました。

東京ディズニーランドの開園から、34年で入園者7億人を突破した東京ディズニーリゾート。

今後も多くの人が訪れるテーマパークになりそうですね。

Twitterの有料サービスが発表、その利用料は [海外・世界]

以前からネットで噂されていた人気SNS、Twitterの有料サービスが正式発表されたそうです。

サービス内容はユーザーのツイートを自動的にプロモーションするというもので、月額99ドルで提供するようです。

▼ツイートすることで自動的に拡散する
アメリカのTwitterが発表した新サービスは、ユーザーがキャンペーンなどを行わなくても、ツイートするだけでこれを自動的にプロモーションするものだそうです。

現在は、ベータ版によってテストユーザーを募集している状況で、ユーザーにはこれに参加する方法を案内するメールが送られています。

サービスを希望するユーザーは、メールで紹介された登録フォームで申し込み、決められた日からサービスを利用できるとみられます。

▼1ヶ月1万円のサービス、その利用者は?
このサービスを利用すると、ユーザーがツイートした記事から自動的に一部が選ばれて、多くの人から見られるようにプロデュースされるということです。

プロモーションされるユーザーには、位置情報などの共通点があるユーザーが選ばれるため、ユーザーによってはフォロワーの拡大が期待できそうです。

その利用料金は月額99ドルと、日本円で約1万円ということですが、あまり万人向けという金額ではないため、どのようなユーザーが利用するのか気になります。

現在このサービスはアメリカでテストされているようですが、日本でも同様のサービスが始まるかにも注目したいです。

大阪のプロボクサーが飲酒運転で送検に [スポーツ・競技]

先日、大阪府の繁華街ミナミで、プロボクサーの男性が飲酒運転により逮捕される事件がありました。

今回、この男性が送検されたそうですが、その容疑は酒気帯び運転より重いものになりました。

▼飲酒運転で追突事故
これは、大阪府出身のプロボクサー京口竜人容疑者が、酒に酔った状態で自動車を運転し、追突事故を起こしたものです。

この事故で、京口容疑者の車に追突されたタクシーの男性運転手が首に軽傷を負っており、京口容疑者は道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕されました。

7月31日に京口容疑者は送検されましたが、この事故での容疑は道交法違反よりも重い、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)に切り替えられています。

▼2回目の逮捕で復帰は絶望的か
京口容疑者は、デビューした2011年にフェザー級全日本新人王になるなどの活躍を見せ、将来を期待されていました。

一時期は、そのファイトスタイルから「辰吉二世」とボクシングファンから呼ばれたこともあったそうです。

しかし、2015年には傷害事件を起こしたことで逮捕されており、所属事務を移し、再起をかけていたところでした。

1度目の逮捕では、「環境を変えて第2のスタートとして頑張りたい」とコメントしていただけに、今後の動向が気になります。

『スマステ』の9月終了が決定、後枠は連続ドラマ [芸能・エンタメ]

元SMAPの香取慎吾さん司会の情報バラエティ番組『SmaSTATION!!』が、9月に放送終了となることが決定したそうです。

番組終了については、以前から内定していたという話も出ていましたが、16年続いた番組が終わるのは残念ですね。

▼元SMAPの番組、多くは継続に
アイドルグループSMAPが昨年解散し、今年9月には元メンバーの3人がジャニーズ事務所を退所することから、彼らの出演するテレビ番組の存続が注目されていました。

その中で、稲垣吾郎さんの『ゴロウ・デラックス』、草なぎ剛さんの『ぷっすま』、香取さんの『おじゃMAP!!』は、彼らの出演と番組の存続が決まったそうです。

草なぎさんは、NHKの紀行バラエティ番組『ブラタモリ』のナレーションを務めていますが、こちらも続けるということです。

▼生放送という形態ゆえの終了か
しかし、香取さんがMCを担当する『スマステ』だけは9月までで放送が終了するそうです。

その理由は、香取さんの事務所退所後の活動が不透明であることや、他の番組と異なり生放送であることも関係しているようです。

『スマステ』の終了後、10月からは同枠で連続ドラマが放送されることになるようですが、近日中には詳細が発表されるそうです。

番組を支持するファンも多く、以前番組終了が報じられたときにも、その存続を求める声が殺到した『スマステ』。

新しいドラマも気になりますが、香取さんの今後の活動にも注目したいですね。

沖縄の竹富診療所、観光客の過剰な要求に苦言 [国内・地域]

沖縄県の南東にある竹富島の診療所で、観光客が過剰な要求をしていることが問題視されています。

診療所で勤務する医師は、「観光客は大切だが、安易な急診は控えてほしい」と呼び掛けているそうです。

▼離島の小さな診療所で
竹富診療所は、沖縄県の石垣島の南東に位置する竹富島にある医療施設で、医師と看護師、事務職員の3人で運営されています。

小規模ながら、島の人達にとっては唯一の医療施設であり、なくてはならない場所となっています。

しかし、年間約50万人の観光客が訪れることから、最近一部の人による過剰な要求に、診療所も困惑しているようです。

▼観光客の過大な要求が問題に
このことは、診療所のFacebookでも確認することができ、そこでは観光客が様々な要求をしていることが分かります。

その中には、船のチャーターやヘリを求める、専門医や薬剤師がいないことへの苦情など、診療所では対処が難しいものもあるようです。

診療所では、「離島診療所は、限られた医療資源の中で提供を行っている」と説明しており、観光客へ理解を求めているそうです。

無理な要求をする人は、増えている傾向もあるそうですが、観光する人は普段過ごしている場所との違いを分かってほしいですね。

島の診療所は、第一に島に住む人のための施設であると考え、軽症の場合は急診を控える心遣いをしましょう。

森永のアイス『ダブルソーダ』が販売終了に [政治・経済]

森永乳業が販売していたアイス商品の『ダブルソーダ』が、今年の春に終売していたことが分かりました。

1983年から発売されていたロングセラー商品の販売終了に、ネットでは多くの人が反応しているようです。

▼34年のロングセラー商品
ダブルソーダは、森永乳業が販売したアイス商品で、1つの商品に2本の棒が付いており、中央から半分に割ることができるのが特徴でした。

2本に分けたアイスを2人分として食べられるというアイデアは、当時としてはユニークな発想だったのではないでしょうか。

これまで34年間も販売されてきた商品で、子どものころから親しんでいた人も少なくないでしょう。

アイスバーの代表的な存在だっただけに、販売が終了していたことは意外でした。

▼2017年春に販売終了していた
今回のダブルソーダ販売終了は、アイス評論家の方がTwitterで発表したことで、多くの人が知ることとなりました。

森永乳業によると、ダブルソーダの販売量が減少したことを理由に、今年の春で販売を終了したということです。

このツイートには、ネットでも大きな反響があり、そのほとんどが販売終了を惜しむものになっています。

ソーダ味のアイス自体は今後も別な形で残っていくと思いますが、あの独特のスタイルがなくなるのは寂しい気がしますね。

『コードギアス』劇場3部作のタイトルが公開 [アニコミ・特撮・声優]

テレビアニメなど様々なジャンルで展開し、人気となった『コードギアス 反逆のルルージュ』が劇場3部作として公開されるそうです。

今回、その3タイトルの公開時期などが発表されたほか、これを記念したテレビシリーズの再放送も決定したそうです。

▼テレビ、外伝の劇場作品などで話題に
『コードギアス 反逆のルルーシュ』は、2006年10月に放送されたテレビアニメ作品です。

当初は放送するネット局が10局でしたが、その人気から、他の地域でも放送が始まるようになりました。

また、第2期となる『R2』は全国ネットで放送されたほか、外伝となるアニメ作品も劇場公開されてきました。

▼テレビシリーズの映画化と再放送
今回の劇場版は、テレビシリーズ1期と2期を再構成したもので、新規にアフレコを行ったほか、新作のカットもあるそうです。

それぞれの上映時期は、第1部『興道』が10月21日、第2部『叛道』が2018年2月、第3部『皇道』が2018年5月に予定されています。

これらの公開を記念して、衛星放送のBS11ではテレビシリーズ全50話の放送も始まるそうです。

放送は10月1日から2話連続でスタートするそうですので、ファンの方はこちらもチェックしておきましょう。

また、劇場3部作の後にはテレビシリーズの続編『復活のルルーシュ』も企画されているため、こちらの情報にも今後期待したいですね。

ニンテンドースイッチの抽選販売に不正疑惑? [ゲーム・ソーシャル]

任天堂の新型ゲーム機で、現在入手困難となっている『ニンテンドースイッチ』ですが、最近は抽選販売で対応する店舗も出ています。

しかし、先日ビックカメラの店舗で行われた抽選販売に関して、当選した番号から不正があったのではないかという疑惑の声が上がっているそうです。

▼転売などで品薄が続くスイッチ
ニンテンドースイッチは、今年3月の発売開始から人気が続いており、現在もその本体の入手は困難な状況が続いています。

メーカーの発表でも増産を行っていることは確かなようですが、転売目当てでの購入者の存在などから、購入を希望するユーザーに行き渡っていないのが現状です。

そのため、各販売店では商品をできるだけ多くの人に提供できるよう、抽選販売を行う所もあるようです。

▼抽選販売に不正疑惑浮上
家電量販店ビックカメラの水戸駅店でも、先日スイッチの抽選販売があったそうですが、その番号に不正の疑いが出ているそうです。

あるTwitterユーザーが知人と並んで抽選に参加した際、受け取った番号が179番と181番だったそうで、結果は間の180番が当選していたことから騒動になっているようです。

その後、店舗からは「不手際により一部の番号が欠落しており、それが当選番号になった」という説明が発表されています。

仮にこれが事実だったとしても、抽選に参加した人は納得しづらいことでしょうね。

今回の件で、ビックカメラの公式Twitterは炎上したそうですが、このような混乱を避けるためにも抽選番号は数字以外の文字も使用し、配布するときにもその順番が想像できないようなものにするなどの対策をしてほしいですね。

iPod nanoとiPod shuffleが販売終了に [IT・モバイル]

Appleの携帯音楽プレーヤーとして販売されているiPodのラインナップから、iPod nanoとiPod shuffleが消えるようです。

現在、Appleのサイトではこれらの製品の紹介はなくなっており、今後シリーズはiPod touchに集約されるとみられます。

▼iPodの2種が販売終了に
iPodは、Appleが開発・販売している携帯型の音楽プレーヤーで、現在はバリエーションとしてtouch、shuffle、nanoの3種類があります。

iPodシリーズの上位モデルであるtouchは、音楽プレーヤーとしての用途以外にブラウザをはじめとするアプリケーションも使え、iPhoneに近い仕様になっています。

shuffleやnanoは、音楽再生に特化した仕様になっており、手軽でコンパクトな本体が人気でした。

▼現在店頭販売分で終了か
今回のshuffle、nanoの販売終了は、7月28日時点でAppleでの購入ができなくなったことや、製品情報が削除されたことなどにより判明しました。

これらの終了についてはAppleも認めているというニュースも出ており、購入できるのは現在ネットや販売店で扱われている製品がすべてとなるようです。

shuffleやnanoは、多くのユーザーも存在しますが、新たに始まった音楽ストリーミングサービスの『Apple Music』に対応していないという難点もあります。

今後iPodシリーズはtouchによって続くことになりますが、いずれはこれもiPhoneに一本化されるかもしれませんね。

これからiPod shuffleやnanoを購入したいという方は、ネットショップや各販売店で売り切れる前に入手しておきましょう。

J・ビーバーさんがパパラッチをひく事故 [海外・世界]

カナダ出身のミュージシャンで、日本でも多くのファンを持つジャスティン・ビーバーさんが、自身の運転する車で人をはねる事故を起こしたそうです。

被害に遭ったのはビーバーさんを撮影するために集まっていたパパラッチの1人で、この事故により軽傷を負っています。

▼日本でも人気のミュージシャン
ジャスティン・ビーバーさんはカナダのポップミュージシャンで、元々はYouTubeで活動していたそうです。

その後デビュー作となる『My World』のヒットにより、世界的な支持を受けるミュージシャンとなり、彼の楽曲は日本でもヒットしています。

また、日本では2016年に流行した『PPAP』がYouTubeで公開された際に、ビーバーさんが自身のTwitterでお気に入りと発言したことから、この曲が世界的に知られるきっかけを作った人物としても有名になっています。

▼パパラッチを車でひく事故
今回の事故は、アメリカのビバリーヒルズで発生したもので、ビーバーさんが運転するピックアップトラックが誤ってパパラッチの1人をはねています。

ビーバーさんは、事故直後から現場で被害者の男性を介抱したり、警察の捜査に協力したりしたそうです。

この事故で、ビーバーさんは警察から事情聴取を受けましたが、逮捕される事態にはならなかったようです。

被害者のケガも軽傷ということですが、ビーバーさんは過去にパパラッチから逃げるために行った暴走運転で、違反切符を切られるなどのトラブルも起こしています。

このようなトラブルが再び起こらないことを祈りたいですね。