So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス首相がタバコを1箱1300円にする計画発表 [海外・世界]

フランスのエドゥアール・フィリップ首相が、国内でのタバコの価格を1箱1300円にする計画を発表したそうです。

現在の価格は約900円ですが、世界でも屈指の高額販売国での値上げが、他国へ与える影響も気になるところです。

▼海外ではタバコが1箱1000円以上の国も
世界各国のタバコの価格は国によって大きく異なりますが、ヨーロッパの国々では安い価格で購入できる所は少ないようです。

特にイギリスやアイルランドは高く、1箱のタバコが日本円にして1000円以上で販売されているそうです。

フランスでの現在の価格は約900円ですが、首相が値上げを計画する理由はどこにあるのでしょうか。

▼人口の約3分の1が喫煙者のフランス
調べたところ、フランスでは喫煙者の数が1600万人いると言われており、これは15歳から85歳までの人口の3分の1に相当する数だそうです。

決して安くはないタバコが多くの人に使用されているという事実が、さらなる価格の値上げにつながったのかもしれません。

フランスでは、2016年にタバコのパッケージに健康被害を警告する画像を導入していますが、値上げが実現すれば喫煙者も減少しそうです。

日本の場合、タバコの価格は現在300円台から400円台の物が多いですが、いずれはこれも海外と同じくらいまで上がるかもしれませんね。

扇風機やエアコンによる火災に注意、古い機器の発火など [政治・経済]

製品評価技術基盤機構(NITE)が、扇風機やエアコンを原因とする火災の5年間の件数をまとめています。

それによると、2015年度までに349件の火災が発生しており、古い扇風機の使用やエアコン利用時の不備が発火につながる例が多いということです。

▼電化製品の事故に多い「火災」
現在は、梅雨明けを迎えて気温が上昇する時期のため、扇風機やエアコンを使用する機会も増えてきます。

NITEによると、2015年度までの5年で扇風機やエアコンによる事故は570件あったそうですが、その半数以上は火災だったそうです。

これらの火災は、それぞれの機器が発火したことで発生しており、内部や電源プラグが燃えることがきっかけになっています。

▼機器の確認と適切な利用
通常の使用で扇風機やエアコンが発火することはありませんが、長期間使用された扇風機の内部で配線が切れたことで出火につながる場合もあります。

また、エアコンでの火災については、電源プラグを延長コードにつなぐなど、正規の使い方をしなかったことや、内部を洗浄したときに液が基盤にかかることなどが発火原因となった例も報告されています。

これらの火災を防ぐためには、使用する機器のコードなどに異常がないか確認すること、エアコンの洗浄は専門の業者に依頼することが重要です。

今年の夏も暑い日が多くなりそうですが、扇風機やエアコンを正しく使って乗り切りたいですね。

迷惑な予約キャンセル客DBサイトが話題 [IT・モバイル]

最近、飲食店の方が突然の予約キャンセルについて、SNSで報告しているのをよく見かけます。

キャンセルは業界にとって深刻な問題となっており、対策として番号をリスト化する『予約キャンセルデータベース』というサイトが登場したそうです。

▼突然の予約キャンセルが飲食店に大ダメージ
近年、様々な飲食店では、電話で予約をしていたのにもかかわらず直前にキャンセルする行為が問題になっているそうです。

TwitterなどのSNSでは飲食店の関係者などが、この件について生じた損害などについて投稿しています。

飲食店では、予約客のために用意した食材が無駄になるほか、その時間帯に別の客を入れられないこともあるため、キャンセルは店にとっても苦しいことになります。

また、予約の当日にキャンセルしたり、無断でキャンセルしたりする例もあるそうで、お店には相当なダメージとなるそうです。

▼迷惑な電話番号をデータベース化
こういった突然の予約キャンセルをなくすために開設された『予約キャンセルデータベース』というサイトが、最近話題となっています。

サイトは、飲食店の経営者などを対象にしており、指定されたメール宛に連絡することでサービスを利用できるそうです。

ここでは、大人数の予約をした後で予約キャンセルをした人の電話番号が登録されているようです。

サイトに登録されている電話番号は不可逆暗号化されているため、運営側がこれらの番号を知ることはできない仕組みになっています。

運営側は、キャンセル問題が続くことで飲食店がなくなることを危惧してこのサイトを開設したということですが、これで問題が解消に向かうことを期待したいです。

『スーパーマリオ』新作はゲームオーバーなしに [ゲーム・ソーシャル]

任天堂の人気アクションゲーム『スーパーマリオ』シリーズの新作、『スーパーマリオ オデッセイ』が10月27日に発売されます。

そのゲーム仕様の一部が任天堂によって公開され、『オデッセイ』ではプレイヤーがミスをしてもゲームオーバーにならないことが分かりました。

▼これまでの『スーパーマリオ』
『スーパーマリオ』シリーズは、これまで多くの任天堂ゲーム機タイトルとして発売されていますが、基本的なシステムは共通しています。

プレイヤーはステージを進みながら敵や障害物、穴などをかわしてゴールを目指していくことになります。

ステージは時間制限が設けられていることが多く、時間切れになったり、敵や一部の障害物などに触れたりすることでミスとなり、操作キャラが1人消滅します。

このキャラが全て消滅した時点でゲームオーバーとなるのが、従来のスタイルでした。

▼『オデッセイ』ではゲームオーバーなしに
しかし、新作の『オデッセイ』ではこのルールが大きく変更するということです。

『スーパーマリオ』では、ステージの中の色々な場所で「コイン」のアイテムを獲得することででき、これが一定数になることでキャラを1人増やせる「1UP」制度があります。

『オデッセイ』の場合、プレイヤーキャラが1回ミスするたびに持っているコインが10枚減り、ゲームが続行できるそうです。

仮にコインが9枚以下のときでも、ゲームオーバーにはならないということですので、昔のシリーズよりもやや難度が下がったのかもしれません。

過去の発表で、『オデッセイ』ではこのコインを使ってゲーム内で買い物をする要素があることから、『スーパーマリオ』にも大きな変化となりそうです。

ニンテンドースイッチの『スーパーマリオ』作品として注目度が高いタイトルですので、ぜひ多くのユーザーがプレイできるよう、本体の品薄状態も解消してほしいですね。

サークルK、サンクス、Tポイントが使用可能に [政治・経済]

2016年に経営統合したユニー・ファミリーマートホールディングスが、利用者に提供するポイントサービスを一本化することを発表しました。

8月1日からは、サークルKやサンクスでもTポイントにサービスを統一し、これまで提供していた楽天スーパーポイントは9月末で終了するそうです。

▼ファミマとポイントサービスを統一に
サークルKサンクスは、独自のチェーン店を展開していましたが、昨年コンビニエンスストア大手のファミリーマートに吸収合併されています。

現在、既存の店舗についてはファミリーマートへのブランド転換が進められており、全国に4000店ほどあるサークルKとサンクスも、これから段階的に変わっていく予定です。

Tポイントの採用も、これによるポイントサービスの統一を図るために行われるようですね。

▼楽天ポイントカードは9月まで
現在のコンビニ大手である、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートではそれぞれ異なるポイントサービスを展開しています。

サークルKサンクスは、2014年から利用者に対して楽天スーパーポイントのサービスを提供してきましたが、今回Tポイントに統一することでサービスの強化が図られるようです。

サークルKとサンクスでのTポイントサービスは、8月から9月まではポイントの付与と利用が行われ、10月以降にファミマTカード割引などのサービスにも対応するということです。

9月まででサークルKとサンクスでの楽天ポイントカード利用はできなくなるそうですので、これらの店舗を利用している方はご注意ください。

ツール・ド・フランス、ペテル・サガン選手が失格に [スポーツ・競技]

世界的に知られる自転車プロロードレースの『ツール・ド・フランス』の第4ステージが、7月4日に行われました。

このレースには、世界王者のペテル・サガン選手が出場していましたが、ゴール直前に発生したクラッシュで他選手を危険にさらしたとして、失格になっています。

▼ツール・ド・フランスとは
ツール・ド・フランスは、毎年7月に開催される自転車レースで、その名前が「フランス一周」を意味するように、フランスやその周辺国がコースとなっています。

レースは23日間の日程で行われ、そのコースの距離は約3300kmで高低差が2000m以上ある起伏に富んだ道で勝負が繰り広げられます。

総合成績1位となった選手には「マイヨ・ジョーヌ」という黄色いジャージが与えられ、他の各賞にも特別なジャージが与えられるレースとして知られているそうです。

▼世界王者サガン選手が失格に
今年のツール・ド・フランスでは、世界王者のペテル・サガン選手が注目されており、第4ステージでもトップ争いに加わっていました。

しかし、ゴール1km前でクラッシュが発生し、それをかわした選手による争いで、サガン選手の肘がイギリスのマーク・カベンディッシュ選手に当たるというトラブルがありました。

これにより、カベンディッシュ選手はリタイアを余儀なくされ、2位でゴールしたサガン選手はこの行為が原因で失格となったそうです。

現時点での総合1位はイギリスのゲラント・トーマス選手ですが、今後の展開にも注目したいですね。