So-net無料ブログ作成

産経新聞のPDF号外で偽物投稿、法的措置検討 [政治・経済]

産経新聞社が発行するPDF号外を装った、偽の号外がTwitterに投稿されていたことが分かりました。

同社では、ツイッター社に投稿記事の削除を求めるとともに、法的措置も検討しているそうです。

▼号外とは
号外は、新聞記事の中で突然発生した事件や事故、スポーツなど、世間の関心が高いニュースを伝えるために緊急に発行される新聞です。

該当などで配られることが多く、特定の話題だけを伝えるもののため、ページは少数になることがほとんどです。

通常、無料で配布されますが、入手できるタイミングが限られることから、号外をコレクションの対象にする人もいるようです。

▼偽号外で「安倍夫妻逮捕」と投稿
今回騒動になっているのは、産経新聞がネット向けに発行するPDF号外のレイアウトを使い、偽の号外がTwitterで投稿されたものです。

元のPDF号外は「森友学園の籠池前理事長夫妻逮捕」を報じたものですが、これを加工して安倍晋三首相夫妻が逮捕されたように改変したものがネットに公開されたそうです。

この投稿を見たユーザーの報告によって、事態が発覚し、現在産経新聞社では悪質な偽の号外に対する法的措置を検討しているということです。

ネットでは、一部の人による安倍首相を批判する意見を見かけることもありますが、この偽号外は明らかにやり過ぎでしょう。

偽号外の犯人が早急に判明することを望みたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

「睡眠薬遊び」で少年の車が暴走する事故に [国内・地域]

先月、大阪府堺市で少年が運転する自動車が暴走し、フェンスに衝突するという事故がありました。

事故当時、車内にいた2人の男性は睡眠薬を服用した状態で、現在若者の間で蔓延する「睡眠薬遊び」が事故につながったとみられています。

▼気分高揚のために睡眠薬を使う?
この事故は、7月14日に堺市東区の路上で発生したもので、少年が運転する自動車が金網のフェンスに衝突しました。

幸い、車内にいた2人はケガをしていなかったそうですが、助手席の19歳男性は一時的に意識がもうろうする状態であったことから、病院に搬送されました。

自動車を運転していた18歳の少年は、警察に対して「睡眠薬を飲んで運転した」と説明し、気分を高揚させる目的で服用したことが確認されたそうです。

▼薬物乱用の危険がある「睡眠薬遊び」
このように向精神薬に該当する睡眠薬を使い、興奮状態になる目的で使用する例が若い人の間で蔓延しているそうです。

これらの行為は「睡眠薬遊び」「眠剤遊び」などと呼ばれ、乱用薬物のように使われています。

通常、睡眠薬は眠気を誘うものですが、錠剤などを粉々にして飲んだ場合は興奮状態になることもあるそうです。

しかし、このような服用は依存の危険があるだけでなく、認知機能の低下や筋肉の緩みによる負傷の危険もあります。

正しい用法を無視した睡眠薬の服用は危険ですので、無闇に行わないよう注意しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

奥浪鏡選手、オリックスから契約解除に [スポーツ・競技]

プロ野球パ・リーグのオリックス・バファローズで内野手として活動していた奥浪鏡選手が、球団から契約を解除されたそうです。

奥浪選手は、今年5月にスピード違反で免許停止になった後、人身事故を起こして謹慎処分を受けていました。

▼オリックスのウエスタンリーグなどで活躍
奥浪選手は、広島県呉市出身のプロ野球選手で、春夏の甲子園出場経験はありませんが、高校時代は対外試合で71本のホームランを記録するなどの活躍を見せました。

2013年にオリックス・バファローズに入団し、プロ野球二軍のウエスタンリーグで活躍したほか、2016年には一軍の公式戦15試合に出場しています。

体は大柄ですが、俊足であり、これからの活躍が期待されていた選手と言えるでしょう。

▼免許停止を球団に報告せず
奥浪選手が人身事故を起こしたのは今年5月22日のことで、自家用車を運転中にバイクと接触し、乗っていた2人に軽傷を負わせています。

しかし、このとき奥浪選手は数日前にスピード違反による免許停止処分中で、これを球団側にも報告していなかったことが問題となりました。

これにより、球団は奥浪選手を無期限の謹慎処分にし、今シーズン終了後に戦力外通告する予定になっていたそうです。

奥浪選手は、これに対して「次の人生に向けて早く準備したい」という意向を示し、球団はこれを踏まえて契約解除を決めたようです。

世間の評価は厳しいものになると思いますが、奥浪選手の再起に期待したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

はじめしゃちょーさん、PC天ぷら動画で批判殺到 [国内・地域]

人気YouTuberとして知られるはじめしゃちょーさんが、最近投稿した動画により多くの人から非難されているそうです。

他のYouTuberのPCを天ぷらにするという内容で、物を無駄にしたことや火事の危険がある行為に批判が集まっているようです。

▼配信する動画が人気、騒動になることも
はじめしゃちょーさんは、2012年からYouTubeでの動画投稿を始めており、現在は日本でも有名なYouTuberの1人になっています。

投稿する動画は、多くのファンによって支持されていますが、これまで「ニベアクリームでお風呂」や「アメリカ留学ドッキリ」「ゴルフクラブ紹介でクラブを折る」など、騒動を引き起こした例もありました。

ゴルフクラブの騒動後、はじめしゃちょーさんは活動休止を宣言していましたが、今年5月にはYouTubeに復帰していたそうです。

▼PC天ぷら動画の危険性は
今回騒動となった動画は、はじめしゃちょーさんが知り合いのYouTuberのPCを天ぷらにするというドッキリ企画を投稿したものです。

企画の意図は、「私物のPCを油で揚げられたときに人はどう反応するのか」ということで、天ぷらに使用されたPCはジャンク品にすり替えられたものでした。

動画は、ターゲットのYouTuberが激怒する結果で終わったそうですが、この内容にはネットでも批判のコメントが多く出たようです。

食べられない物に使った卵などの材料を無駄にしたことも理由の1つですが、特に指摘が多かったのは火事の危険性についてのように感じられます。

ドッキリで使用したPCはバッテリーや中の機器は抜き取っていたと思いますが、もし他の人が真似した場合、大きな事故につながる危険は否定できません。

YouTuberのファンには小さな子どもも多いそうですので、それに配慮した動画作りが必要なのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

トクホなど健康食品で肝障害?注意呼びかけ [政治・経済]

国民生活センターが、トクホ(特定保健用食品)などの健康食品の摂取で、体質によって肝障害を起こす可能性があると注意喚起したそうです。

これは、薬物性肝障害と呼ばれる副作用によるもので、発症例は少ないものの、死に至るケースもあるため、服用して症状が出た場合は注意が必要です。

▼トクホとは
健康食品の中でも、安全性や有効性などが国の設定する基準を満たした食品を保健機能食品と言います。

トクホ(特定保健用食品)は、この保健機能食品のうち、実験データに基づく審査を受け、効能効果の表示を日本政府から認可された食品のことを指します。

認可された商品についている、トクホのマークを見たことがある方も少なくないかと思います。

トクホの商品は、「~が気になる方に」といった効果を表示できるため、CMなどでこのフレーズを使用しているものもあるようです。

▼アレルギーや持病のある場合は注意を
しかし、このトクホの食品を摂取することで、人によっては重い肝障害の症状が発生する可能性があると言われています。

国民生活センターによると、2014年から2017年7月までの間に、健康食品による薬物性肝障害と診断された事例は9件あったそうです。

この肝障害は、アレルギーや肝臓疾患のある人に起きやすく、人の体質が関係しているということです。

健康食品は体を改善するために服用するものですが、持病のある人や様々なアレルギーを持つ人には有害となることもあります。

トクホの商品を利用するときには、自身が服用している薬などとの併用に気を付け、異常を感じるときにはすぐに医療機関に相談しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

都民ファ、子どものいる家は禁煙の条例案 [政治・経済]

東京都で活動する地域政党、都民ファーストの会が、子どもの受動喫煙を防ぐための条例案を提出する方針であることが分かりました。

条例案の内容は、子どもがいる自宅や自家用車の中などでの環境で禁煙を促すもので、喫煙者にとっては厳しい条例となりそうです。

▼都民ファーストの会の公約に
都民ファーストの会は、小池百合子東京都知事を支援する議員らによる政治団体として、昨年9月に発足した地域政党です。

2017年の東京都議会議員選挙では、公認候補50人を擁立し、投開票では49人が当選するという結果を出しています。

受動喫煙防止条例の制定は、都民ファーストの会が都議選のマニフェストの1つとして発表しており、今回の条例案はこれを実現するためのものと思われます。

▼家庭に干渉する条例案に問題は?
今回提出する方針になっている条例案は、子どもの受動喫煙を防ぐ内容になっています。

条例案で示された禁煙場所は、子どもがいる自宅や自家用車の中、子どもの通学路などで、罰則は設けず、努力義務を課すことを検討しているそうです。

都議会は、小池都知事を指示する勢力が多いことから、提出によって条例案が可決される確率は高いようです。

現在の喫煙者は、タバコの価格や喫煙場所の制限など、すでに多くの制約を強いられています。

家庭内の喫煙にまで干渉する条例には、都民からの反発もあるのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)