So-net無料ブログ作成

DAZNがブンデスリーガ2017-18の独占配信を発表 [スポーツ・競技]

スポーツ専門の映像配信を行うサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、今年8月に開幕するドイツのプロサッカーリーグ『ブンデスリーガ』の独占配信を発表しています。

DAZNでの配信は昨シーズンから続くものになり、日本人選手が多数活躍するリーグの放送に注目が集まりそうです。

▼ブンデスリーガとは
ブンデスリーガはドイツのプロサッカーリーグで、1部から3部まである合計56のクラブで構成されています。

観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグで、日本人の選手も多く所属しています。

主なものとしては、フランクフルトの長谷部誠選手、ドルトムントの香川真司選手、シャルケ04の内田篤人選手などが挙げられ、日本のサッカーファンにとっては注目すべきリーグと言えるでしょう。

▼欧州サッカーを網羅するDAZN
DAZNは、今年から10年間Jリーグの放映権を獲得したことで話題となり、現在多くの日本ユーザーを獲得しています。

ブンデスリーガの放映も昨シーズンより行っており、その他イタリアのセリエAなど、欧州の様々なリーグのほとんどを網羅しているようです。

8月から12月、1月から5月の前後半戦で行われるブンデスリーガ。

日本のJリーグも人気ですが、もうすぐ開幕するブンデスリーガにも注目したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

神戸市議の不倫騒動で余波、上原みなみさんが訴え [政治・経済]

先日、騒動となっていた今井絵理子議員と橋本健神戸市議の不倫騒動の余波が、他の人にまで影響を与えているそうです。

元神戸市議で、気象予報士の上原みなみさんは、この騒動で橋本市議の妻に間違われるなどのトラブルに遭っており、今回のメディアの報道に苦言を呈しています。

▼神戸市議を務めた気象予報士
上原みなみさんは2001年に気象予報士試験に合格し、サンテレビの『ニュースEyeランド』でお天気キャスターを務めていました。

2011年の神戸市議会議員選挙に出馬、当選し、2015年まで市議会に在任しましたが、2期目は落選しています。

その後はオリジナルデザインの商品を企画製造するサイトでのネット通販行ったこともあり、これからは気象予報士の資格を活かした仕事を行う方向のようです。

▼不倫騒動の余波に苦言
その上原さんが、不倫騒動に巻き込まれたのは、彼女が元神戸市議で橋本市議と友人関係であったことが関係しているそうです。

上原さんは、今回の騒動について、自身のブログでそのことに触れており、関係のないことで自分が取り上げられたことに憤りを覚えていることが感じられます。

特に、自身が橋下市議の妻に間違われたことでは、「偽物」と紹介されたこともあったそうで、「偽物ではなく別人です」と、訴えるコメントもありました。

議員のスキャンダルということで、メディアの報道も過熱することがあると思いますが、無関係の人を取り上げるようなミスは起こらないようにしてほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

「歩きスマホ」と女性に因縁、男性が逮捕に [国内・地域]

東京都町田市で、通行人の女性に「歩きスマホをしていた」などと因縁をつけて、恫喝などをした男性が逮捕されました。

男性は、女性の歩きスマホを注意したという供述をしていますが、女性を脅すような行為があり、暴行や恐喝の疑いもあるそうです。

▼「歩きスマホ」と因縁をつける行為
この事件は、8月3日に町田市の路上を自転車で走行中だった50代男性が、スマートフォンで音楽を聴きながら歩く30代の女性と口論になったものです。

男性の供述では、「自分の前を女性が横切ってぶつかりそうになったため、注意した」ということですが、その時の行動に問題があったようです。

調べによると、この男性は女性に「歩きスマホをしていた」と因縁をつけたり、尻を蹴ったりした疑いがあるということです。

その際、男性は「自分は組の者だ」などという発言もあったようで、単なる注意ではなかったようですね。

▼イヤホンの利用中も周りに注意を
今回の騒動は極端な例だと思いますが、歩きスマホに関連したトラブルは現在増えているようです。

歩きながらスマホの画面に注意していることから、他の人や車にぶつかる事故は特に多く、歩行中のスマホ使用は避けるべきでしょう。

また、歩きスマホをしている人にわざとぶつかり、金銭を要求する例も見つかっており、大きなトラブルに巻き込まれる可能性もあるそうです。

今回の事件のように、イヤホンで音楽を聴く場合でも、歩くときには周囲に十分注意するよう心掛けたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

種田梨沙さんが仕事復帰、『食戟のソーマ』は降板に [アニコミ・特撮・声優]

病気療養のために活動休止していた、人気女性声優の種田梨沙さんが、8月4日に事務所公式サイトで仕事を再開したことを発表しています。

しかし、出演作品の1つだった『食戟のソーマ』の薙切えりな役は降板となり、金元寿子さんに交代するということです。

▼昨年9月から喉の治療で休養
種田梨沙さんは、2012年に声優としてテレビアニメに主演して以来、これまで数多くの作品に登場し、人気を集めていました。

しかし、病気療養を理由に昨年9月活動を休止することを発表しており、当時はその病状について説明はされていませんでした。

今月の復帰発表では、「喉の治療の為お休みさせて頂いておりました」という一文があることから、休止の原因が喉に関係していたことが分かっています。

▼えりな役はOVAの金元寿子さんに変更
種田さんがヒロインを演じていたアニメ『食戟のソーマ』は、これまでテレビシリーズ2期までが放送されており、今年秋には第3期となる『餐の皿』が放送予定です。

そのため、ファンからは3期放送とともに種田さんが復帰することが期待されていたようです。

今回のキャスト変更は、テレビシリーズでは収録が長期になることから、体調を考慮した上での決断だったと説明されています。

種田さんが務めていた役を第3期で担当する金元さんは、原作の単行本付属のDVDでも種田さんの代役をしていたそうですので、第3期のアニメにも期待したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

『ドラクエ』PS4と3DSで『I』『II』『III』の配信が決定 [ゲーム・ソーシャル]

先日発売された『ドラゴンクエストXI』のクリア特典として、ナンバリングタイトル1作目の『ドラゴンクエスト』がプレイできることが分かりました。

これは、8月6日に行われたイベント『ドラゴンクエスト夏祭り』の中で発表されたもので、シリーズ初期3作品のダウンロード版が配信されることも決定しています。

▼『ドラクエ11』真エンドクリアで『I』がプレイ可能に
先日、PlayStation4のトロフィーとして『ドラゴンクエスト(無料版)』の情報が出たことが話題となりました。

『夏祭り』では、これが『ドラクエ11』のクリア特典であることが説明されたそうです。

『ドラクエ11』では通常のエンディング以外にある「真のエンディング」でゲームをクリアすると、スタッフロールの中で「ふっかつのじゅもん」が表示されます。

PS4版、3DS版のどちらでも、「ほりい とりや ますぎや まどら くえす とぺぺぺ」と入力することで、それぞれの『初代ドラクエ』がダウンロードできるということです。

ただし、実際にゲームをクリアすることが条件となっているそうですので、ダウンロードしたい人は『ドラクエ11』を購入して真エンドを目指しましょう。

▼「ロト三部作」のダウンロード版配信も決定
また、ナンバリングタイトルの『I』『II』『III』の3作品が、ダウンロード版ソフトとして販売されることも、同イベントで発表されました。

8月10日に『I』が600円+税、『II』が850円+税で配信開始となり、8月末には『III』が1500円+税で配信される予定になっています。

PS4と3DSそれぞれで配信されますが、これにより、3DSでは歴代のナンバリングタイトルが全て1つのハードで遊べることになりますね。

また、PS4ではトロフィーに対応すると思いますので、過去のハードでプレイ済みの方も再度遊びたくなるかもしれません。

イベントでは、『ビルダーズ』や『いただきストリート』の新作情報も出ており、今後の『ドラクエ』シリーズにも注目したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

Chromeのプラグインに乗っ取り行為、不正広告に [IT・モバイル]

Googleの提供するウェブブラウザ『Chrome』のプラグインを乗っ取って、不正に広告を表示する攻撃があったことが分かりました。

これは、ある翻訳プラグインの開発者が攻撃されたもので、不正に書き換えられたプラグインが一時アップロードされていたそうです。

▼プラグインとは
プラグインは、PCなどのコンピュータで動作するアプリケーションソフトに追加して使うことのできる、拡張機能です。

特にウェブブラウザ向けのものは数多く存在しており、Chromeでも様々なプラグインが提供、利用されています。

Chromeの場合は、メニューから「拡張機能」を選ぶことで、現在適用されている機能の確認や新しい機能の追加ができるようになっています。

▼Copyfish利用者はアンインストールが賢明か
今回、不正行為に利用されたプラグインは、『Copyfish』というもので、映像や画像内の文字をテキストに変換し、その文字翻訳することができるそうです。

このプラグインの開発者が、フィッシングメールによって攻撃者にプログラムを改変され、不正なプラグインが一時的にアップロードされていました。

ChromeでCopyfishを利用中の方は、拡張機能から利用を停止または削除した方がいいかもしれません。

今回のように開発者が狙われた場合、正規のサイトで提供されているプラグインでも危険が生じることになります。

全てを予防することは困難ですが、普段使っている機器に異常が感じられた場合は、使用を止めて不審な情報が出ていないか調べるようにしましょう。
nice!(0)  コメント(0)