So-net無料ブログ作成

ケガの危険性が高まる「ビンジ飲酒」に注意 [政治・経済]

大学の研究チームが、「ビンジ飲酒」はそれ以外の飲酒と比較して約25倍のリスクがあることを発表しています。

この飲酒方法は、短時間にアルコールを摂取することから、急性アルコール中毒のほかに様々な危険があると指摘されているそうです。

▼ビンジ飲酒とは
ビンジ飲酒は欧米で生まれた言葉で、短時間に多量の飲酒をすることを指しています。

その基準は、2時間あたりで男性50g、女性40g以上の酒類を摂取することで、これはアルコール5%のビール500ml缶で男性は2.5本、女性は2本分に相当するそうです。

筑波大学や三重大学などによる研究チームの発表では、このビンジ飲酒後に転倒や喧嘩などでケガを負うケースが、通常の飲酒と比べて高くなるということです。

研究チームは、大学生や院生にアンケートを行い、飲酒によってケガをした人の中からビンジ飲酒をした人の数を調査したそうです。

その結果、ビンジ飲酒をした人がそれ以外の人と比較して約25倍ケガをしたことが分かりました。

▼飲み放題でのビンジ飲酒に注意を
ビンジ飲酒になる人が多い理由としては、お酒を出す店で時間単位での飲み放題サービスを提供する所があることなどが考えられます。

この飲酒方法では、急性アルコール中毒になる確率が高くなるほか、急激に運動機能や平衡感覚が低下する危険もあります。

大人であれば飲酒する機会もあるかと思いますが、その飲み方は無理のないものにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ダルビッシュ有選手、テレビの読唇術に苦言 [スポーツ・競技]

アメリカ大リーグのロサンゼルス・ドジャースで活動中のダルビッシュ有選手が、テレビ朝日の番組について苦言を呈したそうです。

この番組では、ダルビッシュ選手の高校時代の試合映像でつぶやいた言葉を読唇術で推測していましたが、その内容に本人が異を唱えています。

▼映像から読唇術で言葉を推測
これは、テレビ朝日系で8月5日に放送された『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』の中で紹介された映像が発端となっています。

番組では、ダルビッシュ選手が2004年に夏の甲子園に出場したときの映像が紹介されていました。

その中で、映像に映ったダルビッシュ選手の顔から読唇術を使って、当時彼が言った言葉を推測するという内容でした。

ダルビッシュ選手の映像では、「最後かな、ドキドキするわ」「クソー 終わらせねぇぞ コレ!」などの発言があったことが伝えられました。

▼本人が読唇術の言葉を否定
しかし、この放送についてダルビッシュ選手は自身のTwitterで、番組で紹介されたことは「絶対言ってないです」と、番組内容を否定しました。

これに関して、テレビ朝日側では「推測した内容が正確でなかった」とし、ダルビッシュ選手に謝罪したと説明しています。

ネットでは、この件について本人に確認していないことを疑問視する声や、10年以上前の発言のため記憶が曖昧である可能性を指摘する声など、様々な意見が出ているようです。

いずれにしても、番組の読唇術は映像から推測しただけの内容であることを視聴者に説明すること、推測した発言が真実であるかのような表現はしないなどの対策が必要ですね。
nice!(0)  コメント(0)