So-net無料ブログ作成
検索選択

蝶野正洋さん、年末番組の「ビンタ」をやめる発言 [芸能・エンタメ]

日本テレビ系の年末年始恒例となっている番組『笑ってはいけない』シリーズで、名物となっているものに、プロレスラー蝶野正洋さんのビンタがあります。

しかし、蝶野さんは先日論争となった事件から「今年はオファーがあってもビンタはしません」と発言しているそうです。

▼番組恒例となった蝶野さんのビンタ
蝶野正洋さんは、『笑ってはいけない』シリーズの2007年の放送回から、ビンタ執行役として番組に登場しています。

通常、番組では様々な企画の中で笑ったレギュラーメンバーが、お尻を叩かれるというのが基本ルールとなっています。

ただし、蝶野さんのビンタはほぼ月亭方正さん専用の罰で、方正さんがビンタを免れるために悪あがきするも、結局ビンタを受けるという流れが恒例になっています。

▼蝶野さんが「今年はビンタなし」と宣言
この蝶野さんによるビンタは、これまで毎年行われてきましたが、今年の年末は見られないかもしれません。

これは、先日ジャズ・トランペット奏者の日野皓正さんがコンサート中に、指導のために中学生をビンタした事件が起こったことが関係しているようです。

蝶野さんは、この事件について「信頼関係があっても、不意打ちでの体罰は暴力」と、日野さんの行為に反対する意志を示しました。

方正さんへのビンタについては、「当たりどころを意識して、危なくないようにしている」とコメントしましたが、日野さんの事件が論争となっていることから、「今年はビンタをしない」という発言もあったそうです。

果たして、今年の『笑ってはいけない』シリーズで蝶野さんのビンタは、本当に見られないのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

ビックカメラが小型家電回収サービスを開始 [政治・経済]

家電量販店のビックカメラが、業界では初めての宅配便を使った小型家電回収サービスを開始しました。

対象となる商品は、PCや電子レンジ、掃除機など400品目以上で、サービスはオンラインショップ『ビックカメラ・ドットコム』で行うそうです。

▼決められたサイズの箱に何点でも
今回、ビックカメラが始めた小型家電回収サービスは、家庭で使わなくなった家電製品を1箱1780円で受け付けるものです。

箱のサイズは3辺の合計が160cm以内で、この箱に入るもので重量が30kg以内であれば商品の点数は問わないそうです。

対象となるエリアも離島以外の全国と広いため、多くの人が利用できるサービスのようですね。

▼手軽に利用できるリサイクルサービスに
このサービスの利用方法は、ユーザーがビックカメラ・ドットコムでサービス利用権を購入し、専用サイトか電話で回収を希望する日時を伝え、梱包することで成立します。

回収は佐川急便が行い、処分についてはリサイクルのノウハウを持つリネットジャパングループが担当するそうです。

不要となった小型家電は、その処分に困ることも少なくないため、このようにまとめて回収してもらえるサービスは便利でいいですね。

料金もお手頃ですので、家電の処分を検討中の方は利用してみてはいかがでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

福島県で大量万引きの『爆盗』続発、外国人関与か [国内・地域]

最近、福島県内でグループによる大量の商品を万引きする行為が続出しているそうです。

この犯行は『爆盗』と呼ばれており、県内の被害額は今年上半期で400万円を超える事態になっています。

▼福島で多発する爆盗とは
爆盗は、万引きの中でも被害金額が1万円を超える大量のものを指す言葉で、複数の人間が高級な商品をバッグなどに詰め込むという手口で行われることが多いそうです。

被害のあった商品は、高級化粧品やサプリメント、健康食品のほか、髭剃りの替え刃、哺乳瓶など多岐にわたっています。

彼らの犯行は、主にドラッグストアやスーパーで行われ、盗んだ品物は海外に送られていると思われます。

▼犯行が関東地方から北上中か
爆盗を行うグループの人物は、防犯カメラや目撃情報などから外国人によるものが多いとみられます。

特にアジア系の人が目立つそうですが、一部では日本人が金を受け取って犯行に加担する例もあるそうです。

今回の犯行は、関東地方で爆盗を行っていたグループが、北上したために福島県での犯行が増加する原因になっているとも考えられます。

福島県警では事件の捜査とともに警戒を強めており、今後の被害防止とグループの摘発が期待されます。

個人でも店舗に大きな損害を与える万引きですが、このようなグループによる犯行は一刻も早く収束してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

都内を走るアドトラック、広告の苦情が増加 [国内・地域]

東京都内などの繁華街では、車体に広告を掲載した『アドトラック』がよく目につくそうです。

最近、都内では風俗店の求人サイトなど、このトラックに掲載する内容に対して苦情の声が増加しており、規制を求める意見も出ています。

▼アドトラックとは
アドトラックは『広告宣伝車』の呼称の一つで、トラックの荷台部分の側面などに大型の広告を掲載した車両を指します。

この車を人の多い繁華街などで走行させることで、通行人に対して様々な宣伝を行っています。

中には、音声や映像を伴った広告が使われることもあり、アーティストの新譜や最新の映画告知などは特に人目を引く効果があるようです。

▼東京都以外で登録したトラックで規制逃れか
近年問題となっているのは風俗店の求人サイトの広告で、苦情の中には「子どもがこの広告で流れる楽曲を真似する」といったものもありました。

東京都には、広告に対するデザインを審査する制度もあるそうですが、現在その審査に通らないような広告を使用しているアドトラックは他県で登録されたものが走っているため、規制を免れているようです。

通常、風俗店の求人情報などは子どもの目に付かない場に掲示することが望ましいため、今後は何らかの方法で規制することも求められそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

大型の太陽フレア発生、今後GPSなどに影響も [海外・世界]

太陽で発生している爆発現象で、様々な物質が放射される「太陽フレア」に、先日大型のものが観測されたそうです。

この太陽フレアで放出されたコロナガスが到達することで、今後地球にも影響が出る可能性があると言われています。

▼太陽フレアとは
太陽フレアは太陽で発生する爆発現象で、太陽面爆発とも呼ばれています。

小規模なものは1日3回ほど起こっているそうで、これにより発生する衝撃波やプラズマ噴出が地球に接近することもあるそうです。

フレアが発生することで、X線やガンマ線、高エネルギー荷電粒子が発生するため、過去には地球上の衛星や無線通信に悪影響を与えたという記録もあります。

▼衛星やGPSなどに影響か?
今回の太陽フレアは、NASAの太陽観測衛星が9月6日に確認したもので、大規模な太陽フレアが2回観測されています。

この太陽フレアによってコロナガスが放出されており、これが9月8日には地球に到達して1週間程度の期間、様々な影響を与えると考えられています。

影響の内容は、通信衛星や放送衛星といった人工衛星の障害、GPSなどの誤差、送電線への影響もあるようです。

個人で対応できる対策はないということですが、今後しばらくは何らかの影響があるかもしれないと考えておくといいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

加熱式たばこ、増税を検討へ [政治・経済]

火を使わないたばことして近年需要が増えている「加熱式たばこ」に、増税の可能性が浮上しているそうです。

紙巻きたばこよりも税率が低く、商品によって税負担に差があることなどから、これらを統一する目的もあるようです。

▼近年、人気が上昇している加熱式たばこ
現在、世界的にもあらゆる場所で禁煙の動きが進んでおり、日本でも喫煙が可能な場所は減少しつつあります。

そんな中、ヴェイプと呼ばれる電子たばこが近年注目されるようになりました。

これらの製品には液体を熱によって霧状にし、たばこのように吸入するスタイルになっています。

日本では、液体を加熱して発生した蒸気をたばこの葉に通すタイプの製品などが販売されており、人気を集めているようです。

▼増税の検討は慎重にするべき
今回の加熱式たばこ増税は、自民党の宮沢税制調査会長が2018年度税制改正で検討する考えを示したものです。

日本で販売されている加熱式たばこは3社から出ていますが、紙巻きたばこよりも税率が低く、税負担も異なっているそうです。

そのため、将来的には紙巻きたばこに近い税金を負担する可能性もありそうです。

現在、健康への悪影響という理由で公共の場での排除が進む紙巻きたばこに代わる製品だけに、増税には慎重になってほしいものです。
nice!(0)  コメント(0)