So-net無料ブログ作成
検索選択
芸能・エンタメ ブログトップ
前の10件 | -

小林麻央さん死去、市川海老蔵さんが報告 [芸能・エンタメ]

フリーアナウンサーの小林麻央さんが、6月22日に亡くなったことが発表されました。

夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは、23日午後に会見を行い、麻央さんのことについて報告しています。

▼姉妹で人気アナウンサーに
小林麻央さんは、2003年からフジテレビの『めざましどようび』でお天気キャスターを務め、以降は様々なニュース番組にキャスターとして出演するようになりました。

また、女優としてテレビドラマや映画に出演した経験もあるほか、バラエティ番組で司会を務めたこともあります。

元TBSで現在フリーアナウンサーの小林麻耶さんを姉に持ち、メディアでも仲の良い姉妹として人気でした。

▼闘病中にブログを357回更新
麻央さんは、2010年に市川海老蔵さんと結婚し、その後長女と長男を出産しています。

しかし、2014年に乳がんの告知を受けており、これまで闘病生活を続けていました。

その様子は、自身が開設したブログによって綴られており、病気のことだけでなく、家族との生活にも触れた記録は多くのファンを生んでいたようです。

ブログでは、今年の5月末には在宅医療に切り替え、家族と過ごしていることを報告していました。

ネットでも麻央さんの回復を願う声が多くありましたが、このような結果となったのは残念です。

小林麻央さんの死に、謹んで哀悼の意を表します。

『FNS27時間テレビ』、大部分が収録放送に [芸能・エンタメ]

フジテレビが毎年放送している『FNS27時間テレビ』で、今年はビートたけしさんが総合司会を担当することが先日発表されました。

今年は、放送時期が9月になるなどの変更点も判明していましたが、これまで生放送で行われていた内容が収録形式になることが新たに分かったそうです。

▼2017年の『27時間』は大幅リニューアルに
『FNS27時間テレビ』は、フジテレビが毎年夏に行う生放送特番として、視聴者に親しまれてきました。

しかし、近年は視聴率で苦戦しており、2016年の放送では最低記録を更新しています。

そのため、今年の放送ではかつて同番組に出演し人気だったたけしさんを総合司会に起用し、番組の内容にも大幅なリニューアルが図られているようです。

さらに、放送時期を例年の7月から9月に変更するということで、その変化が注目されていました。

▼生放送バラエティは消滅に?
今回新たに判明したのはその放送形態で、これまで生放送を軸に行われてきた番組が、今回は事前収録が中心になるようです。

番組の構成案では、『27時間テレビ』の各コーナーの名前が並んでおり、レギュラー番組に加えて今年のテーマである歴史に関係するドラマも放送されるということです。

ただ、それら番組のほとんどは収録となっており、生放送は『めざましテレビ』だけとも言われています。

『27時間テレビ』の見どころと言えば、生放送ゆえのハプニングがありましたが、今年はかなり雰囲気が変わったものになるでしょうね。

木村拓哉さんが追突事故、ケガ人はなし [芸能・エンタメ]

俳優・タレントの木村拓哉さんが、6月20日の夜に自動車で追突事故を起こしたそうです。

この事故によるケガ人は出ていないということですが、先日元SMAPのメンバー3人が事務所を退所するという発表の後だけに、ファンから心配する声も出ているようです。

▼木村さんの車がバイクに追突
この事故は、6月20日の午後4時45分ごろに発生したもので、東京都調布市の交差点近くで木村さんの運転する自動車がバイクに追突したそうです。

事故当時、木村さんのいた車線は赤信号で、信号待ちのために停車していましたが、ブレーキが緩んだことで車体が進み、前にいたバイクに追突したということです。

この衝撃でバイクはさらに前方の乗用車に衝突しましたが、幸いケガはなかったそうです。

▼元SMAPの3人が事務所退所へ
木村さんは、事故発生後警察に連絡し、その後事故処理の指示に従いましたが、事故原因は木村さんが考え事をしていたことのようです。

木村さんは、昨年解散したアイドルグループSMAPのメンバーで、先日メンバーの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さん3人の所属事務所退所が発表されたことが話題になりました。

SMAPの解散についてはネットでも様々な憶測が流れているため、木村さんの「考え事」がこれに関係していると考える人もいるようです。

メンバー3人の契約は今年9月で終了となるそうですが、ファンの人達はまた5人で芸能活動ができる日が来ることを望みたいのかもしれませんね。

『ぼくらの勇気 未満都市』特番に嵐の2人が出演 [芸能・エンタメ]

先日、20年ぶりのスペシャルドラマ放送が発表された『ぼくらの勇気 未満都市』に、嵐の相葉雅紀さんと松本潤さんが出演することが分かりました。

また、これまでビデオカセットのみだった映像ソフトも、Blu-ray、DVD化されるということです。

▼『ぼくらの勇気 未満都市』とは
『ぼくらの勇気 未満都市』は、1997年に日本テレビ系で放送されたテレビドラマです。

主演はアイドルデュオKinki Kidsの堂本剛さんと堂本光一さんで、レギュラー出演者には当時ジャニーズJr.として活動していた相葉さんと松本さんもいました。

物語では、大人が感染すると数時間で死に至る微生物に汚染された地域に隔離された子どもたちが描かれています。

放送当時から若い人から人気のあるドラマでしたが、出演者の不祥事などにより、その後は再放送や映像ソフトの販売は長い間されていませんでした。

▼ドラマ最終回の台詞が現実に
この『未満都市』がスペシャルドラマとして放送されることが先日発表されていましたが、今回このドラマに相葉さんと松本さんも出演するということです。

2人は、『未満都市』の連続ドラマにも当時レギュラー出演しており、当時と同じ役でKinki Kidsとの共演が実現します。

連続ドラマでは、最終回で「20年後、またこの場所で会おう」という台詞があったそうで、これが今回実現することになります。

スペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』は、7月21日に金曜ロードSHOW!特別企画として放送されるので、ぜひチェックしましょう。

『AKB総選挙SP』平均視聴率は13.2% [芸能・エンタメ]

アイドルグループAKB48のシングル選抜総選挙の開票イベントが、6月17日に開催されました。

フジテレビ系列では生中継番組も放送されましたが、平均視聴率は13.2%と過去よりも低いものになったそうです。

▼屋外開催が企画されるも、悪天候で変更に
毎年恒例となっている『AKB48シングル選抜総選挙』は、ファンの投票によって上位に選出された人が、新たなシングル曲の選抜メンバーとなります。

今回の総選挙は、49thシングルに参加するメンバーを選出するもので、開票イベントの会場は沖縄県であることが話題となっていました。

しかし、イベントの会場が豊見城市の海水浴場など屋外で、直前にイベント当日の天候が雷をともなう大雨になるという予報が出たため、これに関連して行われる予定だったイベントが中止になるアクシデントもありました。

▼見どころはあったが、視聴率は低下へ
これらの理由で、今年の開票イベントは屋内に移動し、観客を入れないという状態で行われました。

開票結果は、HKT48の指原莉乃さんが3年連続の1位を獲得し、2位となった渡辺麻友さんが卒業を発表するなどの話題もありました。

さらに、NMB48の須藤梨々花さんが結婚を宣言するという異例の発表もあり、かなり波乱のともなうイベントとなったようです。

フジテレビでは、今年で6年連続の生中継放送となりましたが、平均視聴率は過去最低となりました。

シングル選抜総選挙は今後も行われると思いますが、テレビ中継については一般視聴者が関心を持つための改革が求められそうです。

女優の野際陽子さんが81歳で死去 [芸能・エンタメ]

女優として数多くの作品に出演し、今年放送されたドラマにも登場していた野際陽子さんが、6月13日に亡くなったそうです。

野際さんは、6月24日に公開される映画『いつまた、君と~何日君再来』に出演しており、これが遺作となるということです。

▼アナウンサーから女優へ
野際陽子さんは、大学卒業後にNHKへ入局しており、アナウンサーとして活動していました。

NHKを退職した後に生放送番組『女性専科』の司会者を担当し、以降は女優として活動するようになったそうです。

野際さんが一躍女優として知られるきっかけとなったのは、1968年から5年間放送されたテレビドラマ『キイハンター』で、当時の視聴率が30%を超える人気作となりました。

また、1992年に放送されたドラマ『ずっとあなたが好きだった』では、佐野史郎さんが演じる冬彦の母親役でも注目されたことも印象に残っています。

▼今年放送のドラマにも出演
野際さんについては、2014年に肺がんの治療を受けたことや、翌年に腫瘍摘出手術を受けたことなどが、週刊誌によって昨年報じられていました。

しかし、その後は仕事に復帰しており、現在放送中のテレビ朝日系ドラマ『やすらぎの郷』にも出演しています。

また、映画『いつまた、君と~何日君再来』では、自身と同じ年齢の役を演じたことで話題を集めていました。

多くの作品で母親役や姑役を演じられてきた名女優の訃報には、芸能界からも追悼の声が広がっているようです。

野際陽子さんの死に、謹んで哀悼の意を表します。

『スマステ』9月での終了が内定 [芸能・エンタメ]

香取慎吾さんが司会を務める情報バラエティ番組『SmaSTATION!!』が、今年9月で放送を終えることが内定したそうです。

番組は2001年10月からスタートしており、ファンからは16年間続いた放送の終了を惜しむ声も出ています。

▼『SmaSTATION!!』とは
『SmaSTATION!!』は、香取慎吾さん司会の番組で、テレビ朝日系で毎週土曜日の夜11時台に放送されています。

当初は番組名に『ステーション』とある通り、開始当時放送されていた同局の『ニュースステーション』を意識した報道色の強い番組でした。

その後は、徐々に番組のスタイルが変化していき、他の番組では見られないような特集を行うようになっています。

また、香取さんの芸能活動に関連した内容になることも多く、他局の番組について特集したこともありました。

▼後枠には大人向けの連続ドラマ
今回の放送終了のニュースには、香取さんのファンたちからこれを惜しむ声が多く出ているようです。

香取さんといえば、アイドルグループSMAPのメンバーとして長年活躍してきましたが、2016年にグループは解散しており、今後の動向が注目されていました。

香取さんのファンにとって、『スマステ』終了の影響は大きいでしょうね。

『スマステ』の後番組には、連続ドラマの放送が予定されているそうですが、局にとってこの選択がどういう結果になるか注目したいです。

インパルス堤下さん、睡眠薬服用で車運転 [芸能・エンタメ]

お笑いコンビ『インパルス』の堤下敦さんが、睡眠薬を飲んだ状態で自動車を運転していたことが分かりました。

このところ、芸人による車のトラブルが連続して起こっているため、堤下さんの今後も気になります。

▼お笑いコンビ『インパルス』として活躍
堤下敦さんは、1998年に板倉俊之さんとお笑いコンビ『インパルス』を結成し、『エンタの神様』などへの出演から人気が上昇しています。

また、レギュラー出演していた深夜バラエティ番組『はねるのトびら』が、ゴールデンに進出したこともあり、当時のお笑いブームを代表する芸人となっていました。

現在は、コンビとして以外にそれぞれ単独で活動することも多く、堤下さんは俳優としてテレビドラマにも出演していました。

▼睡眠薬の服用後に自動車を運転
今回の騒動は、堤下さんが6月14日未明に自動車の中にいるところを発見されたもので、当時堤下さんは意識がもうろうとした状態であることが報じられています。

堤下さんの証言では、サウナに行った帰りであることや睡眠薬を服用した後だったことなどが説明されたそうです。

また、堤下さんが運転していた車には、縁石のようなものに乗り上げた傷が確認されていることから、体調が不安定な状態での運転であった可能性もあるようです。

芸人の自動車によるトラブルでは、NON STYLEの井上裕介さんやガリガリクソンさんなど、本人の過失による事例が連続で起こっており、堤下さんについても今後の活動に影響があるかもしれません。

芸能人の生活は時間が不規則になりがちだと思いますが、自身の体調はしっかり管理してほしいですね。

『君の名は。』新海監督に不倫報道、事務所は否定 [芸能・エンタメ]

2016年夏に公開されて以来、大ヒットを記録したアニメーション映画『君の名は。』を手掛けた新海監督に、不倫騒動が持ち上がっているそうです。

相手は30代前半の編集者ということですが、新海監督の所属事務所はこれを否定しているということです。

▼「新海監督が不倫」の報道
今回の騒動は、新海監督の関係者複数の証言で浮上したもののようです。

それによると、新海監督は2016年の春に編集者の女性と出会ったということで、『君の名は。』がヒットした後の秋ごろから交際を始めたと言われています。

二人は、都内の飲食店や女性の自宅で会っていたそうで、ある業界関係者のパーティに同席したという話もあるそうです。

▼「不倫ニュース」の濫用に倦怠感も
新海監督には女優の妻がおり、子役として活動する娘もいるだけに、周囲の反応も気になるところです。

ただ、ネットではそれほど批判的な意見は目立たず、あまり世間での関心は高くないように思えます。

近年の芸能関係のニュースでは不倫の話題は使い古されたものであることや、記事の対象があまり顔が表に出ない映画監督という職業であることも関係しているのかもしれません。

不倫については当事者の問題ですが、各メディアも取り扱う話題が単調になっていることを自覚してほしいですね。

『やすらぎの郷』後番組は黒柳徹子さんの半生ドラマに [芸能・エンタメ]

現在、テレビ朝日系で平日の昼12時30分から放送中のドラマ枠で、10月から放送される番組が『トットちゃん』に決まったそうです。

このドラマは、女優の黒柳徹子さんの半生を描いた作品になり、ベストセラー本『窓ぎわのトットちゃん』のエピソードも使用されるようです。

▼窓ぎわのトットちゃんとは
『窓ぎわのトットちゃん』は、女優やタレントとして活躍する黒柳徹子さんが書いた本で、1981年に発行されました。

黒柳さんが、幼少時代に通学していたトモエ学園を舞台にした物語で、彼女自身のことや学園の教育方法についても書かれているそうです。

「戦後最大のベストセラー」と呼ばれるほどの人気作品となっていますが、これまで黒柳さんの意向により、映像化はされていませんでした。

▼黒柳さんの半生を描くドラマに
今回、放送が決定したドラマ『トットちゃん』は、現在放送中の『やすらぎの郷』の後番組として放送されます。

脚本を担当するのは、『ふたりっ子』や『オードリー』などNHK連続テレビ小説や、昨年日本テレビ系で放送され、先日スペシャルドラマにもなった『家売るオンナ』などを手掛けた大石静さんです。

『トットちゃん』では、これまで知られていなかった黒柳さんのことについても明かされるということで、10月からの放送が楽しみですね。
前の10件 | - 芸能・エンタメ ブログトップ