So-net無料ブログ作成
海外・世界 ブログトップ
前の10件 | -

ケイティ・ペリーさんの衣装が『聖闘士星矢』と話題に [海外・世界]

アメリカのシンガーソングライター、ケイティ・ペリーさんが今年10月6日にニューヨークでライブを行いました。

その時に使用したステージ衣装が、漫画『聖闘士星矢』に登場する「聖衣」に似ていると、日本でも話題を集めているそうです。

▼ギネス記録も持つアーティスト
ケイティ・ペリーさんは、アメリカ出身の女性シンガーソングライターで、2001年のスタジオアルバムリリースでデビューしています。

アルバム『ティーンエイジ・ドリーム』では、5曲が全米チャート1位を獲得するなど、世界的にも商業的に成功しているアーティストとして知られているそうです。

また、ペリーさんはSNSも有効に活用しており、2015年にはTwitterのフォロワー数が最も多い人物としてギネス世界記録にも認定されています。

▼ステージ衣装が『聖闘士星矢』に?
そのペリーさんが、先日ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでライブを行ったそうですが、その時の衣装がネットで話題となっています。

全身が金色で包まれている衣装は、漫画やアニメで人気となった『聖闘士星矢』に登場する鎧「聖衣(クロス)」によく似ています。

このような感想を抱いた人は日本のネットユーザーに多いようですが、海外の人からも同様の意見が見られます。

ペリーさんが『聖闘士星矢』を知っているのかは不明ですが、ハリウッドで実写映画化が決まるなど、海外でも改めて作品が注目されてきているのかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

少女時代、メンバー3人脱退に「解散説」も [海外・世界]

韓国の女性アイドルグループで、日本でも活動を行っている少女時代から、メンバー3人が脱退するというニュースが伝えられています。

今後はメンバー5人での活動となるようですが、韓国ではメンバー不仲による分裂や解散の可能性も報じられているようです。

▼日本でも人気となったアイドルグループ
少女時代は、2007年にデビューした韓国の女性アイドルグループで、その活動は韓国だけでなくアジア各国や欧米にも展開しています。

ヒット曲である『Gee』は、日本でも人気となり、オリコンシングルランキングで1位を記録しました。

2010年代前半は、KARAとともに日本で韓国の女性グループとして注目される存在になっていたようです。

▼メンバー不仲の噂も
少女時代は、9人組のアイドルグループとしてデビューしましたが、2014年にメンバーの1人だったジェシカさんが脱退し、以降は8人で活動していました。

所属事務所の発表によると、現メンバーのうちティファニーさん、スヨンさん、ソヒョンさんが事務所との再契約をせず、脱退することが判明しています。

グループの解散については事務所が否定しており、残ったメンバーで活動方針を検討するということです。

今回の脱退発表について、ネットでは過去のメンバー同士不仲の噂から、グループが分裂すると考えている人もいるようです。

また、メンバー全員が25歳を超える年齢となっていることから、グループ存続が困難とも言われています。

いずれにしても、今後の少女時代に大きな変化が求められていることは確かなようですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ノーベル文学賞、カズオ・イシグロさんが受賞に [海外・世界]

2017年のノーベル文学賞に、日系イギリス人のカズオ・イシグロさんが選ばれました。

イシグロさんは、長崎県出身で両親は日本人ですが、幼少のころにイギリスに移住し、現在はイギリス国籍となっています。

▼ノーベル文学賞とハルキスト
ノーベル文学賞は、文学の分野で理念を持って創作し、最も傑出した作品を生み出した人に対して毎年1人に授与されています。

日本人では、1968年の川端康成さん、1994年の大江健三郎さんの2人がこれまで受賞しました。

また、毎回受賞の候補として名前が上がる小説家の村上春樹さんのファン、「ハルキスト」の動向がメディアを通して伝えられることが、近年恒例となっているようです。

▼日本でもイシグロさんの作品が人気に
今年ノーベル文学賞を受賞したイシグロさんは、長崎県で生まれて両親も日本人ですが、5歳のときに一家でイギリスに移住しており、その後イギリスに帰化したそうです。

イギリスでは、最高の文学賞とされるブッカー賞を受賞しており、世界的なベストセラー作家だということです。

イシグロさんは、その経緯から日本で生活した期間は短いものの、独自の感性で日本をイメージした町や人を描いた作品も生み出しており、ノーベル文学賞受賞後のインタビューでは「私の一部は日本人なのです」と語ったそうです。

今回の受賞で、イギリスはもちろん日本でもイシグロさんの作品の注目度が上昇しています。

今後は、イシグロさんの作品の読者がより多く現れることになるでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 

米ヤフー、30億アカウント情報流出 日本は影響なし [海外・世界]

ネットサービスを行うアメリカの『Yahoo!(ヤフー)』が、過去のハッカー攻撃で当時のユーザー30億のアカウントに影響があったことを明かしたそうです。

流出した情報は多岐にわたっているそうですが、日本のユーザーについては影響がないということです。

▼米ヤフーで、当時の全ユーザーが影響
これは、2013年に起こった米ヤフーを狙うハッカー攻撃で、多くのユーザーアカウントの情報が流出したものです。

米ヤフーは、当初影響のあったユーザーの数を10億としていましたが、その後の分析の結果、攻撃のあった当時存在していた30億以上のユーザー全てが影響を受けたと発表したそうです。

流出した情報は、ユーザーの氏名、メールアドレス、生年月日、電話番号、暗号化されたパスワードや、本人確認の際に使用される質問・回答も含まれる可能性があります。

ただし、明確なパスワードやクレジットカード情報、銀行口座情報などは含まれていないということです。

▼ネットサービスの個人情報管理に注意を
ヤフーといえば、日本でも様々なネットサービスを展開しているため、その影響が心配されますが、Yahoo!JAPANでは情報流出がないことが発表されています。

日本でのサービスがアメリカのものとは独立しているためで、今回の件に関して影響はないとみられます。

ただし、同様の情報流出の危険はヤフーに限らず全てのネットサービスで起こりえることですので、利用者は複数のサービスでIDやパスワードを共用しないなど、自身の情報を守るよう心掛けましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

米ラスベガスで銃乱射事件、死者59人に [海外・世界]

10月1日の夜、アメリカネバダ州の都市ラスベガスで行われていたコンサート会場で、銃を乱射する事件が発生しました。

この事件により、これまで59人の死亡が確認されており、昨年発生したフロリダ州の事件を上回る被害となっています。

▼連射装置を使った発砲事件
この事件は、ラスベガス中心部で行われていた屋外コンサートの会場に向けて銃が乱射されたものです。

容疑者は、会場近くにあるホテルの32階から半自動の銃を使い、犯行に及んでいます。

事件当時の映像では、銃声が連続で起こっていることが確認され、犯人が銃に「トリガークランク」という装置を付けて発砲したと考えられているそうです。

▼容疑者に犯罪歴なし、事件の解明が望まれる
事件の容疑者である64歳の男性は、警察が突入する前に自殺しており、その後の捜索で自宅から銃器や爆発物などが発見されています。

この男性は過去に犯罪歴はなく、国際的テロ組織とのつながりもみられないということで、その動機の解明が急がれます。

アメリカの銃乱射事件では、昨年フロリダ州のナイトクラブで発生したものが記憶に新しいですが、今回の事件はその犠牲者数も大幅に上回ったものになっています。

アメリカ国民に大きな不安を与える事件の全容が、解明されることを望みたいものです。
nice!(0)  コメント(0) 

韓国、ソウルの花火大会で混乱 開催中止を望む声も [海外・世界]

9月30日に、韓国の首都ソウルで『ソウル世界花火祭り』が開催されました。

祭りでは多くの人が会場を訪れたそうですが、その周囲では混乱も見られ、ネットではモラルの低さを問題視する意見も多く出ています。

▼韓国の人気花火イベント
ソウル世界花火祭りは、毎年秋に開催される花火大会で、ソウルを流れる川である漢江(ハンガン)に浮かべた船から花火を打ち上げるそうです。

川辺の舞台では音楽も演奏され、それをバックに上げられる花火の風景は迫力があり、海外からのチームも参加するイベントになっています。

そのため、観覧者もかなりの数となるそうですが、それによって様々な問題も発生しているということです。

▼観客の行動が大きな問題に
花火の打ち上げ会場は川の中州にある汝矣島ですが、ここを見渡せる場所である都市高速道路には、祭りの前から多くの車が違法駐停車していたそうです。

花火祭りの最中には、車から降りて観賞する人もおり、会場の周辺ではこのように危険な場所で花火を見るという人も少なくないようですね。

また、会場に捨てられたゴミも大きな問題になっており、その処理には莫大な費用が発生しています。

これらのことについて、ネットでは批判的な意見が多くを占めており、「花火大会をなくすべき」というコメントも出ているそうです。

人気の高い祭りだけに存続してほしいですが、国民のモラルが改善するような対策を講じる必要が求められますね。
nice!(0)  コメント(0) 

平昌五輪公式サイト、地図から日本を外し騒動に [海外・世界]

2018年に開催予定の平昌オリンピックで、公式サイトに起こった異常が日本で話題となっています。

サイト内の『ドリームプログラム』について紹介するページで、使用されていた世界地図に日本列島とサハリンが表示されていなかったもので、ネットではこれを批判する声が続出しています。

▼来年開催の平昌五輪公式サイトで
平昌オリンピックは、2018年に開催される予定のオリンピック冬季大会で、開催都市に立候補したフランスのアヌシー、ドイツのミュンヘンを含む候補から選出されました。

90以上の参加国、6000人以上の参加者が予定されており、来年2月の開催に向けて準備が進められています。

平昌五輪の公式サイトでは、オリンピックに関する様々な情報が掲載されていますが、その中に今回問題が見つかったということです。

▼地図から日本とサハリンだけが外される?
問題となったのは、様々な要因で練習が困難な地域の青少年を招待し、ウィンタースポーツを体験する機会を与える「ドリームプログラム」について紹介するページに使用された世界地図の画像です。

このページでは、プログラムに参加した人数が地域別に紹介されており、その背景に世界地図がありますが、そこには日本列島やサハリンが載せられていませんでした。

このことで、日本のネットユーザーを中心にサイトを非難する声が相次いでいます。

その後、画像は修正されており、現在では日本列島も確認できるものの、平昌五輪サイトへの不信感は拭えず、オリンピックをボイコットするべきという意見まで出ているそうです。

状況を見る限り、意図的に日本列島を外したという印象がありますが、オリンピック組織委員会側にはきちんと事情を説明してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

オーストリア、覆面禁止法でマスクも違反の可能性 [海外・世界]

ヨーロッパにある国家オーストリアで、10月1日から「覆面禁止法」が施行されるそうです。

この法律は、イスラム文化圏の女性が着用する服装を禁止するために作られたそうですが、通常のマスクもその対象になる可能性があるということです。

▼覆面禁止法とは
オーストリアで10月から施行される『覆面禁止法』は、公共の場所でイスラム教徒の女性が使用する、顔の半分を隠す服装の着用を禁じるものです。

イスラム圏では、女性は近親者以外の人からは体や顔を見せないようにすることが求められており、着用されている服の多くは全身を覆い隠す形状になっています。

しかし、ヨーロッパではこの服装を女性抑圧と考える動きもあり、今回の法施行もその一つと言えるでしょう。

▼マスク着用で罰金支払いとなる可能性も?
今回、覆面禁止法が施行されたのは、従来の服装にとらわれなくなることでイスラム文化圏の女性がオーストリアの風習に溶け込んでもらう目的があるようです。

ただ、この法律には特定の宗教などといった基準がなく、単純に顔を隠すことを禁止しているそうです。

そのため、私たちが使用しているマスクについても、法律に則って違反とされる可能性も考えられています。

オーストリアの日本大使館でも、滞在する日本人や旅行者などに対して、公共の場でのマスク着用を避けるよう呼び掛けています。

今後、オーストリアを訪れる予定のある方は、マスクの利用に気を付けてください。
nice!(0)  コメント(0) 

『ジョン・レモン』の商品名にオノ・ヨーコさん抗議 [海外・世界]

ビートルズのメンバーで、人気ミュージシャンの故ジョン・レノンさんの名前に似た名称の飲料を販売したメーカーに、妻のオノ・ヨーコさんが抗議したそうです。

オノさんは、飲料メーカーに対して商標権侵害として、法的措置も辞さない姿勢を示していました。

▼ジョンさんとの結婚、活動で有名に
オノ・ヨーコさんは東京出身の芸術家で、夫であるジョンさんと共に音楽活動や平和運動などを行ったことで知られています。

オノさんは、ビートルズのアルバムに作品を提供したり、バックコーラスとして参加したりしています。

また、ジョンさんとの共作でリリースされたアルバム『ダブル・ファンタジー』は、日本でもヒットする作品となりました。

▼抗議により、『ジョン・レモン』は名称変更に
今回、オノさんが抗議したのは、ジョンさんの名前をもじって付けられた『ジョン・レモン』という飲料が発売されたことに対してで、ポーランドの飲料メーカーに商標権侵害を訴えたそうです。

この飲料では、商品名以外に宣伝資料のブランドロゴに、ビートルズの楽曲『レット・イット・ビー』の文字や、ジョンさんを連想させる丸メガネなどが描かれていたことが分かっています。

メーカーがジョンさんを意識して商品を販売したことは確かなようで、オノさん側の訴えにより飲料の銘柄は『オン・レモン』に変更するということです。

ジョン・レノンさんが銃撃によって殺害されてからすでに37年が経とうとしていますが、その存在はこれからもずっと残っていきそうですね。
nice!(0)  コメント(0) 

活動休止発表のレディー・ガがさん、病名を公表 [海外・世界]

アメリカの歌手で、先日音楽活動の休止を発表したレディー・ガガさんが、Twitterを通じて自身の病気についてその名前を公表したそうです。

ガガさんは、線維筋痛症という病気と闘っており、公開予定のドキュメンタリーが病気の啓発や患者同士の交流につながることを希望しているということです。

▼東日本大震災後の復興活動にも貢献
レディー・ガガさんは2005年に歌手として活動を始めており、デビューアルバムの『ザ・フェイム』は4か国の音楽チャートで1位を獲得するヒットを収めています。

ガガさんといえば、その楽曲とともに個性的な衣装でも知られており、日本にも多くのファンが存在しています。

また、音楽活動以外に様々な社会貢献活動をしていることでも有名で、2011年に発生した東日本大震災でも、復興を願うブレスレットを販売し、その収益を日本に寄付するなど、日本のファンにエールを送りました。

▼線維筋痛症と闘う姿が映像に
そんなガガさんが、12月から音楽活動を休止することを先日発表しましたが、その原因ともいえる病気が「線維筋痛症」であることを明かしました。

線維筋痛症は、全身に激しい痛みが現れる病気で、近く公開されるドキュメンタリーでは、ガガさんが診察を受ける姿も紹介されているそうです。

ガガさんの活動休止期間がどれくらいになるかは分かりませんが、休養後に次のステージを目指すということも語っています。

ファンの方は、ガガさんが再び音楽活動を再開する時を楽しみに待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 海外・世界 ブログトップ