So-net無料ブログ作成
ゲーム・ソーシャル ブログトップ
前の10件 | -

タニタが『ツインスティック』の開発を発表 [ゲーム・ソーシャル]

先日、人気対戦アクションゲーム『電脳戦機バーチャロン』シリーズの新作『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』が発売されました。

このタイトルの専用コントローラー『ツインスティック』は、投入予定がなかったそうですが、体重計などで知られる企業の『タニタ』が開発することを発表したそうです。

▼ツインスティックとは
『バーチャロン』シリーズは、アーケードや家庭用ゲーム機などで展開された、ロボットによる対戦型のアクションゲームです。

ツインスティックは、このゲームの操作に対応したコントローラーで、2本のレバーを使った操作感はシリーズのファンに親しまれています。

家庭用ゲーム機では、それぞれの機器ごとに仕様が違うことから、各機種によって専用のツインスティックが必要となるそうです。

▼『タニタ』がツインスティック開発に名乗り
このような事情から、今回発売された新作を開発したセガでは、メーカーによるツインスティックの投入を断念していました。

しかし、タニタの谷田千里社長が、同社としては初めてのゲーム業界への参入を発表し、ツインスティック開発を始めるということです。

タニタのツインスティック開発は、タニタ社長が『バーチャロン』のファンであることが理由のようですが、今後他のゲーム関連製品を製作する可能性も考えられます。

『バーチャロン』シリーズのファンにとっては、新しいツインスティックが販売されることが期待できそうですね。
nice!(0)  コメント(0) 

『Nintendo Labo』の予約受付がスタート [ゲーム・ソーシャル]

任天堂の最新ゲーム機『ニンテンドースイッチ』の新しい活用法がが注目されるソフト、『Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)』の予約受付が始まっています。

公式通販サイトのマイニンテンドーストアのほか、各ネットショップや店頭でも順次予約を受け付けるようです。

▼段ボール工作とゲームの融合
『Nintendo Labo』は、任天堂が提案する新しい形のゲームで、スイッチのコントローラーに段ボールで作ったピアノやロボットなどを組み合わせて楽しむことができます。

今年1月に『Labo』の情報が公開されましたが、段ボールを組み立てることで釣り竿やバイクなど、様々なものを作るというコンセプトは興味深いですね。

また、「ロボットキット」では、ユーザーが段ボールの部品を体に装着して使用するなど、Wiiリモコンのような体感型ゲームが楽しめるようです。

▼ソフトセットのほか、マスキングテープも販売
今回、予約受付が始まったのは、『Nintendo Labo』のソフトと様々なキットの段ボールをセットにしたものです。

この他、段ボールのキットに貼り付けて使うマスキングテープも販売されており、ユーザーがキットを自分好みのデザインにすることができます。

ソフトの発売は4月20日とまだ先になりますが、ニンテンドースイッチを持っているユーザーは予約を検討してみてはいかがでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

グリー、スイッチで家庭用ゲームに参入 [ゲーム・ソーシャル]

インターネット企業のグリー株式会社が、家庭用ゲーム市場に参入することを発表しました。

第1弾となるゲームタイトルは、スマートフォンにも提供されている『釣り★スタ』で、ニンテンドースイッチ用ソフトになるそうです。

▼ガラケー時代に多くのゲームを提供
グリー株式会社は、SNSの『GREE』を運営する企業で、ガラケー時代には様々なゲームをリリースしたことにより、急成長を遂げていました。

しかし、近年は携帯ゲームの主流がスマートフォンに移っており、その売上は年々縮小を続けていると言われています。

2017年の家庭用ゲーム市場は、2006年以来11年ぶりの前年比プラスに転じていることから、グリーも家庭用ゲームに期待をかけることにしたようです。

▼『釣り★スタ』で家庭用ゲームに参入
昨年の家庭用ゲームといえば、任天堂の新型ゲーム機『ニンテンドースイッチ』のヒットが話題になりました。

1台で据置、携帯機を兼用できるというスタイルは、これまでのゲーム機とは違った魅力となり、これまで品薄の状態が続くなど、ユーザーの関心は高かったように思えます。

グリーでも、これら家庭用ゲームの人気を受け、同社の人気釣りゲーム『釣り★スタ』を第1弾として配信する予定です。

現在、スマートフォン向けのゲームタイトルには数多くの人気作がありますが、これらの作品が家庭用ゲーム機でも楽しめるようになるといいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

PS StoreでVita向けタイトルセール開始 [ゲーム・ソーシャル]

PlayStation Storeで、2月1日からPlayStation Vitaでプレイできるゲームタイトルのセールが行われています。

対象タイトルは100本以上で、最大82%オフの価格で購入できるため、Vitaユーザーの方はStoreをチェックしておきましょう。

▼Vita以外に、PSPやPS3ユーザー向けタイトルも
今回PlayStation Storeで始まった期間限定セールは、PlayStation Vitaでのプレイに対応しているタイトルが選ばれています。

ラインナップには、Vita専用タイトルの他にPlayStation Portable用ゲームや、初代PlayStationのゲームアーカイブスも含まれています。

そのため、Vita以外にPSPやPS3でのゲームプレイが多いというユーザーにもお得なセールになっているようです。

▼Plus会員なら大幅割引のチャンス
今回のセールには、『地球防衛軍』『ダンガンロンパ』『CHAOS RINGS』シリーズなどの人気作のほか、PSPの『SIMPLE』シリーズ、アーカイブスの『ロックマン』シリーズも対象になっています。

また、PlayStation Plus会員であれば割引率はさらに上がり、タイトルによっては80%引きで購入できるものもあります。

タイトルによっては、500円以下で購入可能になるものもあるので、まとめ買いをするのにもいい機会かもしれません。

セールの期間は2月14日までですが、PS Storeでは他にも様々なセールやキャンペーンが実施されていますので、ユーザーの方はぜひStoreにアクセスしてみてください。
nice!(0)  コメント(0) 

スマホアプリ『旅かえる』が、中国で大人気に [ゲーム・ソーシャル]

日本のスマートフォン向けアプリとして配信されている『旅かえる』が、中国で大きな人気を獲得しているそうです。

このアプリは、中国のAppStoreでも配信されていますが、中国語には対応しておらず、ヒットには開発元も驚いているようです。

▼旅かえるとは
『旅かえる』は、『ねこあつめ』で知られるHit-Pointが2017年11月から配信を開始したアプリです。

プレイヤーはアプリに登場する旅好きの「かえる」に旅の持ち物を準備し、送り出すことができます。

旅支度をしたかえるは自分から旅立っていき、数時間から数日後には帰ってくるそうです。

その際、かえるは旅先から名産品やその場所の写真を持参するようになっており、これを受け取ることがアプリの目的と言えます。

プレイヤーは、かえるの旅そのものには干渉しないため、『ねこあつめ』と同様に放置ゲームとして楽しめるようです。

▼ユーザーの95%が中国人に
この『旅かえる』が、現在中国で大きな人気となっているそうで、現地のSNSではこれをプレイする様子を投稿する人も現れています。

『旅かえる』は、中国で配信されているものも表示言語は日本語だけですが、かえるが自由に行動するところや、旅先の写真画像などが好まれているようです。

AppStoreで配信中の『旅かえる』のユーザーの割合を地域別で見ると、95%が中国で、日本はわずか2%だということです。

Hit-Pointでは、このヒットを受け中国語など多言語への対応も検討しているそうで、日本のスマホアプリが他の国でも人気となるかもしれませんね。
nice!(1)  コメント(0) 

PS Plus利用権の2ヶ月分+キャンペーンが開始 [ゲーム・ソーシャル]

ハンティングアクションゲームのシリーズ作品として人気の『モンスターハンター』で、PlayStation4向けの新作が先日発売されました。

これを記念して、PS4ゲームのマルチプレイなどで必須となる『PlayStation Plus利用権』が、2ヶ月分付属するキャンペーンがスタートしています。

▼PS4向けの『モンハン』新作が登場
『モンスターハンター』シリーズは、プレイヤーが「クエスト」と呼ばれる依頼により、モンスターの討伐やアイテムの採取などを行うアクションゲームです。

これまでに様々なゲーム機向けにタイトルが発売されていますが、メインシリーズは近年ニンテンドー3DSをプラットフォームにしていました。

1月26日に発売された新作『モンスターハンターワールド』は、メインシリーズ初のPlayStation4用タイトルとなり、システムやグラフィックなどが一新されているということです。

▼12ヶ月分の料金で利用権14か月分が追加される
PlayStation4のゲームでは、オンラインによるマルチプレイを行う場合、原則として有料のPlayStation Plusのサービスを利用する必要があります。

PS Plus利用権の価格は1ヶ月514円となっていますが、3ヶ月や12ヶ月分の利用権を購入した場合は、1ヶ月あたりの料金を安く抑えることも可能です。

今回実施されているキャンペーンは、PS Plusの12ヶ月利用権を購入したユーザーに対して、さらに2ヶ月分の利用権をサービスするというものです。

料金は、通常の12ヶ月分と変わらないため、Plusサービスを利用中の方には大変お得となっています。

キャンペーン期間は、3月6日までと余裕がありますが、購入予定の方は早めに手続きを済ませておきましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

任天堂が『Miitomo』のサービス終了を発表 [ゲーム・ソーシャル]

ゲームメーカーの任天堂が、スマートフォン向けに配信していたコミュニケーションアプリ『Miitomo』のサービス終了を発表しています。

サービス終了は2018年5月9日で、ネットでは開始から約2年での終了を残念に思うユーザーの声も出ています。

▼世界各国にも配信されたMiitomo
『Miitomo』は、任天堂がスマートフォン向けに配信した第1弾のアプリとして注目されました。

同社のゲーム機でも使われていたアバター「Mii」を使用して、服の着せ替えをしたり、Miiからの質問の回答を他のユーザーと共有したりすることができます。

配信開始時点から8つの言語に対応し、海外の多くの国にも同時配信されるなど、ユーザー同士のコミュニケーションを重視したアプリとなっていました。

▼単体ではフレンドが作りにくい欠点も
任天堂が『Miitomo』の終了を発表したのは1月25日で、有償で購入したアプリ内のコインについては未使用のものに限り払い戻しも行われるそうです。

すでのこのコインの販売は発表に合わせて終了しているため、今後はコインをログインボーナスなどで提供していくということです。

『Miitomo』は、任天堂のコミュニケーションアプリとして注目されましたが、フレンドの登録方法が端末同士を直接利用するものや、他のSNSで登録済みの関係など、手段が限られていたため、人によってはフレンドが増やしにくい場合もありました。

Miitomoは終了することになりますが、今度はその代わりになる、スイッチなどのゲーム機を活用したコミュニケーションツールを提供してほしいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

PSストアカードで1000円分コードプレゼント [ゲーム・ソーシャル]

PlayStationのゲーム機器でゲームなどのコンテンツ購入に使用できる、PlayStation Storeカードの新たなキャンペーンが行われています。

今回のキャンペーンでは、10000円のストアカードを購入したユーザー全員に、1000円分のコードがプレゼントされるそうです。

▼セブンイレブンで10000円券を購入
このキャンペーンは、コンビニエンスストアのセブンイレブンの店舗が対象となっており、期間中にストアカードの10000円券を購入する必要があります。

カードの購入後、キャンペーンの期間中に特設サイトへアクセスし、メールアドレスとカード裏面にあるバーコードの番号を入力することで登録完了となります。

登録後に1000円分のPlayStation Storeのコードが発行され、その場で確認できるほか、メールアドレスにも記載されたコードが送られてくるそうです。

▼1000円分のポイントがもらえる
今回のキャンペーンでは、1人のユーザーが何回でも利用できますが、登録は1枚のカードにつき1回ずつとなります。

10000円のカード購入で11000円分のポイントが獲得できますので、ユーザーにとって魅力のあるキャンペーンと言えるでしょう。

キャンペーン期間は1月22日から28日と短期間ですので、ストアのユーザーの方はお早めにセブンイレブンでカードを購入することをお勧めします。

【PSストアカード キャンペーンサイト】
https://vdpro.jp/sej.pss1/index.html
nice!(0)  コメント(0) 

スイッチの新商品『Nintendo Labo』が発表 [ゲーム・ソーシャル]

現在、好調な売れ行きを記録している任天堂のゲーム機、『ニンテンドースイッチ』向けに新たな商品が発表されました。

段ボールを使った工作キットとスイッチを融合させた『Nintendo Labo』で、従来のゲーム機とは異なる楽しみ方が展開されるようです。

▼段ボールで、ピアノや釣り竿を作る
これは、任天堂が1月18日に公式サイトで「スイッチを活用した新しいあそび」を発表したものです。

その正体は、新作ソフト『Nintendo Labo』という、ゲームと工作キットを組み合わせた商品でした。

『Labo』のバラエティキットでは、ソフトに付属した段ボールの工作キットを組み立て、スイッチの着脱式コントローラーと合わせることで、ピアノや釣りなどのプレイを再現できるようです。

▼作ったキットをゲームで活用
そして、ロボットキットでは、ユーザーがキットを着用して体を動かすことで、ロボットを操縦することが紹介されています。

様々なタイプのコントローラーを自身で作る、それを使ったゲームを体験できるという仕様は、これまでのゲームとは異なる楽しみ方が期待できそうです。

特に、子どもたちがプレイするには最適な商品になるかもしれませんね。

キットは段ボール製ですので、色を塗ったり絵を描いたりと、ゲーム以外の楽しみも広がりそうです。

『Nintendo Labo』は4月20日に発売予定ですので、興味のある方はチェックしておきましょう。
nice!(1)  コメント(0) 

『ポケモンGO』古いiOS製品での使用が不可能に [ゲーム・ソーシャル]

スマートフォン向けの人気アプリ『ポケモンGO』が、古い機器への対応終了を発表しています。

今回、対象となっているiPhoneの旧製品では、アプリの起動もできなくなるため、プレイを続けるには機器の買い替えが必要となるそうです。

▼2月28日で『ポケモンGO』が起動不可に
『ポケモンGO』を運営するナイアンティックの発表によると、今後のアプリのアップデートにより、古いiOSでの動作が不可能になることが、理由として説明されています。

2月28日以降は、これらの機種で『ポケモンGO』を起動することは不可能となり、アプリをアップデートしなくてもプレイはできなくなるそうです。

そのため、この日以降もアプリを使うためには、対応する機器へ買い替えなければならないということです。

▼対象機器のユーザーは買い替えを
スマーフォンアプリでは、機器を買い替える際に情報の引き継ぎが必要なものもありますが、『ポケモンGO』ではプレイ開始時に使用したアカウント情報を使うだけで続きをプレイすることができます。

『ポケモンGO』のプレイには、アプリ専用のトレーナークラブかGoogleのアカウントとパスワードが必要ですので、iPhoneを買い替える場合はこれらの情報を確認しておきましょう。

iPhone 5c、iPhone 5や2012年モデルのiPadなどは、今後『ポケモンGO』がプレイできなくなりますので、ご注意ください。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ゲーム・ソーシャル ブログトップ