So-net無料ブログ作成
政治・経済 ブログトップ
前の10件 | -

ローソン、深夜帯の無人レジ実験へ [政治・経済]

コンビニエンスストアのローソンが、2018年春に首都圏の数店で、深夜時間帯にレジを無人化する実験を行うそうです。

商品の決済はスマートフォンのアプリを使用することから、現金を狙った強盗事件がなくなることが期待されているようです。

▼スマホを使って購入、清算まで
ローソンによると、24時間営業における人手不足が深刻な状況であることから、これを解決する方法の一つとして無人レジの実験が行われるようです。

無人レジでの買い物は、利用客が自身のスマホに専用アプリを入れた状態で商品のバーコードを読み込み、清算も決済アプリで行うそうです。

専用アプリは、店舗の入店や退店にも利用され、スマホをセンサーやレジにかざすことで利用者の出入りを管理するようです。

▼たばこ、酒類の購入は不可に
コンビニで無人レジを導入する場合、気になるのは防犯上の問題ですが、店舗は完全な無人ではなく、商品の在庫を管理するなどの作業を行う従業員は常駐するそうです。

その他、防犯カメラを増設することや、通常のコンビニで販売しているたばこや酒類は置かないことなどが紹介されています。

現在、様々な分野の店舗で、客が自分で商品を清算する「セルフレジ」を導入する所が増えていますが、初めて利用するときはその使い方に戸惑うこともあります。

コンビニの無人レジについても、利用者がその使い方を早く把握できるかが、普及のカギになるかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

自動車の危険行為、あおりハンドルとは? [政治・経済]

自動車の運転中に左折する際、「あおりハンドル」と呼ばれる行為をするドライバーが、最近話題になっているそうです。

この行為は、車線変更や右左折の時にウインカーを出さない行為と合わせて、近年特に問題視されているということです。

▼ウインカーを出さない車は危険
自動車やバイクの運転で、走行車線を変える時や左折、右折をする際は、ウインカー(方向指示器)で合図することが法律で義務付けられています。

しかし、このことを守っていないドライバーを見かけることは少なくないそうで、実際に右左折を始めてからウインカーを出したり、信号待ちの間はウインカーを出さなかったりする人もいるようです。

ウインカーが必要な状況でこれを出さない場合、合図不履行という違反になりますが、速度超過などの違反に比べると、その検挙数は少なく、警察もそれほど注意していないように感じられます。

▼あおりハンドルとは
このウインカーを出さないドライバーによる行為として関連するものに、あおりハンドルというものもあるそうです。

これは、左折の際にハンドルを一度右側に切ってから左折をするもので、車体が大きく右側にふくらむ動きになるため、他の車両と接触して事故につながる危険があります。

あおりハンドルでは、左折にもかかわらずハンドルを右に回す動きを伴うことから、左折のウインカーが出しにくくなるそうです。

このような動作は、狭い道に入るときや車体の大きな車が左折する時に必要なこともありますが、一般の車両では無駄と言える行為です。

周囲に迷惑をかけるだけの行為ですので、無闇にあおりハンドルを使用することは控え、必要な場面では必ずウインカーを出すようにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

シャンシャンの観覧予約に申し込み殺到 [政治・経済]

2017年6月12日に誕生した、ジャイアントパンダのシャンシャン(香香)と母親のシンシン(真真)の一般公開が、12月19日から始まります

これにともない、上野動物園で観覧予約の受付を開始したそうですが、申し込みが殺到しており、電話やネットがつながりにくい状態になっているようです。

▼12月19日からシャンシャンの公開が開始
上野動物園で一般公開が予定されている、ジャイアントパンダの赤ちゃんのシャンシャン。

シャンシャンの一般公開は12月19日から開始され、公開時間は1日あたり2時間半までとなるそうです。

また、観覧できる人数は1日で約400組、2000人で、1人につき2分から5分程度見られるということです。

▼抽選申し込みは時間をおいてから
その観覧抽選の受付は12月6日の正午から始まっていますが、申し込みが殺到したことで電話とインターネットいずれも接続が困難な状態になっています。

混雑は現在も続いているようで、インターネットの申し込み手続きを行う『チケットぴあ』でも、対象ページにアクセスできない場合があるようです。

上野動物園でも「現在問い合わせが殺到している」と説明しており、つながらないときは時間をおいてからアクセスするよう呼び掛けています。

抽選受付は先着順ではないため、観覧を希望する方は落ち着いてから再度申し込むようにした方がいいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

年賀状の投函、10円不足になるケースに注意 [政治・経済]

今年6月から、はがきの郵便料金が62円に値上げされていますが、2018年の年賀状で利用するものについては52円で送ることが可能です。

ただし、投函する時期が限定されており、これに合わせないと料金不足として扱われますので、注意してください。

▼普通はがきの料金が62円に
日本郵便では、今年6月1日から郵便はがきや定形外郵便物の料金を変更しており、通常のはがきは52円から62円に値上げされました。

ただし、年賀はがきについては12月15日から翌月の1月7日に投函したものに限り、値上げ前と同じ52円での投函が可能となっています。

年賀はがきとされるのは、はがきの表面に「年賀」と朱記してあるもので、現在販売中のお年玉付き年賀はがきの料金も、通常のタイプは52円です。

▼年賀はがきが料金不足扱いになることも
これまでは、年賀はがきと通常のはがきの料金に違いはありませんでしたが、2018年の年賀はがきは52円で送れる期間が限られることになります。

もし、12月15日~1月7日以外に年賀はがきを投函した場合は料金不足となり、投函された場所によっては送り先に不足料金が請求されることもあるそうです。

今回は年賀、通常で料金が異なる初めてのケースとなることから、1月8日~15日に投函した年賀はがきは差出人に返却する方針であることが発表されています。

年賀はがきを投函するときは、その日にちに注意して出すようにしてほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

岩泉町長がわいせつ行為、岩手日報が告発 [政治・経済]

現役の町長が、地元紙の女性記者に対してわいせつ行為をしていたことが、岩手日報社によって発表されています。

同紙によると、町長は取材のために宿泊していた女性記者に抱き着くなどの行為をしたということです。

▼町長が女性記者にわいせつ行為
今回の事件は、今年10月中旬に岩手県岩泉町の伊達勝身町長がわいせつ行為をしていたもので、岩手県の新聞大手である『岩手日報』の女性記者が被害に遭っています。

同紙が発表した内容によると、町長は取材のために宿泊していた女性記者の所を訪れ、ノックに応じた記者に無理やり抱き着いたりキスをしたりしたそうです。

この事件で、女性記者は精神的なショックで休職しており、町長への刑事告訴も検討しているということです。

▼「抱き着いたがわいせつ行為はしていない」と説明
岩手日報社の抗議に対して、町長は抱き着きの行為を認めたものの、わいせつ目的であることは否定しているそうです。

岩泉町長は、2016年に発生した台風10号による町の豪雨災害の対応に尽力し、その心労によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)で10月下旬から先日まで入院生活を送っていました。

しかし、入院した時期はわいせつ行為があったとされる10月中旬より後であることから、町長のPTSDを疑う声もあるようです。

町長は、事件当時の自身の状態について「幻覚や幻聴があった」などと説明しているため、町長としての活動は今後難しくなるのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

2019年、政府が改元による10連休を検討へ [政治・経済]

2019年4月30日が天皇陛下の退位となることについて、政府・与党が新天皇の即位の礼が行われる5月1日を祝日もしくは休日にすることを検討しているそうです。

現在、国民の祝日に関する法律では、2つの祝日に挟まれた平日は「国民の休日」となるため、即位のある2019年に10連休が実現する可能性が出てきました。

▼祝日法とは
国民の祝日に関する法律(祝日法)は、1948年に公布・施行された法律で、これを基に祝日の施行や制定、改正が行われます。

祝日法は全三条で構成されており、第一条で国民の祝日の定義、第二条で各祝日の日にちとそれぞれの定義、第三条で国民の祝日を休日とすることや、例外となる振替休日のことが規定されています。

近年では、2014年に新たな祝日として8月11日に「山の日」が制定され、2016年から同日が祝日となっています。

▼祝日と祝日の間は休みになる
政府では、2019年に天皇陛下が退位し、皇太子さまが新天皇として即位されることにより、即位の礼が行われる5月1日を祝日にすることを検討することを決めたそうです。

祝日法第三条では、「2つの祝日に挟まれた平日がある場合、その日を国民の休日として設定することと定められています。

そのため、5月1日が祝日となると、昭和の日との間にある4月30日と憲法記念日との間にある5月2日も休日になるそうです。

ただし、5月1日が休日となった場合は、その前後は休日にはならないということです。

即位の礼が行われる日が祝日と休日どちらになるかは不明ですが、今後の情報を待ちましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

2019年は「天皇誕生日のない年」に [政治・経済]

12月1日の皇室会議によって、天皇陛下の退位が2019年4月30日となり、翌5月1日に改元されることが決まりました。

これにより、2019年の祝日に「天皇誕生日」がなくなるということが話題になっているそうです。

▼2019年4月30日に退位
天皇退位の日程は、宮内庁で開かれたもので、2019年4月30日に天皇が退位、5月1日に新天皇が即位することがほぼ決まったということです。

これによって、改元の日となる5月1日が祝日となった場合、その前後も祝日になり、2019年のゴールデンウィークが10連休になる可能性も囁かれています。

しかし、新天皇の即位により天皇誕生日が変わることから、この年は12月23日が平日になると言われているそうです。

▼天皇誕生日のない年になる?
新天皇となる皇太子様の誕生日は2月23日で、即位した場合この日が新たな天皇誕生日となります。

しかし、2019年時点ではまだ即位前のため、この日は祝日としては扱われません。

一方、現在の天皇誕生日である12月23日は、2019年の時点で即位後のこととなるため、こちらも天皇誕生日ではなくなります。

そのため、2019年は天皇誕生日が存在しないことになりますが、これまで明治天皇や昭和天皇の誕生日がそれぞれ「文化の日」や「昭和の日」として残された例もあることから、12月23日に新たな祝日が設定されるかもしれません。

現時点では唯一の12月の祝日ですので、何らかの形で残してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

『眼鏡市場』がブランドロゴ変更を発表 [政治・経済]

メガネやコンタクトレンズ関連の販売店を展開する株式会社メガネトップが、ブランドの一つである『眼鏡市場』のロゴを変更するそうです。

従来のロゴマークは印鑑をイメージしたものでしたが、新しいロゴではより現代的で親しみのあるものに変わっているようです。

▼眼鏡市場とは
眼鏡市場は、静岡県静岡市に拠点を置く株式会社メガネトップのグループ店舗の一つで、2006年から全国に展開を開始しています。

テレビCMでは韓国の俳優ペ・ヨンジュンさんをはじめとして、数々の有名人を起用したことで話題となりました。

フレームとレンズ、ケースで低価格の商品を提供したことなどから、コストパフォーマンスの良い店舗として知られているようです。

▼より親しみのあるロゴデザインに
眼鏡市場のロゴマークといえば、角の丸い印鑑を思わせるデザインとなっていましたが、これが12月1日から新しいものに変わるそうです。

新デザインは、「眼鏡市場」の文字配置は従来のものと同じですが、その形はよりポップなものになっており、一部の文字の空間はレンズを表現した丸形が使われています。

また、ロゴの色もこれまでは黒が使用されていましたが、新ロゴでは目に優しい色として緑に変更されました。

これまでも業態を変えながら成長を続けてきた眼鏡市場の、新たな展開に注目したいです。
nice!(0)  コメント(0) 

アース製薬、「殺虫剤」を「虫ケア用品」に [政治・経済]

日用品メーカーのアース製薬が、自社の主力商品カテゴリーである「殺虫剤」の名称を「虫ケア用品」に変更しています。

殺虫剤という言葉が持つ人体に有害なイメージを払拭することが目的で、他社への普及も進めているようです。

▼虫よけ製品などには合わない「殺虫剤」の呼称
アース製薬では、ハエ・蚊用の『ノーマット』『アースジェット』や蚊取り線香、ゴキブリ用の『ごきぶりホイホイ』、ダニ用の『ダニアース』、アリ用の『アリの巣コロリ』など、様々な害虫に対する商品を販売しています。

これらの商品は、一般的に「殺虫剤」と呼ばれることが多いですが、同社では他にも虫よけスプレーなど人体に使用する商品もあることから、より安全性を印象付ける呼称を検討していたようです。

ユーザーの中には殺虫剤という名称に怖いイメージを持つ人もいることや、安全性の高さをアピールする目的もあるのでしょう。

▼業界全体への定着は実現するか?
アース製薬では、すでに公式サイトで「虫ケア用品(殺虫剤)」という形でカテゴリー名の変更を行っています。

現在は同業他社へも呼称変更を呼び掛けているそうで、業界全体で「虫ケア用品」を広めることを目的としているようです。

しかし、ネットでの反応を見ると、商品のイメージに合わない名称と考える人もおり、定着には時間がかかるかもしれません。

個人的には、慣れ親しんだ名称が使われなくなるのは寂しい気もしますが、「虫ケア用品」が普及するか見守っていきましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

今年生まれた子の名前、男子は3つが同率1位 [政治・経済]

明治安田生命が、今年生まれた子どもの名前ランキング結果を発表しています。

今回の結果では、男の子の名前3つが同率で1位に選ばれるという、調査開始以来の現象も起こりました。

▼男の子の名前、上位3つが同率1位に
このランキングは、明治安田生命が生命保険加入者を対象に1989年から行っている『生まれ年別の名前調査』で、毎年多くの人に注目されています。

今年は、男の子で「悠真」「悠人」「陽翔」が同率で1位になるという、珍しい結果が出ています。

女の子の方も、「結菜」「咲良」が同率1位となっており、特定の名前に人気が集中したようです。

一方で、男女とも昨年1位だった名前はトップ10から消えるなど、人気の名前は大きく入れ替わっており、上位に入る名前の移り変わりは激しいように見えます。

▼読み方は「ハルト」「サクラ」がトップに
同調査では、名前の読み方や人気の漢字もランキングになっており、読み方については上位が安定しているようです。

男の子は「ハルト」が9年連続で1位、女の子は2013年にトップテン入りした「サクラ」が始めて1位になったそうです。

漢字では、男の子には「太」「大」「翔」が、女の子には「菜」「結」を使ったものが人気を集めています。

トップテン入りした名前の中には、漢字だけだと読み方が分かりにくいものもありますので、主なものは覚えておくのもいいかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 政治・経済 ブログトップ