So-net無料ブログ作成
政治・経済 ブログトップ
前の10件 | -

AT車の信号待ち「D」レンジに問題は? [政治・経済]

現在主流となっている自動車のオートマチックトランスミッションで、信号待ちの際に使用するレンジについては、ドライバーによる差があるそうです。

一部では、信号待ちのときに「N」に切り換えるという意見もあるそうですが、実際は「D」レンジを維持した方が機械的な負担は少ないようです。

▼信号待ちでの「N」の切り換えは
現在利用されている多くの自動車で採用されているATは、駐車時の「P(パーキング)」、走行時の「D(ドライブ)」、車両を後進させる「R(リバース)」といったレンジの切り換えとアクセル、ブレーキによって操作します。

MT車よりも比較的簡単な操作で運転ができますが、レンジの一つである「N(ニュートラル)」については、使い道が分からないという人もいるのではないでしょうか。

中には、トランスミッションの負担を抑えるために、信号待ちの時に「N」レンジを使用するという意見もあるそうです。

▼「N」は、通常使用しないレンジ
しかし、専門家の話では、レンジをこまめに切り換える行為は負担が大きくなるため、信号待ちではDレンジを維持した方が良いということです。

「N」レンジは、故障時に車両を牽引する際などに利用されるなど、通常の走行で直接切り換えることは少ないそうです。

ただ、レンジの位置は「D」と「R」の間に配置されているため、前進から後退へ切り換えるときに急激なシフト変更にならないようにする役割もあるのでしょう。

基本的に信号待ちであっても「D」から切り換える必要はありませんが、長時間待つ場合は「N」を利用するのもいいかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

郵便局の通販サイトがダウン、理由は? [政治・経済]

日本郵便の切手などを販売するサイト『郵便局のネットショップ』が、2月19日からつながりにくい状態になっているそうです。

同サイトでは、この日から平昌オリンピックのメダル獲得者をデザインした記念切手が販売されており、その人気からアクセス困難が続いているとみられます。

▼平昌五輪メダリストの記念切手
日本郵便では、現在開催中の平昌オリンピック・パラリンピックで、メダルを獲得した日本代表選手のフレーム切手を販売しています。

商品は、選手のメダル獲得に応じて随時追加されており、これまでに高梨沙羅選手、高木美帆選手、平野歩夢選手、小平奈緒選手などの切手が販売開始されました。

さらに、2月19日にはフィギュアスケート男子シングルの金メダリスト羽生結弦選手と、銀メダリスト宇野昌磨選手の切手も追加されています。

▼高額な転売行為に注意を
今回の通販では、特に羽生・宇野選手の記念切手販売開始でサイトにアクセスが殺到したようで、現在もつながりにくい状態が続いているようです。

このフレーム切手は、各選手の写真が入った切手の5枚セットとなっており、1人1シート限定で注文を受け付けているそうです。

日本郵便では、フレーム切手を十分に用意していることを告知しており、時間を空けてからのアクセスをするよう呼び掛けています。

この手の人気商品では、ネットでの高額転売も予想されますが、日本郵便による通販を利用するようにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

シートベルト警告音を消す部品、販売停止の動き [政治・経済]

自動車のシートベルトを着用せずに走行した際、警告音でドライバーに非着用を知らせる装置を無効化する部品が、販売停止となりそうです。

ネット通販サイトの多くで取り扱い禁止商品になるそうで、今後は店頭での販売も減少するとみられます。

▼自動車のシートベルト着用は全席義務
現在、自動車のシートベルト着用は全ての座席に対して義務付けられており、義務化以降は自動車にも非着用を知らせる装置が付けられています。

特に、運転席や助手席では、シートベルトを着けずに走行した場合、警告音が鳴る場合もあり、非着用を防ぐ役割を担っているそうです。

しかし、この警告音を取り消す『シートベルト警告音キャンセラー』と呼ばれる装置がネットなどで販売されていました。

▼警告音キャンセラーの目的は
シートベルト警告音キャンセラーは、車の助手席に重い荷物を載せた際に発生する警告音を止めるために開発された商品です。

車の助手席の警告音は、座席の重量によって反応するため、ここに荷物を載せる場合には役立つ商品と言えます。

しかし、シートベルトの着用を避けるためにこれを運転席で使用する人もいるそうで、不正改造として警察に摘発された例もあります。

これを受け、楽天市場やYahoo!、Amazonなど大手ネット通販ではキャンセラーの出品停止や取り扱い禁止などに動いているそうです。

助手席に重い荷物を載せるという行為も、状況によっては運転席に危険が及ぶ可能性がありますので、座席に荷物を載せる場合はシートベルトで固定するようにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

年賀はがき、2019年から62円に値上げ [政治・経済]

日本郵便が、2017年から2018年の年末年始にかけて据え置きとしていた、年賀はがきの料金を値上げする方針を固めたそうです。

年賀はがきの発行枚数減少が続いていることや、種類によってはがきの料金が異なることが十分に知られていなかったことが理由で、年賀状の利用者の現象が予想されます。

▼年賀はがきの料金据え置き
日本郵便では2017年6月に郵便はがきなどの料金を変更しており、通常のはがきは52円から62円に値上げされました。

しかし、年賀はがきについては2017年12月15日から2018年1月7日の間に差し出したものに限り、料金を52円に据え置いています。

そのため、年末年始には久しぶりに年賀状を投函したという方もいたのではないでしょうか。

▼2019年分は通常はがきと同額に
今回明らかになったのは、2019年用の年賀はがきの料金を現在の普通はがきと同様に62円とするものです。

年末年始の年賀はがき料金据え置きで、発行枚数の減少に歯止めがかかることが期待されましたが、その効果は少なかったようです。

特に、今年の1月8日以降に年賀はがきを投函する場合、10円分の切手を貼る必要があったことから、分かりづらいというイメージも広まったのかもしれません。

利用者が減少を続ける年賀はがきですが、SNSの普及によって今後はさらにネットによる年始挨拶を選ぶという人が多くなりそうですね。
nice!(0)  コメント(0) 

関西空港、スーツケース置き去りが増加 [政治・経済]

大阪府にある関西国際空港で、最近旅行客によるスーツケースの置き去りが増加し、問題になっているそうです。

現在は1日あたり平均2個のスーツケースが集積所に回収されており、空港では処分に苦労しているようです。

▼日本有数の空港内で
関西国際空港は、1994年に開港した空港で、世界初の人工島だけで構成される海上空港です。

その立地から、日本の拠点空港として初めて旅客、貨物便の24時間運用が行われる空港でもあります。

大阪国際空港や神戸空港とともに、関西を代表する空港であり、日本でも有数の空の玄関口として機能しています。

▼買い替えで古いスーツケースが捨てられる
この関西空港で、現在スーツケースが置き去りになることが増えているそうです。

関西エアポートによると、このスーツケースは日本を訪れた外国人が使用していたものとみられており、日本で新しいケースを購入した際に放置されていると考えられています。

そのため、スーツケースは中味が入っていないものがほとんどですが、ゴミと判断されたものは集積場に送られ、処分する場合も費用がかかることになります。

日本で販売されるスーツケースが売れるのはいいことですが、購入した人は古いケースも責任をもって処分するようにしてほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

泰明小、報道の影響で児童に嫌がらせも [政治・経済]

先日、新入学児童を対象にアルマーニ監修の標準服変更が報道された泰明小学校で、児童が知らない人から言いがかりをつけられるなどの被害が出ていることが分かりました。

公立小学校の標準服に高級ブランドを起用することについては、世間でも意見が分かれているようですが、その批判を児童に向けるような行為は許されないことでしょう。

▼小学生の標準服にアルマーニ
これは、東京都中央区にある公立小学校の泰明小学校が、今年4月に入学する児童を対象に、標準服をイタリアの高級ファッションブランドとして知られるアルマーニの監修するものに変更するということが話題になったものです。

泰明小の標準服は、学校が着用を推奨する服で強制的なものではないものの、ほとんどの児童が着用していることから、実質的に制服として機能しています。

変更が予定されている新しい標準服は、必須とされる一式が4万円で、その他のバッグなど任意の商品も全て購入した場合は、総額8万円すると言われています。

ただ、このことが報道された際、標準服にかかる費用として「8万円」という金額が強調されたことから、世間でもこのことを批判する声が上がっています。

▼児童が嫌がらせに遭う事案も発生
これらの報道の影響で、学校には批判の電話が殺到したり、児童が不審者から言いがかりをつけられたり、服をつかまれるなどの暴行に遭う事案も起こっているそうです。

このようなトラブルについて、学校では児童の下校に教職員を付き添わせるなどの対応を行っており、学校の業務にも支障をきたしているようです。

泰明小の現在の標準服の価格は1万9000円ほどで、新しいものは必須とされるものだけでも4万円かかるそうですが、いずれにしてもその是非を決めるのは児童を通わせる保護者です。

報道では、より刺激的な表現で伝えられていますが、当事者以外の方は冷静に状況を見守るようにしてほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

『報ステ』の自衛隊除雪報道に批判の声 [政治・経済]

テレビ朝日系のニュース番組『報道ステーション』の2月7日の放送で、記録的な大雪に見舞われる福井県の様子が伝えられました。

番組では、除雪作業にあたる自衛隊の姿も報じられましたが、その内容に視聴者から批判が寄せられているそうです。

▼福井県の記録的大雪をレポート
先日から、全国各地では例年よりも多くの雪が降るというニュースが多く伝えられており、中でも北陸地方では記録的な大雪により、福井県の国道を走る車両が立ち往生する様子も見られました。

『報ステ』では、多くの車両が移動困難となった国道8号から中継を行い、復旧に時間がかかっていることを伝えていました。

当時の国道8号は、24kmに渡って車が立ち往生しており、放送でも自衛隊員が除雪作業を行っている様子も映されました。

▼ネットの批判、過剰反応では?
その中で、番組が報じた「24時間で除雪できた部分はわずか1.5kmほど」という言葉に、ネットなどから批判が続出したそうです。

番組では、この作業で220台の車が救われたことも説明していましたが、一部の人からは他人事のような言い方として反感を買ったようです。

レポートでは、除雪する場所が狭く、重機が入れない状況であったことも伝えられていましたが、「わずか1.5km」という表現が批判の元になったのかもしれません。

私も当時の中継を視聴していましたが、番組では1.5kmという距離が手作業によるものであることも説明されていましたし、今回の批判はやや過剰な反応のように思えます。

ネットでは何かと他人を叩くことに力を入れる人がいるようですが、番組が伝える内容を自身でもよく考えてから意見を出した方がいいのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

眞子様と小室圭さんの結婚が延期に [政治・経済]

昨年、大学時代の同級生との婚約発表で話題となった、秋篠宮の長女眞子様が、結婚関連の儀式を延期することが分かりました。

結婚の日程が変更される理由には、「十分な準備を行う余裕がなかった」ことや来年行われる天皇陛下退位による儀式を控えていることなどが挙げられているそうです。

▼結婚式の延期が発表される
眞子様のご婚約が報道されたのは、昨年5月からで、相手の男性である小室圭さんには多くの報道陣が詰めかけるなど、当時大きな話題となりました。

その年の9月には、2人による婚約内定会見が執り行われ、報道では2018年にも結婚関連の儀式が行われることが予想されていました。

しかし、今回の宮内庁の発表により、結婚式は2020年まで延期されることが決定したそうです。

▼小室家の金銭トラブル報道は否定
宮内庁では、結婚延期の理由に「諸行事や結婚後の生活について、十分な準備を行う余裕がなかった」と説明しています。

また、2019年には天皇陛下の退位という大きな行事も控えていることから、その翌年である2020年まで結婚式を延期することになったと思われます。

一部の報道では、夫となる小室さんの家庭で金銭のトラブルがあることも報道されたそうですが、この件については宮務主管から関係がないことが説明されています。

報道に関しては気になる部分もありますが、お二人が無事に結婚式を挙げられることを望みたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ドライバー9割が違反?「横断歩行者妨害」とは [政治・経済]

車を運転する人にとって、歩行者の通行を妨げないように走行することは大変重要と言えます。

その中で、あまりドライバーに認識されていない規則があり、現在それがほとんど守られていないことが問題となっているそうです。

▼横断歩行者妨害違反とは
通常、自動車を運転する際、信号機のある場所についてはそれを順守して、右折や左折の際に横断歩道を通行する歩行者がいれば、一時停止させることはどのドライバーでも行っていることと思います。

しかし、信号機のない横断歩道については、そこに歩行者がいても車を停めないドライバーが多いようです。

道路交通法では、信号機の有無に関係なく横断歩道を通過する人、または通過しようとしている人がいる場合は車両側が一時停止することを義務付けています。

これに違反すると「横断歩行者妨害違反」となり、摘発の対象となるそうです。

▼9割のドライバーが違反している現状
このように、自動車は歩行者の横断歩道の通過を妨げてはいけないことになっていますが、信号機のない場所では、歩行者がいても9割の車が一時停止をしていないという調査結果が出ています。

また、このような現状から横断歩道を利用したにもかかわらず、通行してきた車に歩行者がはねられて亡くなるという事故も起こっているそうです。

横断歩行者妨害違反では、原点や反則金などの処分が科されますが、何よりも無用の事故を防ぐために、横断歩道に人がいるときは一時停止することを忘れないようにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

SB「牛丼無料クーポン」配信、各地で混乱に [政治・経済]

2月2日に携帯電話大手のソフトバンクが行った、吉野家の無料クーポン券配信で、各地の店舗に行列ができるなどの混乱が相次ぎました。

ソフトバンクは、これまで様々な企業と連携し、無料クーポンを提供していますが、その度に店舗へ人が詰めかけることから、キャンペーンの見直しを求める声もあるようです。

▼スーパーフライデーとは
ソフトバンクでは、自社のスマートフォンユーザーを対象に、期間限定で様々な特典を受け取れるクーポンを配信する「スーパーフライデー」というキャンペーンを展開しています。

例としては、ミスタードーナツやサーティワンアイスクリームといった店舗で使用することで、対象の商品を無料でもらえるというものなどがあります。

そして、今年2月は毎週金曜日に牛丼チェーン店の吉野家で、牛丼並盛が無料となるクーポンが配布されているということです。

▼各地の吉野家に行列、渋滞も発生
ソフトバンクユーザーにとっては嬉しいキャンペーンですが、このクーポンは予想以上に多くの人が利用したそうで、2月2日は各地の吉野家に行列が発生しました。

店舗の周辺では入店を待つ人が大量に並び、ドライブスルーを待つ自動車によって渋滞が起こったところもあったようです。

ネットでは、この行列について批判的な意見が多く出ており、ソフトバンクへキャンペーンの見直しを提案する声もあります。

ユーザーが喜ばれるサービスとなるために、携帯電話サービス料金などで利用できるクーポンを提供するなど、スーパーフライデーを改善してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 政治・経済 ブログトップ