So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
海外・世界 ブログトップ
前の10件 | -

タイの洞窟、少年ら13人の救出が完了 [海外・世界]

タイのルアン洞窟で、サッカーチームの少年ら13人が閉じ込められていた問題で、7月10日に全員の救出が完了したことが発表されました。

先日、救出作業を行っていたダイバー1人が死亡しましたが、少年たちが無事に生還できて良かったです。

▼洞窟に入った少年たちが閉じ込められる
この事件は、タイのチェンライ県にあるルアン洞窟で、サッカーチームの少年たちとそのコーチが閉じ込められたものです。

少年たちは、メンバーの誕生日を祝うために洞窟に入っていましたが、降雨によって洞窟内の水が増え、全員身動きが取れない状態になっていました。

その後、彼らは捜索隊に発見され、軍や警察などによる救命作業が行われています。

▼懸命の救出作業により、全員が生還する
彼らが発見された場所は、入口から4km前後あり、その間には水がたまっていることで潜水が必要となるところもあります。

少年たちが泳げないということもあり、救出者1人につき2人のダイバーが付くという救出方法が採られ、7月9日までに少年8人が救出されていました。

7月10日には、残っていた少年4人と男性コーチも救出され、彼らが行方不明となってから18日で、全員の救出が完了したことになります。

今回の一連の作業はかなり大掛かりなもので、世界各国のメディアでも取り上げられる騒動となりましたが、このような事件が2度と起きないことを願いたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

スタバ、プラスチックストロー廃止と発表 [海外・世界]

アメリカのコーヒーチェーン大手『スターバックス』が、使い捨てタイプのプラスチック製ストローを2020年までに廃止することを発表しました。

対象は全世界の店舗となっており、プラスチックによる海洋汚染を防ぐ目的があるそうです。

▼環境破壊につながるプラスチックストロー
飲食店で提供される飲み物の多くに使われているストローは、元々は原材料に利用されていたものが「麦わら」であったことが、名前に由来しています。

現在は、真っすぐなもの以外に、折り曲げられるものや伸縮するものなど、様々な形状のストローが存在し、市販のパック飲料に付属することもあります。

その材料は、プラスチック製のものが多く流通していますが、これが廃棄されることによる海洋汚染が、世界的な問題になっているそうです。

▼台湾では全面禁止の動きも
スターバックスのプラスチック製ストローは、2020年までに全店舗で廃止されることになるということです。

海洋汚染を理由とするストロー廃止は、先月台湾でも規制案が出ており、将来的には使い捨てのプラスチック製品の使用が全面的に禁止となる可能性もあるそうです。

スタバでは、プラスチックストローの代わりに、ストローを使わない容器のふたや紙製のストロー、再利用できる材質のストローへの切り替えを行うということです。

環境に配慮した、このような対策が自然保護に役立つことを期待したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ユーチューバーの男女3人が、滝から落ち死亡 [海外・世界]

世界各地を旅行し、その冒険する姿をYouTubeなどで配信していた男女3人が、滝から落下して死亡するという事故がありました。

現場となった滝は、頂上部分が天然のプールとなっており、その岩場の淵で足を滑らせて落下したということです。

▼滝の頂上から3人が落下する
事故が発生したのは、カナダにあるシャノン・フォールズ州立公園内にあるシャノン滝で、頂上で泳いでいたライカ―・ギャンブルさん、アレクシー・リャフさん、ミーガン・スクレイパーさんの3人が落下して亡くなっています。

警察によると、3人は滝の頂上にある天然のプールで他の友人らと泳いでいたそうですが、ミーガンさんが岩場の淵を歩いていた際に足を滑らせて落下、アレクシーさんとライカ―さんはそれを助けようとして、一緒に流されたそうです。

シャノン滝の写真を見ると、かなりの高さがあることから、転落による死は回避できなかったでしょう。

▼人気ユーチューバー、違法・危険行為も
ライカ―さんとアレクシーさんは、YouTubeのチャンネル『highonlife』で登録数50万人を超える人気グループとして活躍し、インスタグラムでも110万人のフォロワーがいるそうです。

しかし、写真や動画を撮影するために禁止区域に侵入したり、危険な行為なども配信したりしていたということです。

SNSでは、彼らによる様々な動画も確認できるようですが、日本のユーチューバーが真似しないことを望みたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

タイの洞窟、救助作業のダイバー1人が死亡 [海外・世界]

東南アジア・タイのルアン洞窟にサッカーチームの少年ら13人が閉じ込められている事故で、救出活動を行っていたダイバー1人が亡くなったことが報じられています。

このダイバーは、タイの海軍に所属していた38歳の男性で、洞窟内で呼吸困難により死亡したということです。

▼洞窟内で生存確認も、救出は困難
この事故は、タイにあるルアン洞窟の中に入った少年ら13人が、増水の影響により、洞窟から出られなくなったものです。

少年たちは、彼らを捜索していたダイバーによって発見されましたが、現在洞窟内は大雨によって水没している部分もあるため、その救出作業は困難な状態となっています。

現地の軍や警察では、洞窟の排水や中にいる少年たちへの食糧の補給が行われていますが、具体的な救出方法については検討中のようです。

▼元海軍所属のダイバーが死亡
今回、報じられたのは、この洞窟で救出活動を行っていたダイバー1人が死亡したというものです。

このダイバーは、洞窟の中にいる少年たちのために酸素の入った空気ボンベを運ぶ作業を行っていました。

しかし、その移動中に呼吸困難に陥ったそうで、移動に必要な酸素が不足していたと考えられています。

今回の救助方法で候補の一つとして計画されていた「少年たちに潜水の技術を習得させて、自身で脱出する」というものがありましたが、今回のダイバー死亡はその計画が困難であることを感じさせます。

計画では、少年にダイバーが補助として付き、移動することが検討されているそうですが、今後の計画にも注目したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

『機動戦士ガンダム』がハリウッドで実写映画化 [海外・世界]

1972年にテレビアニメ第1作が放送されて以来、現在まで幅広い分野で展開を続けている『機動戦士ガンダム』。

その『ガンダム』が、アメリカ・ハリウッドで実写映画化されることが発表されたそうです。

▼来年40周年を迎えるアニメシリーズ
『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送されたテレビアニメで、当時としては珍しい戦争を舞台にした、リアルな人間ドラマが描かれた作品として人気となりました。

作品に登場した「モビルスーツ」「ニュータイプ」という言葉や設定は、従来のロボットアニメとはまた違った魅力を引き出し、その後の作品にも大きな影響を与えています。

初回の放送時は高視聴率とは言えませんでしたが、その後繰り返し再放送されたことや、登場したモビルスーツのプラモデル「ガンプラ」の人気により、その後も様々な作品が登場する人気シリーズに成長しました。

▼ファンの間では実写化への不安も
今回の『ガンダム』実写映画化は、7月5日からアメリカのロサンゼルスで開催されているイベント内で発表されたものです。

実写映画を手掛けるのは、これまでのシリーズ制作にもかかわってきたサンライズと、『パシフィック・リム』などの作品で知られるレジェンダリー・ピクチャーズで、現時点ではビジュアルイメージ1点だけが公開されています。

これまで、一部のゲームなどで実写の人物が使用されたことのある『ガンダム』ですが、実写映画としてどのような作品ができあがるのかは予想がつきません。

ファンの間では、実写化を不安視する意見もありますが、今後の情報に期待しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

タイの洞窟に少年ら13人、救出方法は? [海外・世界]

東南アジアの国タイで、サッカーチームの少年とそのコーチが洞窟の中に閉じ込められた状態となっていることが分かりました。

現在は、タイ軍などが救出へ向けて活動中ですが、洞窟内が雨水によって冠水していることから、救助は困難となっているようです。

▼雨期による増水で洞窟に閉じ込められる
これは、タイの北部チェンライ県にあるルアン洞窟に、サッカーチームの少年12人とコーチが閉じ込められた状態となっているものです。

少年たちは、6月23日にサッカーの練習後、その日誕生日だったメンバーを祝うために洞窟の中に入ったそうです。

この洞窟は鍾乳洞となっていて、海外からの見に来る人がいる人気のスポットとなっていました。

しかし、現在タイは雨期を迎えており、この日も降水による水の流入で外へ出ることが困難となったことで、少年たちは洞窟の奥で救助を待つしかなかったそうです。

▼救出する方法は、潜水の習得か
少年たちは、一時は行方不明となっていましたが、7月2日に捜索隊から発見されたそうです。

幸い、13人全員の無事が確認されましたが、冠水によって洞窟は水没している部分も多く、プロのダイバーでも中の移動は容易ではないということです。

現時点で、救出方法の1つとして考えられているのは、少年たちに潜水の技術を教えて自力で脱出をさせるというものだそうです。

タイが現在の雨期から乾期となるのは11月と先のため、この方法が妥当かもしれませんが、洞窟内部は視界も悪い場所が多いことから、これを実行するためにはまだ時間がかかるかもしれません。

現在、現地では洞窟にたまった水の排出作業や、物資の補給などが行われているそうですが、早く少年たちが外へ出られるようになってほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

ハワイ州で日焼け止め禁止法案が成立 [海外・世界]

アメリカのハワイ州で、日焼け止めの販売や流通を禁止する法案が成立したそうです。

日焼け止めに使用されている成分が、サンゴに害を与えることが理由とされていますが、これに反対する意見もあるようです。

▼日焼け止めの成分が、サンゴに悪影響?
これは、ハワイ州議会で今年5月に通過していた法案で、市販の日焼け止めでオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる製品の販売・流通を禁止するものです。

これらの成分は、サンゴの白化や遺伝子損傷の原因になると言われており、日焼け止めを使った人の肌から流れ落ちることで、サンゴにダメージを与えると考えられています。

法案にかかわった非営利の学術団体によると、これらの成分によってサンゴの新しい世代が育たないことで、サンゴ礁の縮小につながるということです。

▼業界団体からの反発意見も
ハワイ州の日焼け止め規制の法案は、今月成立し、2021年から施行される予定となっています。

ただし、この法案で禁止される成分は、日焼け止めにとって重要なものであるため、海水浴客の皮膚がんのリスクが上昇するという声も出ているそうです。

日焼け止め製品を販売する業界の団体では、この意見とともに法案で禁止されることについて反発しているということです。

サンゴを守ることは重要ですが、これによって、ハワイの海水浴客が減少するかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0) 

マイケルさんの父、ジョセフ・ジャクソンさんが死去 [海外・世界]

2009年に死去したマイケル・ジャクソンさんの父親で、音楽グループ『ジャクソン5』のマネージャーを務めたジョセフ・ジャクソンさんが亡くなったそうです。

ジャクソン5は1960年代に世界的な人気を獲得しましたが、ジョセフさんの指導は厳しく、メディアでは虐待だったという解釈もあったようです。

▼ジャクソン5とは
ジョセフさんがマネージャーを務めたジャクソン5は、1962年に結成された音楽グループです。

結成当初は、別な人物もメンバーに含まれていましたが、間もなく変更され、ジョセフさんの息子5人によるグループとなりました。

その中には、幼少期のマイケル・ジャクソンさんもおり、リード・ヴォーカルとして活動しています。

グループは、デビュー曲の『帰ってほしいの』から『ABC』などのヒット曲を多数輩出し、それらの曲は現在でも親しまれるものになりました。

▼厳しい指導が問題に
ジョセフさんは、ジャクソン5のマネージャーとして成功を収めましたが、メンバーである子どもたちへの指導は大変厳しいものだったそうです。

このことは、マイケルさんも大人になってから当時の経験を回想しており、メディアではジョセフさんの指導を虐待として解釈する所もあったようです。

ジョセフさんは、がんのために闘病生活を送っていたそうですが、6月27日に89歳で死去しました。

ジャクソン5以外にも、ラトーヤ・ジャクソンさんやジャネット・ジャクソンさんのマネジメントも務めたジョセフさんの功績は、大きなものだったと言えそうです。

ジョセフ・ジャクソンさんの死に、謹んで哀悼の意を表します。
nice!(0)  コメント(0) 

ロックバンド『キンクス』、約20年ぶりの再結成へ [海外・世界]

イギリスのロックバンドで、1960年代に活躍したキンクスが、再結成することになるそうです。

キンクスの活動は1996年の公演以来で、20年以上の時を経た再結成では、新しいアルバムも作られるようです。

▼1960年代に活躍したバンド
キンクスは、レイ・デイヴィスさんとデイヴ・デイヴィスさんの兄弟によって、1964年に結成されたロックバンドです。

彼らの楽曲の中には、後年ヴァン・ヘイレンやプリテンダーズなどによってカバーされたものも多く、その後登場したバンドにも大きな影響を与えたと言われています。

アルバムの商業的失敗や、デイヴィス兄弟の作曲における関係などから、バンドは1996年に解散しましたが、現在も根強い支持を受ける存在となっています。

▼再結成はメンバー3人で
キンクスの再結成は、イギリスのテレビでレイ・デイヴィスさんがインタビューに応じた際に発表されたものです。

それによると、現在健在のメンバーであるデイヴ・デイヴィスさんとドラムスのミック・エイヴォリーさんの3人で、新しいアルバムの制作も行われるようです。

今回の再結成について、レイさんは、結成から現在も活動を続けているローリング・ストーンズにインスパイアされたことを明かしています。

イギリスのバンドでは、ビートルズやローリング・ストーンズと並ぶ存在であるキンクスの、新たな作品にも注目したいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

ラッパーのXXXTentacionさん、銃撃受け死亡 [海外・世界]

アメリカ人のラッパーとして、若者から人気となっていたXXXTentacionさんが、フロリダ州で銃撃により死亡したそうです。

Tentacionさんの音楽は、多くの人に支持されていたそうですが、私生活では暴行で逮捕されたこともあり、その行動は物議を醸していました。

▼XXXTentacionの由来は
XXXTentacionさんは、2016年にデビューしたラッパーで、成人向けコンテンツを表す「XXX」にスペイン語で誘惑を意味する「Tentacion」を合わせたものが名前の由来になっているそうです。

2017年にリリースしたデビューアルバム『17』では、全米アルバムチャートで2位を記録しました。

さらに、2018年には2枚目のアルバム『?』が全米で1位となるなど、若者を中心にその人気が注目されていました。

このアルバムでは、目立ったプロモーションはされていなかったということで、その注目度の高さがうかがえます。

▼強盗事件に巻き込まれた可能性
Tentacionさんが銃撃されたのは、6月18日のことで、現場はフロリダ州マイアミの北にあるディアフィールド・ビーチのバイク店でした。

報道では、この店から出たところを2人組の容疑者に襲われ、銃で撃たれたとみられています。

容疑者たちは、Tentacionさんの所持していたバッグを奪って車で逃走していることから、Tentacionさんが強盗事件に巻き込まれた可能性が考えられているそうです。

私生活では、暴力によるトラブルが問題となっていましたが、音楽では絶大な人気だったことから、その死を惜しむ声も多いでしょう。

XXXTentacionさんの死に、謹んで哀悼の意を表します。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 海外・世界 ブログトップ