So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

FIFA、美女サポーターのカット削減を要請 [スポーツ・競技]

日本のメディアでも熱戦が放送されているFIFAワールドカップロシア大会では、選手だけでなく、それを応援する人の姿も多く映し出されていました。

これに関連して、FIFAがテレビ放送での女性のカットを減らすよう、要請したことがネットなどで物議を醸しているようです。

▼美女サポーターの放送に警告
これは、FIFA(国際サッカー連盟)が行っている人種差別や性差別の対策について、差別禁止プログラムの見直しを図ろうとしているものです。

ロシア大会では、人種差別の問題は想定よりも多く見られなかったそうですが、女性差別の問題が目立っていたとされています。

具体例としては、女性ファンが性的な言動を強いられたというものや、メディアでの女性の扱い方も問題視されているようです。

▼各国のテレビ局に要請も
W杯のようなスポーツの世界大会では、テレビなどで応援する人達が映し出されることも多いですが、今回の大会については、特に美女サポーターを捉えたものが目立っていたそうです。

これにより、FIFAでは各国のテレビ局に対して「美女サポーターなどを集中的に映す割合を減らすように要請したそうです。

このことについて、ネットでは賛否両論あるようですが、中には「観客を映す必要性」そのものに疑問を持っている人もいるようです。

いずれにしても、今後このような世界大会では、露骨な女性観客の撮影は減ることになりそうですね。
nice!(0)  コメント(0) 

目黒虐待事件、父親が大麻所持で追送検に [国内・地域]

2018年3月に、東京都目黒区で父親の虐待により、当時5歳の女児が死亡するという事件がありました。

この事件で女児の父親が傷害などにより起訴されていましたが、新たに大麻を所持していた容疑で追送検されたそうです。

▼凄惨な虐待事件として話題に
この事件は、東京都目黒区に住む5歳の女児が、両親から虐待を受けたことにより、死亡したものです。

この家族は、以前香川県で暮らしており、今年1月から東京都に移住していましたが、女児はそのころから自宅に軟禁された状態だったと言われています。

また、亡くなった女児の体には暴行の跡が確認されており、暴行内容についてもメディアで大きく取り上げられたことから、話題となっていました。

▼新たに大麻所持の事実が発覚
今回、新たに判明したのは、女児を虐待していた父親が、自宅で乾燥大麻を所持していたことです。

この男性容疑者は、すでに女児の虐待に関して、保護責任者遺棄致死や暴行の罪で起訴されていますが、大麻所持によって追送検されるということです。

虐待事件が報じられた際には、女児の父親の異常性がクローズアップされましたが、大麻がそのことに関係しているとしたら、何とも恐ろしいことですね。

現在、父親は大麻所持について黙秘しているそうですが、その罪は今後さらに重いものとなりそうですね。
nice!(1)  コメント(0) 

にんにくの過剰摂取に注意、胃腸障害の危険も [くんだりなネタ]

体に有効な作用があるとして、様々な料理でも活用される「にんにく」を過剰摂取したことで、体調を崩したという体験談が話題となっています。

にんにくには、強壮作用や殺菌力があると言われていますが、摂りすぎることで体にもダメージを与えることがあるそうです。

▼にんにくの食べ過ぎで搬送される
現在、SNSで話題となっているのは、あるTwitterユーザーが腹痛により、救急車で搬送されたという記事です。

このユーザーによると、腹痛の原因となったのはにんにくの過剰摂取で、「胃の壁が破壊され、腸内細菌が死滅致しました」という記事とともに、治療を受けた自身の腕の画像が投稿されていました。

その少し前の投稿を見ると、閉店間際のラーメン屋で大量のにんにくを食べており、これが体調を崩した要因となったのでしょう。

▼善玉菌も死滅する殺菌力
にんにくには、ビタミンB1の効果を高めるアリシンという物質を含んでいるほか、強壮・強精作用やがん予防の効果の可能性も示唆されているそうです。

また、強力な殺菌作用は、O157などの菌にも有効と言われており、様々な効果を期待してにんにくを食べるという人もいると思います。

ただ、殺菌作用についてはかなり強いことから、食べすぎることで腹痛や血が止まりにくくなる、口内や皮膚が荒れるなどの症状が出る場合があります。

今回の投稿者も、過剰ににんにくを食べたことで、胃腸内の善玉菌が死滅したようですが、身近な食材だけに、一度に摂取する量には私たちも注意したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

タイの洞窟、少年ら13人の救出が完了 [海外・世界]

タイのルアン洞窟で、サッカーチームの少年ら13人が閉じ込められていた問題で、7月10日に全員の救出が完了したことが発表されました。

先日、救出作業を行っていたダイバー1人が死亡しましたが、少年たちが無事に生還できて良かったです。

▼洞窟に入った少年たちが閉じ込められる
この事件は、タイのチェンライ県にあるルアン洞窟で、サッカーチームの少年たちとそのコーチが閉じ込められたものです。

少年たちは、メンバーの誕生日を祝うために洞窟に入っていましたが、降雨によって洞窟内の水が増え、全員身動きが取れない状態になっていました。

その後、彼らは捜索隊に発見され、軍や警察などによる救命作業が行われています。

▼懸命の救出作業により、全員が生還する
彼らが発見された場所は、入口から4km前後あり、その間には水がたまっていることで潜水が必要となるところもあります。

少年たちが泳げないということもあり、救出者1人につき2人のダイバーが付くという救出方法が採られ、7月9日までに少年8人が救出されていました。

7月10日には、残っていた少年4人と男性コーチも救出され、彼らが行方不明となってから18日で、全員の救出が完了したことになります。

今回の一連の作業はかなり大掛かりなもので、世界各国のメディアでも取り上げられる騒動となりましたが、このような事件が2度と起きないことを願いたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 

キユーピー、マヨネーズキャップを三つ穴に [政治・経済]

食品メーカーのキユーピーが、一部のマヨネーズ商品に使用するキャップを「一つ穴」から「三つ穴」に変更することが分かりました。

三つ穴キャップにより、マヨネーズを細い3本線状に出せるようになることから、料理をより見栄え良くする効果が期待できそうです。

▼進化するマヨネーズのキャップ
キユーピーの主力商品であるマヨネーズは、当初その絞り口は星型のものが採用されていました。

その後、2002年にはキャップに細い線状に絞り出せる「一つ穴」が採用され、2005年からはこのキャップと星型の両方が使える商品が主流となっています。

一つ穴のキャップは、マヨネーズを細く出せるため、近年はインスタ映えを狙った料理などでも重宝されているようです。

▼飲食店のようなマヨネーズに
今回、本格的な採用が発表された「三つ穴」キャップは、2015年に試験的に販売されていたもので、今後350gの商品に使用されるそうです。

主力商品となっている450gのタイプは、従来通りとなるようですが、今後の反応次第ではこちらにも採用される可能性がありそうです。

この「三つ穴」は、横に穴が並んだ配列になっており、小さな子どもが出しやすいように真ん中の穴だけがやや小さくなっているそうです。

「三つ穴」キャップが、若い人にもマヨネーズを使う楽しみが実感できるものになるといいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

奥田民生さんらが50代メンバーのバンド結成 [芸能・エンタメ]

人気ミュージシャンの奥田民生さんや斉藤和義さんが、50代ミュージシャンのメンバーで構成されるバンドを結成するそうです。

バンド名は『カーリングシトーンズ』で、9月23日にデビューライブを行うことが決定しています。

▼カーリングシトーンズとは
今回、結成が発表されたカーリングシトーンズは、JUN SKY WALKER(S)のベーシストとしても知られるミュージシャンの寺岡呼人さんのソロ活動25周年を記念して生まれたものです。

バンド名は今年話題となった競技「カーリング」に、海外のロックバンド「ローリングストーンズ」を合わせたものと思われます。

バンドに参加しているメンバー全員が、50代の大物ミュージシャンとなっているのが特徴で、寺岡さんをはじめ、奥田民生さん、斉藤和義さん、トータス松本さん、浜崎貴司さん、YO-KINGさんの6人がメンバーとなっています。

バンドでは、全員がボーカルとギターを担当するほか、各メンバーがベースやドラム、キーボードなどを兼任することになるそうです。

▼CDの発売は未定、ライブ中心の活動か?
カーリングシトーンズに参加するトータス松本さんによると、メンバーは5年ほど前からLINEで連絡を取り合っていたそうで、寺岡さんの呼びかけでバンド結成が実現したようです。

今回、メンバーの6人は記者会見を行い、2018年9月23日にZepp Tokyoでライブを行うことを発表しています。

楽曲はメンバーがそれぞれ作っており、すでにオリジナル曲が10曲できているようです。

バンド活動は継続的なものになりそうですが、ぜひ、CDなども発売してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

被災地コンビニで窃盗未遂、男性3人が逮捕 [国内・地域]

平成30年7月豪雨で、大きな被害を受けた岡山県内のコンビニエンスストアで、男性3人による窃盗未遂事件が発生しました。

この事件で逮捕された3人のうち、2人は犯行を認めたものの、残りの1人は容疑を否認しているそうです。

▼広範囲に被害が出た豪雨災害
平成30年7月豪雨では、西日本の広い範囲で浸水やがけ崩れなどによる被害が発生しています。

特に岡山県は被害が大きく、現在も各地では多くの人が避難生活を送っているそうです。

そんな中、岡山県内のコンビニにあるATMから、現金を盗み出そうとする集団が逮捕されています。

▼閉店したコンビニに侵入し、ATM狙う
これは、岡山県高梁市にあるコンビニに、倉敷市の20代男性1人と10代の少年2人が侵入したもので、店内にあるATMをこじ開け、現金を盗もうとした疑いがあります。

事件当時、コンビニは豪雨災害によって店が閉められていたため、店内に人はいなかったそうですが、警備会社の通報によって逮捕されました。

今回の豪雨災害では、SNSを通じて「他県から窃盗団が侵入した」などの偽情報が拡散され、問題となっていましたが、実際にこのような行為が確認されたのは残念です。

逮捕された3人には、自身の罪を認めて反省してほしいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

アニメ『ゆるキャン△』のカップ麺が商品化 [アニコミ・特撮・声優]

女子高校生たちによるキャンプ活動を描いたアニメで人気となった『ゆるキャン』で、劇中に登場したカップ麺が商品化されるそうです。

この『ゆるキャン△~カレーめん~』は、7月に開催されるイベントのほか、Amazonでも販売されるということです。

▼人気のキャンプアニメ
『ゆるキャン△』は、あfろさんの漫画を原作とするテレビアニメで、2018年1月から3月まで放送されました。

作品の内容は、女子高校生によるキャンプ活動などを描いた「日常系」となっています。

登場するキャンプ場や用具には、原作者のアウトドア経験が盛り込まれており、様々なアウトドア知識も実際に活用できることから、作品の魅力となっていました。

アニメ化の際にも、スタッフはキャンプ場のロケハンなどを行ったそうで、作品に登場する風景の描写に活用されたということです。

▼劇中に登場したカップ麺の商品化
今回、商品化が決定したのは、アニメにも登場したカレー味のカップ麺で、隠し味に豚骨の粉末スープが使用されているそうです。

また、商品には『ゆるキャン△』のキャラクターを使用したステッカーも封入されるほか、付属の応募券を送ることで、特製のカードゲームが当たるチャンスもあるようです。

この『ゆるキャン△~カレーめん~』は、7月20日に東京都千代田区神保町の書泉グランデで行われるイベント会場や、アニメイト主要店舗、Amazonでも順次販売されるということです。

『ゆるキャン△』のファンの方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

スタバ、プラスチックストロー廃止と発表 [海外・世界]

アメリカのコーヒーチェーン大手『スターバックス』が、使い捨てタイプのプラスチック製ストローを2020年までに廃止することを発表しました。

対象は全世界の店舗となっており、プラスチックによる海洋汚染を防ぐ目的があるそうです。

▼環境破壊につながるプラスチックストロー
飲食店で提供される飲み物の多くに使われているストローは、元々は原材料に利用されていたものが「麦わら」であったことが、名前に由来しています。

現在は、真っすぐなもの以外に、折り曲げられるものや伸縮するものなど、様々な形状のストローが存在し、市販のパック飲料に付属することもあります。

その材料は、プラスチック製のものが多く流通していますが、これが廃棄されることによる海洋汚染が、世界的な問題になっているそうです。

▼台湾では全面禁止の動きも
スターバックスのプラスチック製ストローは、2020年までに全店舗で廃止されることになるということです。

海洋汚染を理由とするストロー廃止は、先月台湾でも規制案が出ており、将来的には使い捨てのプラスチック製品の使用が全面的に禁止となる可能性もあるそうです。

スタバでは、プラスチックストローの代わりに、ストローを使わない容器のふたや紙製のストロー、再利用できる材質のストローへの切り替えを行うということです。

環境に配慮した、このような対策が自然保護に役立つことを期待したいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

アニサキス症対策に正露丸、活用法が話題に [政治・経済]

魚介類を食べることで感染する可能性があるアニサキス症は、2017年に大きな話題となりました。

生食を避ける以外に有効な予防法はないとされていましたが、胃腸薬の『正露丸』にアニサキスの活動を抑える効果があるということが、最近注目を集めているそうです。

▼昨年、話題となったアニサキス
アニサキス症は、魚介類に寄生する虫「アニサキス」によって引き起こされる感染症で、激しい腹痛や吐き気などの症状を伴います。

特に、2017年にはメディアで取り上げられたことから話題になっており、その対処法などが注目されていました。

しかし、「魚介類をよく噛んで食べる」「薬味や酢を使用する」などの方法では予防効果は期待できず、有効な治療薬もないと言われていました。

▼正露丸にアニサキス症の痛み軽減効果も
現在、話題となっているのは、アニサキス症に対して、正露丸がその痛みを緩和する効果があるというもので、水産業界内ではこれを支持する人も少なくないようです。

正露丸には、主成分としてクレオソートという物質が使用されており、2014年には正露丸の製造販売を行っている大幸薬品が、クレオソート活用に関する特許を取得しています。

正露丸といえば、昔から多くの家庭で利用されている薬ですが、このような効果もあるのですね。

アニサキス症については、医師に診断してもらうのが一番ですが、応急処置として知っておいてもいいのではないでしょうか。
nice!(0)  コメント(0)